Monumento

国指定史跡 堀川用水及び朝倉揚水車

hamanobakeneko

2016/08/15

タグ: 朝倉町教育委員会 福岡県 朝倉市

案内板

auto-translate History of the designated mark Horikawa water and suppling Asakura
7/4/1990 specify the location Asakura-gun Asakura-Cho Oaza Yamada, hishino and old hair.
Specified region Horikawa (intake than Hisashige bridge)

Three one two two total 3 units
History and origin Ancestors of surging at that time, incessantly chikugo River floods, drought, famine, natural disasters in numerous victims and which has continued clash repeatedly for Nitta 0/1663 (1663) from the chikugo river water that built the Horikawa. That established the current intake, cut through the rock even 60 years after 0/1722 (1722). But could not get the benefit of the Horikawa due to the location of the mountain land. Children rotating mill was established in this area to be in.
Triple turbine was installed 0/1789 (1789), was installed in the horeki era where Mishima, Hisashige tandem mill also seems.
Every year from mid-June until mid-October, operates the irrigation area covers 35 hectares in three.
(1) Yamada Weir Headman of Koga 100 engineering by focusing on 0/1790 (1790) to increase the irrigation area, increase the water content of the Horikawa built a Weir in the chikugo River (pitch of the moat river intake). This is that Yamada Weir.
25.370 m² surface area, has enriched the 670 HA Mita Horikawa mitibi and today still used to suffice.
(2) inside of 切貫 sluice To ensure the water stable 0/1722 (1722) shifted the old intake at the current position. Inside is a huge rock choir with fleas and the tunnel.
At the time, length 11 (about 20 m) domestic 5 feet (1.5 m) on all sides established, then made the renovation a couple of numbers 10 feet (3.0 meters) will be spread to all sides, has been.
(3) triple water wheel. 0/1789 (1789) was originally two expression it was adding one due to its current form. The diameter of the drive is 4.76 m, Midway 4.30 m shares.
at 98 m this size and have closely related with the amount of height of the rotational speed of the turbine, paddy fields, pumping and pumping per day 7.892 t, which irrigate the 13.5-hectare paddy field. Asakura-Cho Board of education

auto-translate 指定的标记堀川水和补仓的历史
1990/7/4 指定的位置朝仓郡朝仓町大字山田,hishino 和老头发。
指定的区域堀川 (摄入比久茂桥)
三个一个两个两个共 3 个单位

历史和起源
在这时间,不停地筑后河洪水、 干旱、 饥荒、 自然灾害在众多的受害者,并且已继续飙升的祖先一再发生冲突新田 0/1663年 (1663) 从建堀川筑后河水。 确定当前的摄入量,凿岩石甚至在 60 年后 0/1722年 (1722)。 但由于所处位置的山地堀川的好处一纸,不能。 旋转厂成立于这一领域中的儿童。 三涡轮被安装的 0/1789年 (1789 年),安装在 horeki 时代三岛,久茂连轧机似乎也。
从 6 月中旬至 10 月中旬,每年经营灌溉区占地 35 公顷的三个。
(1) 山田堰
古贺 100 工程通过专注 0/1790年头人 (1790 年),以增加灌溉面积,增加含水量的堀川建堰筑后河 (距护城河河摄入量)。 这是那山田堰。 25.370 m ² 表面积,极大地丰富 670 医管局三田堀川 mitibi 今天仍然使用就够了。
(2) 内的切貫水闸
为确保水稳定的 0/1722年 (1722) 转移旧进水口的当前位置。 里面是一个巨大的岩石唱诗班与跳蚤和隧道。 当时,长度 11 (约 20 米) 四面的国内 5 英尺 (1.5 米) 建立,然后作了整修几个号码 10 英尺 (3.0 米) 将传播到四面八方,一直。
(3) 水车轮的三倍。
0/1789年 (1789 年) 原本是两个表达式,它增加了一个由于其当前的窗体。 驱动器的直径为 4.76 米,中途 4.30 亿股。 98 米处此大小,与高度的转速的涡轮,稻田里,抽油机和抽每日 7.892 t,其中 13.5 公顷水田灌溉量有密切相关。
朝仓町董事会的教育

国指定史跡 堀川用水及び朝倉揚水車
平成2年7月4日指定
所在地 朝倉郡朝倉町大字山田・菱野・古毛
指定地域 堀川(取入口より久重橋)
三連1基 二連2基 計3基

歴史・由来
 当時、絶え間なく押し寄せる筑後川の洪水や、かんばつ、ききん等天災異変の中に幾多の犠牲と死闘を繰り返しつづけてきた祖先が新田開発のため、寛文3年(1663年)筑後川から水を取り入れることにより堀川を造った。更に60年後の享保7年(1722年)岩盤を切り貫き現在の取入口を新設したのである。しかし、山側の土地は位置が高いため、堀川の恩恵を受けることができなかった。そのためにこの地では児童回転式の水車が設置されたのである。三連水車は寛政元年(1789年)に設置されており、三島・久重の二連水車も同じく宝暦のころに設置されたものとおもわれる。
 毎年6月中旬から10月中旬まで作動し、かんがい面積は、3基で35ヘクタールにもおよぶ。
①山田堰
 寛政2年(1790年)当時の庄屋古賀百工を中心にして、堀川の水量を増加させかんがい面積を増やすために筑後川(堀川取水口上部)に堰を造った。これが山田堰である。表面積25.370㎡で、今日もなお昔の面影をとどめ堀川への導水を容易にし、670ヘクタールの美田をうるおしている。
②切貫水門内部
 享保7年(1722年)安定した水量を確保するために旧取水口を現在の位置に移した。内部は巨大な岩をノミでくり貫いてあり、トンネル式となっている。当時、長さ11間(約20m)内法5尺(約1.5m)四方で新設され、その後数回の改修が行なわれ内法10尺(約3.0m)四方に広められて現在に至っている。
③三連水車
 寛政元年(1789年)もともと二連式であったものに一挺加えることにより現在の形態となった。車の直径は上部4.76m、中部4.30m、株。98mでこの大きさは、水車の回転数、水田の高さ、揚水の量と密接な関わりをもっており、一日当り7.892t揚水し13.5ヘクタールの水田をかんがいしている。
朝倉町教育委員会

テキスト化

tenma
2016-10-07 11:21 (851)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2015/01/12)
タグ: 甘木市観光協会 福岡県 朝倉市
hamanobakeneko (2014/11/29)
タグ: 天照大神 邪馬台国 安本実典 卑弥呼 小田茶臼塚古墳 平塚川添遺跡 斉明天皇 福岡県 朝倉市