Monumento

旧神田青果市場の由来

hanacoco

2016/08/17

タグ: 東京都 千代田区

案内板

auto-translate The origin of the Kanda fruit and vegetable market This market is in the keicho originated now Suda-Cho district, this area was called the Hiromi yatsuji plateau at that time. Years later more and more big and komagome, senju as well as order of the Tokugawa shogunate, in Edo three market-leading. For rich received is excellent in this market not seen in other markets. And burden towards gross boshu boats to the banks of the Dragon leave town, Kasai, St towards Yanagihara Inari Riverside now from caught. She refers to the Tokugawa shogunate financed, green Imperial cheer also courageously goyo's Ordinance for vegetable-packed two-wheeled cart, pull up clad in white lads who according to records from the time this market, go over to appear, saying they had. So-called Kanda child said that the flowers of Edo streets, which said one source of the word originates in the Kanda market Isamu skin and Kanda Festival is famous. This market thus prosperity was studied thoroughly from the Edo period to the Meiji, Taisho, and Showa era gradually area to expand this area-Cho 2-Chome, in the heart of streets across shimorenjaku town, 佐柄木 town, kijicho, Suda-Cho, 新石 Cho, the acreage reached several thousand square meters. During this time 9/1923 was the great Kanto earthquake, wiped out the market and immediately revived and was reputed to be Asia's major markets. Dear Kenya moved to able to stay with a transition period of this venerable big-market, 12/1/1928, in the present market Kanda Yamamoto-Cho, Tokyo Central wholesale market Kanda Station. Wholesalers Association President to at that time reached several hundred hotels and spotty ranged kichibei said. Snow specialty Kanda vegetable market since the Edo period from the ground forever and disappeared, the potential for hundreds of years-long development history. Come live in this love from fathers we ever Miss Kanda market. I want impedances were not exhausted in the hometown to this Memorial, honoring the traces of the old market.

auto-translate 神田的水果和蔬菜市场的起源

这个市场是在河内起源现在速达町区,这个地区被称为博 yatsuji 高原在那个时候。 年后变得越来越大和驹込、 千住以及德川幕府在江户三领先市场的秩序。 收到的富人来说,是优秀在这个市场上未见的其他市场。 毛勃舒船向龙离开小镇,开赛,圣朝杨原 Inari 河畔银行负担现在从抓到。 她指德川幕府资助,绿色帝国欢呼也勇敢地五洋的条例为蔬菜包装两轮马车,拉起穿着白色小伙子人根据从时间记录这一市场,走过去出现,说他们有。 所谓神田子说的江户街头,说这个词的来源之一起源于神田花市场勇皮肤和神田节而闻名。 这个市场因此繁荣深入研究从江户时代到明治、 大正、 昭和时代逐渐地区扩大本地区町 2 丁目,街道跨下连雀镇,小镇佐柄木,kijicho,心中新石速达町町,种植面积分别达到几千平方米。 在这段时间 9/1923年关东大地震、 消灭了市场和立即恢复,据说是亚洲的主要市场。 亲爱肯尼亚搬到能够呆在一起的这个令人尊敬的大市场的过渡期,1928/12/1,在目前市场神田山本町、 东京中央批发市场市场神田站。 当时向批发商协会主席达成几几百家酒店和斑点吉兵说。 雪专业神田蔬菜市场以来江户时代从地面永远和消失,数以百计的多年发展历史的潜力。 来住在这的爱从父亲我们老师神田市场。 我想要阻抗不被耗尽在此纪念老市场的痕迹的故乡。

旧神田青果市場の由来

 この市場は慶長年間に今の須田町附近、当時は八辻ヶ原と称していたこの地一帯において発祥したものである。年を追って益々盛大となり徳川幕府の御用市場として駒込、千住と並び江戸三大市場の随一であった。ためにこの市場には他市場で見られない優秀なものが豊富に入荷した。そして上総房州方面の荷は舟で龍閑町河岸へ、葛西、砂村方面のものは今の柳原稲荷河岸から水揚げされた。当時の記録によるとこの市場の若い衆達が白装束に身を固めてかけ声も勇ましく御用の制札を上に青物満載の大八車を引いて徳川幕府賄所青物御所を指してかけて行く姿は実に「いなせ」なものがあったと云う。巷間江戸の華と云われた、いわゆる神田っ子なる勇肌と有名な神田祭はこの神田市場にそのことばの源を発しているものといわれた。こうして繁栄をきわめたこの市場は江戸時代から明治、大正、昭和へと漸次その地域を拡大してこの地を中心に多町二丁目、通り新石町、連雀町、佐柄木町、雉子町、須田町にわたる一帯のものとなりその坪数は数千坪に及んだ。この間大正十二年九月関東大震災にあって市場は全滅したが直ちに復興し東洋一の大市場とうたわれた。惜しい哉この由緒ある大市場も時代の変遷と共にこの地に止まることができず、昭和三年十二月一日を期して現市場である神田山本町東京都中央卸売市場神田分場へと移転した。当時数百軒に及んだ問屋組合頭取はにしむら吉兵衛氏であった。風雪幾百年永い発展への歴史を秘めて江戸以来の名物神田青果市場は地上から永遠にその姿を消した。父祖の代からこの愛する市場でいきて来たわれわれは神田市場がいつまでもなつかしい。あたかも生れ故郷のように、尽きない名残りをこの記念碑に打込んで旧市場の跡を偲ぶものとしたい。

テキスト化

tenma
2016-09-28 17:34 (734)
tenma

コメント・周辺画像

hanacoco hanacoco 4ヶ月

#<User:0x0000000d3b12a0>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/08/17)
hanacoco (2016/08/17)
タグ: 千代田区町名由来板 江戸古町 多町 神田青物市場は 多町二丁目町会 auto-translate 東京都 千代田区
hanacoco (2016/07/24)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2016/08/17)
タグ: 礎石 寛永通宝 auto-translate 石 東京都 千代田区
hanacoco (2016/07/25)
タグ: 関東大震災 帝都復興事業 淡路公園 復興公園事業 東京都 千代田区
hanacoco (2015/01/20)
タグ: 花崗岩 1912 万世橋駅 稲田石 覆輪目地 東京都 千代田区
hanacoco (2016/04/01)
タグ: 東京都 千代田区
kunitenten (2016/08/04)
タグ: 神社 東京都 千代田区
hanacoco (2016/01/29)
タグ: 東京都 千代田区