Monumento

妙見さん

iepesu

2016/07/28

タグ: auto-translate 湧水 タブノキ 熊本県 上益城郡山都町

案内板

auto-translate See her Here is one small area shrine's predecessor, Yanagimoto God East of Mitarai (Mitarai) and known.
椨 (tab) of the water springs from the root of the tree is traditionally used as YABE sake brewing water. 椨 (tab) of trees from tree dwells in the spirit and had been called "soul trees", it's not "until eaves" → "tab shiinoki cultural complex" to have made changes with. Incense is made from the bark of the tree of 椨 powder. Also, branches of the two trees or branches once separated single trees of adhesion-bonded with trees now and forever (rennri • rennri Motegi) and says.

Through Science (wood), a series of other branches one branch as a symbol of "matchmaking", "marital harmony" has become the subject of faith and auspiciousness.
***
Persea thunbergii Spring water

auto-translate 见到她

这里是一个小面积神社的前任、 耄耋神东御 (miたrai) 和已知。 椨 (选项卡) 的泉水从树的根的传统上用作 YABE 清酒的酿造水。
椨 (选项卡) 的树从树寓于精神,被称为"灵魂树",它不是"直到屋檐"→"选项卡上 shiinoki 文化情结"做出变化。 香是由椨粉树的树皮。 而且,分公司的两棵树或树枝一次分离粘连保税单树与树现在和永远 (rennri • rennri 本),并说。 通过科学 (木头),一系列的其他分支机构的一个分支的"牵线搭桥",象征"琴瑟和谐"已成为主体的信念和吉祥的象征。

***
鳄梨黑松
山泉水

妙見さん

 ここは、小一領神社の前身、柳本大明神の「東の御手洗(みたらい)」と称されている。椨(たぶ)の木の根本から湧く水は、昔から矢部銘酒の仕込み水として使用されてきた。
 椨(たぶ)の木は、霊が宿る木とされていたことから、「霊(たま)の木」と呼ばれ、それがしだいに「たまのき」→「たぶのき」に変化して行ったと言う説がある。椨の木の樹皮の粉からは、線香が作られる。また、2本の樹木の枝、あるいは1本の樹木の一旦分かれた枝が癒着結合したものを連理木(れんりぼく・れんりぎ)と言う。一つの枝が他の枝と連なって理(木目)が通じた様が吉兆とされ、「縁結び」「夫婦和合」などの象徴として信仰の対象ともなっている。

***
タブノキ
湧水

テキスト化

hanacoco
2016-09-22 11:54 (11)
hanacoco
iepesu
2016-07-28 17:53 (300)
iepesu

コメント・周辺画像

iepesu iepesu 4ヶ月

妙見さん

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

iepesu (2016/07/29)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/07/30)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/08/03)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/08/10)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/08/03)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/08/03)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/07/29)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/08/05)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町
iepesu (2016/07/29)
タグ: 熊本県 上益城郡山都町