Monumento

江戸時代の小田原

sanpocafe

2014/09/17

タグ: 豊臣秀吉 関東大震災 藩校 家康 発掘調査 石垣 後北条氏 小田原合戦 小田原城 大手門 小田原藩 鍋島焼 鍋島藩 神奈川県 小田原市

案内板

auto-translate Odawara of the Edo era
After the Kanto region over Hōjō clan is defeated at Odawara battle and Toyotomi Hideyoshi 0/1590 (1590), aims to unify the country, were placed under the control of Tokugawa Ieyasu Odawara Castle has developed into the largest castle fortress in the warring States period. Remodeled as a keystone of the West defend Edo said Edo era fudai daimyo powerful Okubo, and Yoshimi Inaba, the Odawara Castle, turned into a modern Castle using stone walls and 水堀. Was built along the current road north and South East Eastern moat around this.
(Right photo)
Over the earthen bridge across this moat through the gate and Odawara Castle sannomaru, elder statesman of the clan, after House and clan collection Pavilion.
Gate is the biggest in Odawara Castle gate and passage of non-clan of Odawara domain require name confirmation had been. Descend to cross the ninomaru East moat into the East from the main gate, still through the horse gate-out (umadashimonn), and bronze gate (akaganemonn) (pictured above), and in the heart of the ninomaru Lord mansion.
And this directions formal moats had been.

Sector from here to Shinjuku crossing route 1 is approximately 500 m to the East of the sacred dedicated Shogun, was not passing through this way also the Lord said.
Copper gate

Sumiyoshi moat were reclaimed after the great Kanto earthquake, and excavations from the 0/1983, was restored on March 9, 2003 based on old photographs and the results of excavations.
Nabeshima Clan syuseikan ( present sannomaru elementary school near ) from fine porcelain unearthed "Nabeshima" painting.

Nabeshima ware is a luxury gift of the Nabeshima clan, tells the exchange of the Nabeshima clan and Odawara domain.
Sannomaru East trench excavation Under the stone wall of the Inaba era (mid 17 century) ( Ashlar ) discovered early Okubo era (early 1600s) Ishigaki ( cobblestone ). Trench width is approximately 20 m, depth is 5 m or more.

auto-translate 江户时代的小田原

后关东地区宝城江氏族是败在小田原战役和丰臣秀吉 0/1590年 (1590 年),旨在统一国家,被置于之下德川德川家康小田原城堡的控制已成为最大的城堡要塞,在战国时期。
改建为西部重点保卫江户说江户时代飘带大名强大大久保和吉见义明因幡,小田原城堡,变成一座用石头墙和水堀的现代城堡。建成沿当前的道路上北和东南东护城河围绕着这个。(右图)
大桥横跨这护城河通过门和小田原城 sannomaru,元老的氏族,房子和家族收藏馆后土。
门是最大的小田原城堡的门口和通道非家族小田原域需要名称确认过。
下降至十字史迹东护城河入东部从正门,仍然通过马门外 (umadashimonn) 和 (akaganemonn) 的青铜闸阀 (如上图),和心中史迹主大厦。和正规的护城河已经这个方向。
从这里到新宿过境路线 1 部门向东约 500 米处是神圣的专用幕府将军,通过这种方式,耶和华说,还不及格。

铜门
后于 2003 年 3 月 9 日的老照片和发掘成果的基础恢复了伟大的关东大地震和挖掘从 0 1983年,住吉护城河被回收再利用。

锅岛
氏族 syuseikan 本 sannomaru 小学附近从精致瓷器出土"彩绘"绘画)。 彩绘洁具是彩绘氏族高档礼品,告诉彩绘氏族和小田原域的交流。

Sannomaru 东基槽开挖
稲叶敦志 (17 世纪中期) 时代方石) 发现早期大久保时代的石头墙下 (17 世纪早期) 石垣岛鹅卵石)。沟槽宽度约 20 米,深 5 米或更多。

江戸時代の小田原

 関東一円を支配した 後北条氏 は、天正18年(1590)、天下統一を目指す 豊臣秀吉 との 小田原合戦 に敗れ、戦国期最大規模の城郭として発展した 小田原城 も徳川 家康 の支配下に置かれました。
 江戸時代に入ると、有力な譜代大名である大久保氏、稲葉氏によって、江戸を守る西のかなめとして小田原城は改造され、石垣と水堀を中心とした近代的な城に姿を変えました。この付近には、現在の道路に沿って南北に三の丸東堀が造られました。(写真右)
 この堀にかかる土橋を渡り 大手門 を抜けると小田原城三の丸で、家老職など藩の重臣の屋敷や 藩校 集成館などがありました。
 大手門は、小田原城でもっとも大きな門の一つで、 小田原藩 の藩士以外の通行には、氏名の確認が必要とされていました。
 大手門から三の丸に入り、現在も残る二の丸東堀を渡り、馬出門(うまだしもん)、さらに銅門(あかがねもん)(写真上)を通ると、二の丸の中心部である藩主屋敷に至ります。この道順が正式な登城路とされていました。
 ここから約500m東にある国道一号線の新宿交差点までの区間は将軍専用の「御成道」とされ、藩主もこの道を通ることを遠慮したと言われています。

銅門
関東大震災 後に埋め立てられた住吉堀を昭和58年度から 発掘調査 し、古写真や発掘成果を基に平成9年度に復原されました。

鍋島
藩校集成館(現三の丸小学校付近)から出土した高級磁器「鍋島」色絵。 鍋島焼 は鍋島藩の高級贈答品で、 鍋島藩 と小田原藩の交流を物語っています。

三の丸東堀の発掘調査
稲葉時代(17世紀中頃)の 石垣 (切石)の下に前期大久保時代(17世紀初頭)の石垣(玉石)が発見されました。堀の幅は約20m、深さは5m以上もありました。

テキスト化

sanpocafe
2014-09-20 16:00 (753)
sanpocafe

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/08/23)
タグ: 小田原城 小田原市教育委員会 1632 春日局 小田原保勝会 稲葉正勝 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2015/08/23)
タグ: 神奈川県 小田原市
kawa_sanpo (2015/08/23)
タグ: 徳川家光 小田原城 小田原市教育委員会 能舞台 唐門 1703 神奈川県 小田原市
osawagase (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 小田原市