Monumento

県指定史跡 大村藩お船蔵跡

hamanobakeneko

2014/09/20

タグ: 発掘調査 石垣 船蔵 玖島城 大村純長 船 大村藩 大村市教育委員会 長崎県 大村市

案内板

auto-translate County designated historic site Omura clan, 船蔵 mark This 船蔵 is attached to the kushima Castle, is the fourth generation feudal Lord Omura pure length built in the Genroku (1688-1703 around).
Han ships were stored, including barges here was used of the Lord. Was a particularly important vehicle for Omura clan of Edo period, an important transport was a ship that surrounds the sea territory. When you go around the territory, including the Nagasaki Lord, the ship was used to many. Be used for troop transport and goods transport, including advantage.
Thus, 船蔵 was the place to store important clan ships for the clan, supported the clan in transportation industry faces not only poised for military facilities. This 船蔵 is under and out record oepo Alley entrance that are shifted in the Genroku planked Miura (current location).
Also 船蔵 trail is found in excavations for paved 櫓下. Rice store and smoke huts there are 船蔵 behind (near the current education center), across the sea was in front of the ship Hall. Erected on a stone wall to avoid the wind at the time, was covered with a roof and stone walls remain pillar holes. And leave the remnants of the old dock (dock) and old stone as a part of the old Castle, examples such as 船蔵 remains are few, demonstrate the features of kushima Castle as the sea Castle.

As extremely valuable cultural heritage convey personality of Omura clan was closely related and the sea has become a prefecture historic site.
3/1998 Omura City Board of education

auto-translate 县指定古迹村宗族,船蔵标记

这船蔵附加到鸠城堡,是第四代封建主村纯长度建于元 (1688年-1703 周围)。韩船只被存储,包括驳船在这里使用了耶和华。
是尤为重要的车辆大村宗族的江户时代,重要的交通是周围海域的一艘船。当你绕过领土,包括长崎主,该船舶用于对很多人。用于部队运输和货物运输,包括优势。因此,船蔵是有效的存储重要家族船舶为了氏族,支持在不只准备军事设施的交通业面临的氏族。
这船蔵正在和出记录 oepo 在源六转移的巷子口爽快地三浦 (当前的位置)。也船蔵踪迹被发现在铺櫓下挖掘工程。
米店和烟小屋有是背后 (在当前教育中心) 附近的船蔵跨海是在船大厅前面。竖立在石墙上,避免在时间,风上铺满了屋顶和石头墙留柱洞。作为这座古城堡的一部分离开老码头 (船坞) 和老石的残余,例子如船蔵仍然很少,表明鸠城堡的特征作为海上城堡。作为极其宝贵的文化遗产传达个性大村宗族密切相关和海已成为自治州历史遗址。

3/1998
大村市教委

県指定史跡 大村藩お船蔵跡

 この 船蔵 は、 玖島城 に付属した施設で、四代藩主 大村純長 が元禄年間(1688~1703年頃)に築造したものです。ここには、殿様の使用した御座船をはじめ、藩の船が格納されていました。
 江戸時代、 は重要な交通手段でしたが、領地が海を取り囲む形の 大村藩 にとっては特に重要な乗り物でした。藩主が長崎をはじめ、領内各地に赴く時には、船が多く使われました。このほか、兵員輸送や各種物資の運搬にも使われるなど、大いに活用されました。したがって、船蔵は、藩にとって重要な藩船を格納する場所であり、軍事面の構えのみでなく交通産業面でも藩を支えた施設でした。
 この船蔵は、もとは外浦小路の入り口にあったことが記録に出ており、元禄年間に板敷浦(現在の場所)に移ったとされています。また、板敷櫓下の 発掘調査 で船蔵跡が発見されています。
 このお船蔵の後ろ(現在の教育センター付近)には、米蔵や硝煙小屋があり、海を挟んで正面には船役所がありました。当時は風を避けるため、 石垣 の上に柱を建て、屋根で覆っていたと思われ、柱穴の跡が石垣に残っています。旧城郭の一部として、古い石組と船渠(ドック)など昔の面影をそのまま残しており、このような船蔵遺構の例は数少なく、海城としての玖島城の特徴をよく表わしています。海と密接な関係のあった大村藩の性格を伝える極めて貴重な文化財として県指定史跡となっています。

 平成十年三月
 大村市教育委員会

テキスト化

sanpocafe
2014-09-20 16:25 (635)
sanpocafe

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 法螺貝 大村市商工観光課 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 大村市教育委員会 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 大村市教育委員会 渡辺清 針尾九左衛門 松林飯山 長岡治三郎 楠本正隆 大村純熈 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/21)
タグ: 坂 赤松 長崎県 諫早市
hamanobakeneko (2014/09/21)
タグ: 長崎街道 諫早 佐賀代官所 俵銭方 長崎県 諫早市
hamanobakeneko (2014/09/21)
タグ: 長崎県 長崎市