Monumento

クロマグロ 一本釣りの説明板

kawa_sanpo

2014/09/26

タグ: auto-translate クロマグロ 大間 一本釣り 緒形拳 夏目雅子 松竹映画 魚影の群れ 青森県 下北郡大間町

案内板

auto-translate Description plate of bluefin tuna pole and line Bluefin tuna off the ohma and then lay their eggs in Eastern Taiwan region South of 30 ° n, North to take FRY that hatched the Kuroshio.
In a return to the spawning grounds, and grew up in the coastal waters, and during their wandering in the USA (West Coast California) until bluefin tuna. Have a fix as the habits of the bluefin tuna, often bouncing ago inclement weather, swimming layers 60 meters by two meters in depth, but during the diving 150 m. Surface and swimming during the South wind is said to swim deep during the North wind.
Also, it dives deep into the dash and over fishing.
OMA bluefin tuna is caught in three kilometers from the University while off 1 km coastal waters of a landed in the half year between 8/1996 and 1/9 of 110 tonnes, landing number 738 book, big beyond 400 km, to 0/1994 from 410 kg heavyweights. OMA bluefin tuna fishing differs from other districts, from the Meiji, Taisho, traditional pole and line in. Fishing the sea there is no too even as fishing ground wave, before and after the five-ton ship, chasing several hundred kg bluefin tuna pole and line are just desperate. In this kind of desperate OMA bluefin tuna pole and line fishing by starring Ken Ogata-Masako Natsume at the Shochiku film titled catch swarm made a movie in, incorporating from across the country.

auto-translate 说明板蓝鳍金枪鱼杆和线
蓝鳍金枪鱼关闭大,然后在台湾东部地区 30 ° n 中产卵,北采取鱼苗孵化黑潮。在产卵,回归和长大,在沿海水域,和他们在美国 (加利福尼亚州西海岸) 徘徊直到蓝鳍金枪鱼。
有一个修复程序作为习惯的蓝鳍金枪鱼,经常弹跳前遇恶劣天气,游泳层 60 米到两米的深度,但在跳水 150 米。表面和游泳在南风据说深期间北风游泳。此外,它潜水时深入破折号和过度捕捞。
OMA 蓝鳍金枪鱼陷入 1 公里沿海水域的情况离大学的登陆三公里半 8 年/1996年和 1 之间/110 吨,登陆的 9 号 738 本,大至 0/1994 年从 410 公斤重量级的 400 公里以外的书。
OMA 蓝鳍金枪鱼捕捞有别于其他地区,从明治、 大正、 传统的杆和线。出海打渔那里不太甚至作为捕鱼地波前,、 后五吨的船,追逐几个几百公斤蓝鳍金枪鱼极线,只是绝望。在这种绝望的 OMA 蓝鳍金枪鱼杆和线捕鱼主演肯绪方贞子雅子夏目漱石在松竹电影题为渔群拍一部电影中,将从全国各地。

クロマグロ 一本釣りの説明板
 大間 沖に回遊するクロマグロは、北緯三十度以南の台湾東方海域で産卵し、ふ化した稚魚は黒潮に乗り北上する。その中にはアメリカ(西海岸のカリフォルニア)まで回遊する物もあり、近海で成長したクロマグロと合流して産卵場に回帰するのである。
 クロマグロの習性として、荒天前によく跳ねる修正があり、遊泳層は水深二メートルから六十メートルであるが、時には、百五十メートルも潜ることがある。南風の時には表層を遊泳し、北風の時には深海を泳ぐと言われている。また、釣り針に架かると、一気に深く潜る習性がある。
 大間のクロマグロは、大間崎沖一キロメートルから三キロメートルで捕れる近海物で、平成八年八月から九年一月までの半年間に、水揚げ量百十トン、水揚げ本数七百三十八本、大物は四百キロを超え、平成六年には四百十キロの超大物が水揚げされている。
 大間のクロマグロ漁は他地区と異なり、明治・大正から続く、昔ながらの一本釣り である。漁場は、海がなぎていてもその漁場だけは波が高く、五トン前後の船で、数百キロのクロマグロを追う一本釣りは、まさに命懸けである。このような命懸けの大間のクロマグロ一本釣り漁を、緒形拳夏目雅子 の主演により、松竹映画 にて「魚影の群れ 」というタイトルで映画化され、全国から一躍脚光を浴びたのである。

テキスト化

kawa_sanpo
2015-01-19 00:35 (14)
kawa_sanpo
kawa_sanpo
2014-09-26 00:17 (561)
kawa_sanpo

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