Monumento

治水史Ⅰ-江戸時代中期 宝暦治水

kawa_sanpo

2016/08/06

タグ: 伊沢弥惣兵衛 平田靭負 井沢弥惣兵衛 三重県 桑名市

案内板

auto-translate History of the water I.-Edo period Middle tacaracoyomi flood control Kiso is Kiso, Nagara and IBI rivers by low River surrounds the ring during the course of a river is like meshes of a net, was flooding of the Kiso River, Nagara and IBI rivers, and the flood from time to time. With the completion of the 御囲 embankment of the Kiso River Bank of the Tokugawa shogunate (1609), increasingly more damage by a flood of MINO (present-day Gifu Prefecture). After the Tokugawa shogunate ordered the Kiso 0/1753 (1753), set up by counties in MINO izawa, so jubei tamenaga shunting plan based on flood control works in the Satsuma domain (present-day Kagoshima Prefecture). 2/1754 (1754), Satsuma clan Chief retainer Hirata Yukie begun work as a total magistrate, construction yushima deadline, large Pu River wash Weir, River, wash Weir deadline (tacaracoyomi flood control) completed in 1 year 3 months. However, Yukie Hirata, including 80 deaths, his began.
Construction cost approximately 400000-car (all proceeds of Satsuma clan at the time 2 years) of the burden of the shogunate, Satsuma was incurring many debts only 10000 cars.
It was prelude to a modern flood control construction could not complete shunting of Mikawa in the tacaracoyomi flood control.
Kiso River downstream river Office, land conservation
--- Yasobei izawa

auto-translate 历史上的水一、 江户时期中间 tacaracoyomi 洪水控制

木曾不时是木、 良和 IBI 河流由低环过程中一条河就像一张网,网格泛滥的木河的河环绕,长良和 IBI 河流和洪水。 御囲路堤的木河岸边的德川幕府 (1609) 完成后,越来越多被损坏美浓 (现今岐阜县) 洪水。 之后德川幕府下令木 0/1753年 (1753 年),建立了各县在美浓发端,所以在温州蜜柑域 (今鹿儿岛县) 车陂为长调车计划基于防洪工作。 2/1754年 (1754),萨摩藩的领地首席家臣平田由纪惠开始工作作为总裁判、 建设汤岛期限、 大浦河洗堰,河,洗堰截止日期 (tacaracoyomi 防洪) 1 年 3 个月内完成。 然而,由纪惠平田,包括 80 人死亡,他开始。 工程造价约 400000 车 (所有收益的萨摩藩在 2 年的时间) 的幕府,温州蜜柑的负担招致许多债务只有 10000 汽车。
它是现代防洪建设的序幕,无法完成 tacaracoyomi 防洪的三河调车。
木河下游河办事处,土地保护
---
Yasobei 发端

治水史Ⅰ-江戸時代中期 宝暦治水

 木曽三川は、木曽・長良・揖斐川の順で川床が低くなっており、その川筋は輪中を取り囲んで網の目のようになって流れていたため、木曽川の洪水は、長良川、揖斐川を逆流し、氾濫を繰り返していました。徳川幕府による木曽川左岸の御囲堤の完成(1609)により、美濃(現在の岐阜県)の水害がますます多くなりました。その後徳川幕府は宝暦3年(1753)、美濃郡代 伊沢弥惣兵衛 為永が立てた木曽三川の分流計画をもとにした治水工事を薩摩藩(現在の鹿児島県)に命じました。宝暦4年2月(1754)、薩摩藩家老の平田靭負 を総奉行として工事が始められ、油島締切、大溥河洗堰、逆川洗堰締切などの大工事(宝暦治水)を1年3ヵ月で完成しました。しかし、平田靭負をはじめ80余名の病死、割腹者をだしました。工事にかかった費用約40万両(当時の薩摩藩全収入の2年分以上)のうち、幕府の負担はわずか1万両で、薩摩藩は多くの借財を抱えることになりました。
 宝暦治水では、三川の完全分流はできませんでしたが、近代治水工事の先がけとなったものといえるでしょう。
国土交通省 木曽川下流河川事務所
---
井沢弥惣兵衛

テキスト化

tenma
2016-08-21 09:45 (503)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 東海道五十三次 櫓 桑名城 久波奈名所図会 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 本多忠勝 関ヶ原の合戦 本多忠高 慶長の町割 徳川四天王 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市