Monumento

水門統合管理所

kawa_sanpo

2016/08/06

タグ: 東海道五十三次 櫓 桑名城 久波奈名所図会 三重県 桑名市

案内板

auto-translate Gate Integrated Management Institute

Overview of sluice integrated management
Management Center is the place of recreation and relaxation for citizens and tourists alike as a castle and historic and recreational facilities such as parks,. Three eco-friendly landscape without the structures protruding from the top of the levee floodgates ibigawa renovation renovation, environment planning and so does not impede the view from the land and river-side sluice, Sumiyoshi gate Kawaguchi floodgates, three-round water gate was planned.
Watergates action during high tide warning in these three gates, and considering the safety, efficiency, promptness, concentration operation can be so established integration Management Office. Aim appearance restored this watchtower in designing buildings for administrative office is located in 蟠 Dragon Tower is in one of the corner turret of kuwana Castle once stood. Was estimated recovery be possible near the marvellously, referring to unprecedented time of appearance of the tower was only for reconstruction, such as original stone walls have been lost in the ISE Bay Typhoon history article, but drawn on the maps, etc..

4 x 6 between and reportedly ranged from relatively large 2-tier Tower in the Castle burned down in 0/1701 (1701), symbolizes the kuwana city kuwana Castle and at the mouth of the turret.

蟠 Dragon Tower (hurray Dragon Tower) on the Had 51 tower at kuwana Castle, was rebuilt after the former fire and recorded. 蟠 Dragon tower was built facing the site of located in Kawaguchi, shichirigahama was the kuwana Tokaido people whenever the symbol.
Kuwana, even the most famous Ukiyo-e by Utagawa Hiroshige's Tokaido road was touted as sea Castle to represent symbolically depicts the Yagura. Lunchbox that is currently known is not unclear how 蟠 the Dragon tower built in the oldest (1644-48) the appearance is already drawn to create drawings. 蟠 Dragon's name appears first in the literature is the 0/1803 (1802), published by h. Hana meisho passed near shichirigahama, depicting scenes.
In this picture, the monolayer structures on the [蟠 Dragon tiles"and written, and turret shape reminds that at any rate, the existence of this people was widely known. Refers to the State ago you go up to heaven and the 蟠 Dragon, Crouching Dragon. Dragon Saint beast responsible for water in China as decorative motifs such as Temple and mausoleum widely as is.
蟠 Dragon Tower, placed here as a patron of the voyage will be considered. Book of 0/1806 (1806) published "books specialty Shigure clam" "Crouching dragon tile is at your gate Inui turret on a tile masterpiece, Dragon shadow water in. Therefore, sea fish rise without that edge. "And, has cited this tile in one of the specialties of kuwana.

auto-translate 门综合管理研究所

闸门综合管理概述

管理中心是娱乐和像是城堡和历史和娱乐设施,例如公园,为市民及游客放松的地方。
三个生态友好型景观没有从顶部的堤防水闸揖斐川装修、 环境规划等突出的结构不会妨碍到视图从土地和江边水闸,住吉门川口闸门,三回合水闸门被计划。 Watergates 行动涨潮警告在这三个门,并考虑安全、 效率、 敏捷,浓度操作可以这样建立一体化管理办公室。
目标外观恢复这个瞭望塔在设计建筑物的行政办公室位于在蟠龙塔位于蚧城堡一次站在角塔之一。 估计的恢复是尽量在靠近奇妙地,指的前所未有的时期,这座塔的外观只是为了重建,如原来的石墙已迷失在伊势湾台风历史文章,但画上的地图等...... 4 x 6 之间,据报从相对较大的 2 层塔在城堡烧毁 0/1701年 (1701 年),象征着蚧城市蚧城堡和口的炮塔。

