Monumento

中里貝塚①

kawa_sanpo

2014/09/20

タグ: auto-translate 縄文時代 貝塚 中里貝塚 東京都 北区

案内板

auto-translate -RI shell Midden (1) Nakazato shell Midden is a shell mound was 0/1886 (1886), reported at the meeting.
After 110 years, conducted excavations in authentic 0/1996 (1996). Shell Midden was seen dumping of household garbage in the village on the plateau made so far. However, the Nakazato shell mound is located in the lowlands, surveys by Japan up 4. is discovered a huge shell bed boasts a 5 m (photo).
Kakere of pottery from the shell layer is, or, fish and animal bones is not the smell of life, had been thrown away but not found, and the uniform of a clam and oyster shell mound. This shell mound is a shell mound from the mid-Jomon period medium-late early (approximately 4,500-4,000 years ago) made on the coast (figure on the right). Is processing shellfish have been collected in the sea on the beach taking only himself, had abandoned shells towards the sea. Treated with clams on the beach facilities are found in road behind Plaza, was spread in front of a huge mounds.
Stone had managed beaches had continue taking the 2 kinds of shell mass, so that people gather here and selected shell so not depleted and home consumption as well as processing the dried shells, raw material for stone and had exchanged is like.
Is the Nakazato shell Midden was the place for seafood processing built on the coast.

3/1999, Tokyo, Kita-ku, Education Committee. In the early Jomon period (approximately 6000 years ago) than the current sea surface and contained seawater until the back of the Kanto plain as shown in figure. From the mid-Jomon period mid-term Nakazato shell Midden was formed in the late early (approximately 4,500-4,000 years ago) is about sea retreated ( shoreline the estimated red-light area coast was just.

auto-translate -国际扶轮壳负责垃圾的蚂蚁 (1)
懒得壳负责垃圾的蚂蚁是一个壳土墩 0/1886年 (1886 年),在会议上报告。110 年后进行挖掘地道 0/1996 年 (1996 年)。
壳牌负责垃圾的蚂蚁被倾倒的垃圾上高原迄今取得的村落里。然而,懒得壳丘位于低地,调查由日本 4 起。发现巨大的贝壳床拥有 5 米 (照片)。Kakere 从外壳层的陶器,或者,鱼和动物骨头不是生命的味道,已扔掉了,但找不到,并制服的蛤和牡蛎壳丘。
这个壳土墩是从绳纹时代中期期间中、 晚期早 (大约 4,500-4000 年以前) 致电海岸 (右图) 的壳丘。正在处理贝类已收集在海面上海滩以只有自己,放弃了奔向大海的贝壳。对待蛤设施分布在后面广场,路被传播在巨大的土堆前的海滩上。石头有托管的海滩了继续采取壳质量、 2 种以便人们聚集在这里和选择所以不被耗尽的 shell 和家庭消费以及加工干的壳,石材原料和交换了就像。
是懒得外壳负责垃圾的蚂蚁是建在海边,海鲜加工的地方。
3 一九九九年东京北町教育委员会。

在早期的绳纹时代期间 (大约 6000 年前) 比当前的海面,直到后面的关东平原载海水,如图所示。从绳纹时代中期期中期懒得壳负责垃圾的蚂蚁后期形成的早期 (大约 4,500-4000 年以前) 是关于海上撤退只是估计的红灯区海岸海岸线。

中里貝塚①
 中里貝塚 は、明治19(1886)年に学会で報告されて注目された貝塚 です。110年の時を経て、平成8(1996)年度に本格的な発掘調査がおこなわれました。
 これまで貝塚は、台地上の村につくられる生活ゴミの捨て場とみられていました。しかし、中里貝塚は低地に位置し、調査によって、国内最大4.5mを誇る巨大な貝層が発見されたのです(写真)。貝層からは土器のかけれや、魚や獣の骨などは見つからず、形のそろったハマグリとカキだけが捨てられていた、生活のにおいのしない貝塚なのです。
 この貝塚は縄文時代 中期中葉から後期初頭(約4500~4000年前)に海岸につくられた貝塚です(右上図)。海で採取してきた貝を浜辺で処理して身だけを取り出し、貝殻を海に向かって捨てていたのです。浜辺で貝を処理した施設は道路をはさんだうしろの広場で発見され、巨大な貝塚は目の前に広がっていました。このように、大量に2種類の貝を撮り続けていたということは、ここに集まる縄文時代の人々は、貝を選定し、枯渇しないように浜を管理していたとみられ、自家消費するだけでなく、干し貝に加工して、石器の原料である石材と交換していたようです。
 中里貝塚は、海岸につくられた「水産加工の場」だったのです。
 平成11年3月 東京都北区教育委員会

 縄文時代前期(約6000年前)には現在よりも海水面が高く、図のように関東平野の奥まで海水が入っていました。中里貝塚が形成された縄文時代中期中葉から後期初頭(約4500~4000年前)にはある程度海は退き(赤線が推定される海岸線)、ちょうどこの辺りは海岸でした。

テキスト化

kawa_sanpo
2015-01-22 00:09 (6)
kawa_sanpo
kawa_sanpo
2015-01-22 00:08 (682)
kawa_sanpo

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/09/20)
タグ: 貝塚 中里貝塚 東京都 北区
kawa_sanpo (2014/09/20)
タグ: 縄文時代 貝塚 中里貝塚 国史跡 東京都 北区
gotosheng (2017/02/26)
タグ: 坂 東京都 北区
gotosheng (2017/02/17)
タグ: 坂 東京都 北区