Monumento

大村藩三十七士の碑

hamanobakeneko

2014/09/20

タグ: 大村市教育委員会 渡辺清 針尾九左衛門 松林飯山 長岡治三郎 楠本正隆 大村純熈 長崎県 大村市

案内板

auto-translate Monument of the village clan 37 certified Omura clan in Edo period in Japan was confused either Loyalist or determined and the Kiyoshi Watanabe, Noboru brothers, hario 9 hidarimamol gate, pine iiyama, Nagaoka jisaburo and tadatacashi kusumoto et al were loyalist movement as the Center. They signed a clan, "one in the camp and continue meeting secretly, fellowship and patriot of the various clans, to time Lord Ōmura Sumihiro, many saying remarkable was its success, such as.
Is a group called 37 who after this with each other, led the Omura clan in the late Edo period.
Determined many executed in the wake was the assassination pine 0/1867 (1867) one of the central figures in iiyama, 藩論 loyalist, it went to toubaku. 0/1869, by new Government Honours given to the Omura clan record is second only to the Satsuma and choshu, Tosa 30000 stones, and suggest that Omura clan in the toubaku he was highly acclaimed.
It seems this was due to the activity of the 37 who had led the clan became the driving force behind along with the courageous decision of the Lord. These monuments are achievements of 37 workers praised local shrine for people who fell during the toubaku, the monument of the 37 who built side by side in order for.
Pine trees fell in the late Edo period, construction will begin in the 0/1903 iiyama led the way, 0/1917 37 based on the current.
3/1996 Omura City Board of education

auto-translate 村落宗族 37 认证的纪念碑
大村宗族在江户时期日本是混淆或者忠诚或确定和小岛清的渡边登诚一郎兄弟,hario 9 hidarimamol 门,松饭山市长冈次三郎和 tadatacashi 楠元 et al 是保皇派运动为中心。他们签署了一个氏族,"一个在营地继续秘密,开会研究金和爱国者的各部落,以主大村久山纯,许多人表示显著的时间是它的成功,如。一组叫做 37 人后与对方,这在江户末期带领村宗族。
确定执行在之后的很多人就是暗杀松树 0/1867年人物还在饭山市,中央之一 (1867 年) 藩論保皇派它去 toubaku。
0/1869 年,由新政府荣誉授予大村宗族记录是第二,仅次于温州蜜柑和下关、 土佐犬 30000 的石头,并建议村氏族在 toubaku 他受到广泛好评。这似乎是一个由于 37 的活动他领导氏族成为主于勇敢决定背后的驱动力。
这些纪念碑的 37 工人的成就赞扬当地神社人堕期间 toubaku,37 为了肩并肩的建造者的纪念碑。松树落在江户末期,建设将开始 0/1903 年饭山领着路,根据当前的 0/1917年 37。
3/1996
大村市教委

大村藩三十七士の碑
 日本中が勤王か佐幕かと混迷していた幕末のころ、大村藩では、渡辺清・昇兄弟、針尾九左衛門松林飯山長岡治三郎楠本正隆 らを中心として、勤王の動きがありました。彼らは、同志で血盟を結び、密かに会合を続け、諸藩の志士と交わり、時の藩主大村純熈 へ幾多の健言を行うなどその活躍はめざましいものでした。この同士が後に三十七士と呼ばれ、幕末の大村藩を率いた集団です。
 慶応三年(一八六七)中心人物の一人であった松林飯山が、暗殺された事件を契機に佐幕派の多くが処刑され、藩論が勤王に統一され、倒幕に向かいました。
 明治二年、新政府の論功行賞により大村藩に与えられた賞典は、薩摩、長州、土佐に次ぐ三万石であり、倒幕における大村藩の活躍が高く評価されたことがうかがえます。このことは、藩主の英断とともに、その原動力となり藩を率いていった三十七士の活躍によるものが大きかったと思われます。
 これらの碑は、三十七士の功績を讃えるため、倒幕の際に倒れた人々の祭ってある当地に、三十七人の碑を死没の順に並べて建てられました。明治三十六年に建設が始まり、幕末に倒れた松林飯山を筆頭に、大正六年に三十七基がそろい、現在に至っています。
平成八年三月
大村市教育委員会

テキスト化

ogaworks
2014-11-18 09:32 (535)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 大村市教育委員会 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 長崎県 大村市
hamanobakeneko (2014/09/20)
タグ: 法螺貝 大村市商工観光課 長崎県 大村市