蟠龙塔 (华友世纪龙塔) 上

51 塔在蚧城堡、 前火灾后重建并记录。 蟠龙塔始建面临的位于川口网站,shichirigahama 是东海道蚧每当人们的象征。 蚧,甚至最著名浮世歌川广茂东海道公路被吹捧为海上城堡象征性地代表描绘了橹。
目前已知不清楚如何龙蟠塔建于古老 (1644年-48) 外观的饭盒已经绘制创建绘图。 龙蟠的名称将显示在第一次文学是 0/1803年 (1802 年),发表 h.Hana 名所通过附近的 shichirigahama,描绘的场景。 在这张照片,单层结构上 [蟠龙瓷砖"和书面,炮塔形状提醒,无论如何,这个人的存在是广为人知。
是指的状态前你打电话去跟天堂和蟠龙,蹲伏龙。 龙圣野兽负责中国作为装饰图案,如庙宇和陵墓广泛如是水。 蟠龙塔,放在这里视为航行的赞助人。
0/1806年书 (1806) 出版书专业时雨蛤蜊"俯下龙瓷砖是瓷砖的大作,龙影子水在你门乾炮塔。 因此,海水鱼不用那边缘升起。 ",引用了这瓷砖蚧的特色菜之一。

水門統合管理所

水門統合管理所の概要

 管理所周辺は、城跡や名所旧跡・レクリエーション施設等が整備された公園として、市民や観光客の憩いの場となっています。
 揖斐川改修に伴う水門の改築にあたっては、周辺環境を考慮し、陸側および川側からの眺めを阻害しないよう、堤防上部から突出した構造物をなくして景観に配慮した三つの水門、住吉水門・川口水門・三之丸水門が計画されました。これら三つの水門は高潮警戒時に操作する防潮水門で、安全性・効率性・迅速性を考慮し集中操作できるよう統合管理所を設置しました。
 管理所は、かつて桑名城の隅櫓の一つである蟠龍櫓が建っていたところに位置するため、建物の設計にあたってこの の外観復元を目指すこととなりました。伊勢湾台風で当初の石垣が失われているなど、復元のための歴史資料は限られましたが、絵図等に描かれた櫓の姿や同時代の類例を参考に、往時の姿になるべく近づけるよう推定復元しました。4間×6間と比較的規模の大きい二層櫓で、元禄14年(1701)に天守が焼失して以降、桑名城と河口のまち桑名を象徴する櫓であったと伝えられています。

蟠龍櫓(ばんりゅうやぐら)について

 桑名城 には、元禄大火後に再建された時点で51の櫓があったと記録されています。このなかでも、川口にある七里の渡に面して建てられていた蟠龍櫓は、東海道を行き交う人々が必ず目にする桑名のシンボルでした。歌川広重の有名な浮世絵「東海道五十三次」でも、海上の名城と謳われた桑名を表すためにこの櫓を象徴的に描いています。
 蟠龍櫓がいつ建てられたかは定かではありませんが、現在知られているうちで最も古いとされる正保年間(1644~48)作成の絵図にも既にその姿が描かれています。蟠龍の名が文献に初めて表れるのは、享和2年(1802)刊の「久波奈名所図会」で七里の渡付近の様子を描いた場面です。この絵では、単層入母屋造の櫓の上に「蟠龍瓦」と書かれており、櫓の形はともかく、この瓦の存在が人々に広く知られていたことを思わせます。
 「蟠龍」とは、天に昇る前のうずくまった状態の龍のことです。龍は水を司る聖獣として中国では寺院や廟などの装飾モチーフとして広く用いられています。蟠龍櫓についても、航海の守護神としてここに据えられたものと考えられます。
 文化3年(1806)刊の「絵本名物時雨蛤」という書物「臥龍の瓦は当御城門乾櫓上にあり、この瓦名作にして龍影水にうつる。ゆえに、海魚往ずといへり。」とあって、桑名の名物の一つにこの瓦を挙げています。

テキスト化

tenma
2016-08-21 09:48 (1061)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 伊沢弥惣兵衛 平田靭負 井沢弥惣兵衛 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 本多忠勝 関ヶ原の合戦 本多忠高 慶長の町割 徳川四天王 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/08/06)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 三重県 桑名市