Monumento

東京水道発祥の地

monumento

2013-10-01

タグ: 玉川上水 淀橋 淀橋浄水場 auto-translate 発祥の地 水道 近代水道 浄水場 東村山浄水場 東京都 新宿区

案内板

auto-translate Tokyo waterworks birthplace
Great effort has been is brushed off to ensure the water behind the development of this metropolis, Tokyo Metropolitan life since ancient times.
Already 300 years ago as Edo Hamura, approximately 50 km away from the Edo period to cover shortages in Edo (1654), swelling, opens and Tamagawa-josui Tamagawa water drawn city.
Modern urban development changed during the Meiji period, the capital was moved to Tokyo, and an essential waterworks construction was urgently needed.
And 0/1895 (1890), former Tokyo Prefecture Minami-Toshima County Yodobashi-Cho asked 840000 square meters, was led by the Tamagawa-josui Tamagawa water 沈denn here, was to be built as 2 million people can supply water purification filtration and then, at that time, the Yodobashi purification plant-wide breakthrough.
Finished part 0/1898, Kanda, Japan district water supply has started and here modern Tokyo's water was born.
Continued thereafter, together with the history of Meiji, Taisho, Showa and Tokyo Yodobashi purification plant passes baton to the Higashi-Murayama purification plant 0/1965 (1965), close the 60-year-old water supply since the site became reborn in the high-rise building should be called the symbol of the new Tokyo City.
On display here are in good Butterfly-type valve diameter 1000 mm, was once used in the Yodobashi purification plant. And that Tokyo is trying to develop more and more now, to the streets of this skyscraper symbolize.
And looking to the Tonegawa upstream water requires big cities, far 200 kilometers away.
That was filled with water for butterfly-type valves are on display here and then once here of citizens to cover the water with purification plant, thought not, be aware that you caused, along with water in a large city is how important is also something that is very difficult to be very much appreciated. 1974. 4 former Tokyo Metropolitan waterworks Bureau from Yodobashi water purification station Director Kobayashi shigekazu

auto-translate 东京自来水厂出生地
巨大的努力一直置之不理,确保开发背后的这个大都市,东京都市人生自古水。
已经 300 年前作为江户 Hamura,江户时代,覆盖大约 50 公里短缺在江户 (1654),肿胀,打开并玉川如水玉川水得出的城市。
现代城市的发展改变了明治期间,首都迁到东京,和重要水利工程建设迫切需要。
0/1895 年 (1890 年) 前, 东京自治州南丰岛县淀桥町问 840000 平方米,由玉川如水玉川水沈denn 在这里,要建造 200 万人可以供应水净化过滤,然后,在那个时候,淀桥纯植物全突破。
完成部分 0/1898 年,神田,日本区供水已开始和现代东京水出生在这里。
之后继续,与历史的明治、 大正、 昭和、 东京淀桥净化植物传递接力棒到东村山净化厂 0/1965年 (1965 年),关闭 60 岁供水自从该网站成为重生在高层建筑中应该被称为新东京市的象征。
这里展出是好蝴蝶型阀直径 1000年毫米,曾经被用在淀桥净化厂。
与东京试图开发越来越多现在,大街上的这座摩天大楼的象征。 并期待利根川上游水要求大城市,远 200 公里远。
蝴蝶型阀门也在这里展出,然后一旦这里的公民,包括水净化厂,思想,不知道你造成,随水在一个大城市是多么重要,也是很难会非常感激的东西,那被充满水。
1974 年。 4 前东京大都市水务设施局从淀桥水净化站主任小林薰一

東京水道発祥の地
 首都東京、この大都市の発展のかげには、古くからその生活を支える水の確保に大変な努力がはらわれてきた。
 すでに300年も前の江戸時代初期(1654年)、ふくれあがる江戸の水不足をまかなうため、玉川上水 が開かれ、江戸からおおよそ50キロメートルも離れた羽村から多摩川の水が市中に引かれた。
 時は変って明治となり、首都が東京に移されるや、発展する都市に不可欠な近代水道 の建設が急務となった。
 そして、明治28年(1890年)、ここ旧東京府南豊島郡淀橋町に84万平方メートルの敷地を求め、玉川上水によって導かれた多摩川の水をここで沈でん・ろ過のうえ、200万人の市民に浄水を供給できるという、当時としては、画期的な規模の淀橋浄水場が建設されることとなった。
 明治31年その一部が完成し、神田、日本橋地区へ給水が開始され、ここに東京の近代水道が誕生した。
 以後、明治、大正、昭和と東京の歴史とともに歩み続けた淀橋浄水場 は、昭和40年(1965年)東村山浄水場 にバトンを渡し、給水開始以来60数年の歴史を閉じ、その跡地は、新しい東京の象徴ともいうべき超高層ビルの街に生まれ変ることとなった。
 ここに展示されているものは、内径1,000ミリメートル蝶型弁といい、かつて淀橋浄水場 で使用されていたものである。
 東京は、今、この超高層ビルの街が象徴するように、ますます発展しようとしている。そして、この大都市が必要とする水も、遠くはるか200キロメートルも離れた利根川上流にまで求めている。
 ここに展示された蝶型弁から、かつてここに都民の水をまかなうため、満々と水をたたえた浄水場のあったことを、想いおこしていただき、あわせて大都市における水がいかに大切なものであり、またその確保が大変困難なものであることをご認識いただければ、はなはだ幸いです。
1974.4 元東京都水道局長 元淀橋浄水場長 小林重一

テキスト化

hanacoco
2016-01-31 13:47 (3)
hanacoco
hanacoco
2016-01-31 13:34 (4)
hanacoco
monumento
2014-04-14 11:30 (2)
monumento
monumento
2014-04-14 11:24 (805)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/01/31)
タグ: 流政之 東京都 新宿区
hanacoco (2016/01/31)
タグ: 弁財天 出雲大社 東京都 新宿区
monumento (2014/02/18)
タグ: 東京都 新宿区
hanacoco (2015/11/22)
タグ: 東京都 新宿区