Monumento

桜田屋敷跡

hamanobakeneko

2014/09/20

タグ: 大村市教育委員会 長崎県 大村市

案内板

auto-translate Taya mansion ruins
Reclaimed from abolition of kushima Castle 0/1599 ( 1599 ) long ago, this one was named black stone Beach, but, as the House was inhabited Omura clan. 0/1670 ( 1670) fourth generation feudal Lord Kimura net length is here built a clan of righteous House, made a vassal of education. This clan founded, Kimura clan shows that focusing on education in Japan in the seventh, Kyushu's oldest. Renamed Jing Shou garden to 0/1694 ( 1694), also made the jig vibration hotels teach tenets Kan 0/1790 ( 1790 ) ninth generation feudal Lord NET Township when the clan school and the academic teaching and martial arts.
0/1831 ( 一八三一 ) during teenage Lord NET, has moved on this street (near the current Kimura kindergarten).
The map of 1673-1681 in this area planted cherry trees hundreds of stocks, such as, built rockery and pond 0/1702 ( 1702 ), named Karin hotels, feast cruise destination. And left over around the pond and tsukishima garden half disappeared near the Highway widening through the form, has an original gardens of the Edo period.
Behind the rockery is analogous to countries designated scenic MAL Temple gardens, was built in method stood as aoshi.
3/2003 Omura City Board of education

auto-translate Taya 大厦废墟
来自很久以前串岛城堡 0/1599年 1599年) 废除填海工程,这一名叫黑石头海滩,但是,这座房子居住的村宗族。
0/1670年 1670年) 第四代封建主木村净长度这里建起了氏族义人的房子,使教育的附庸。成立这个宗族,木村氏族显示,侧重于在日本在第七位,九州最古老的教育。重命名的景寿花园至 0/1694年 1694年),也作教教义菅直人 0/1790年 1790年) 第九代封建主网乡镇的跳汰机振动酒店当家族学校的学术教学和武术。0/1831年一八三一) 在十几岁的主网,已经在这条街上 (当前的木村幼儿园) 附近。
1673 1681 在这一领域的地图种植樱桃树数以百计的股票,如,建假山、 池塘 0/1702年 1702年),名叫卡琳酒店宴邮轮目的地。
花园附近公路扩阔工程通过窗体上,一半失踪,左右的池塘和岛江户时代原始花园。假山背后是类似于国家指定景区玛寺观园林,始建于并肩作战象傲世的方法。
3/2003
大村市教委

桜田屋敷跡
 昔、この一体は黒石原という浜辺でしたが、慶長四年(一五九九)玖島城を築く時に埋めたて、屋敷地として大村氏一族が居住していました。
 寛文十年(一六七〇)四代藩主木村純長はここに藩校集義館を建て、家臣の教育を行いました。この藩校設立は全国で七番目、九州では最も古いもので、木村藩は教育を重視したことが分かります。元禄七年(一六九四)には、静寿園と名を改め、また、寛政二年(一七九〇)九代藩主純鎮のときに藩校を拡充し、学問を教える五教館と武道を教える治振軒をつくりました。天保二年(一八三一)十代藩主純昌の時に本小路(現在の木村幼稚園付近)に移設しました。
 また、延宝年間(一六七三~一六八一)この地に桜数百株などを植え、元禄十五年(一七〇二)には築山や池を造り、花林軒と名付け宴遊の地としました。
 庭園は国道拡幅により、半分近くが消滅していますが、池の周りや築島を巡る形が残っており、江戸時代の大名庭園の様子を残しています。背後の築山は国指定名勝円融寺庭園に類似しており、主として青石を立てた手法で造られています。
平成十五年三月
大村市教育委員会

テキスト化

2014-12-01 15:24 (477)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 法螺貝 大村市商工観光課 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 発掘調査 石垣 船蔵 玖島城 大村純長 船 大村藩 大村市教育委員会 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 大村市教育委員会 渡辺清 針尾九左衛門 松林飯山 長岡治三郎 楠本正隆 大村純熈 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/21)
タグ: 坂 赤松 長崎県 諫早市
hamanobakeneko (2014/09/21)
タグ: 長崎街道 諫早 佐賀代官所 俵銭方 長崎県 諫早市