Monumento

〈上田城お勧め見学ルートその②〉

itog

2016-04-06

タグ: 豊臣秀吉 徳川家康 上田城 真田信之 上杉景勝 真田昌幸 仙石忠政 真田信繁 長野県 上田市

案内板

auto-translate On the Ueda Castle recommended tour route (2)?

Ueda Castle built of Tokugawa Ieyasu Ueda began construction on the orders of Ieyasu Tokugawa 0/1583 (1583). It is at this time, Sanada Masayuki uses the forces of Tokugawa Ieyasu and built a castle and reinstated in the Castle well. But Masayuki changed Lord Uesugi Kagekatsu of echigo, caused by a conflict with Ieyasu over the Numata territory completes as a castle for Uesugi 0/1585. During this period, Tokugawa was happy, an attack of the army of 7,000, but with only 2,000 soldiers back this (No. primary on the siege). Here Ueda is the place at that time, the forces of the Tokugawa and Uesugi two bumped, but Ueda was born as a frontline Castle exactly the mods have been.
However, the appearance of the Ueda Castle at this time is not well understood (drawing 1). After the battle, Masayuki the transformed into a castle Ueda as Toyotomi Hideyoshi subordinate Castle decorated with gold-leaf tiles. Shachihoko tile from the North-West of the Castle moat remains a gilded, dorsal fin and has been excavated (Photo 2). Been estimated in this castle-like buildings found around.
Was worthy of combat the highly-fortified earthworks and trenches is too few. After Hideyoshi's death, Masayuki and his second son, Yukimura (Yukimura) arrived to (West) in the battle of Sekigahara. From Masayuki Tokugawa Hidetada's recommendation a few days across Ueda stranded in and (second on the siege), and tearing down by Tokugawa who won the battle but had 遅参 at the (East) after World War II, Ueda, was handed over to his eldest son with the Tokugawa and Nobuyuki.
Without reconstruction the Castle, Nobuyuki Palace building in the East, under the rule of Ueda clan. Ueda Castle's current appearance is revived (1626) 0/1626 from Sengoku Tadamasa became Lord of Ueda after the Nobuyuki and base is (drawing (3)). Yashina has two buildings and Tower has seven buildings built in the Castle. It lined up like this small castle building with 9 is no example to other castles. Honmaru, ninomaru and sannomaru, Koizumi kuruwa, it completed staking out work in nun abyss of natural moat in fortress, the moat and the current arrow out river and 蛭沢 River, called the 梯郭 equation.
And have rooted at this time, Tadamasa is traversing moat of Sanada's age is considered. The ninomaru moat North and West was called hyakken moat and large moats. Completed within the moat 0/1928 baseball stadium and athletic field is a good use of terrain in a moat and built modern heritage.
Look at traces of a vast moat (now about 5 minutes). Why not also looking up Castle Tower from the nun Yon cliffs?
Spot can feel the tight defense of the Ueda Castle (from about 5-minute walk).
--- Sanada Yukimura Sanada Nobuyuki,

auto-translate 在田城堡推荐旅游线路 (2)?
上田城堡建造的德川家康

上田开始施工,德川家康 0/1583年的订单 (1583)。 它是在这个时候,真田昌之使用德川家康的部队和建造一座城堡和城堡井恢复。 但雅之改变主 Uesugi Kagekatsu 越后,在领土完成作为一座城堡为 Uesugi 0/1585年渭田上空与德川家康的冲突所引起。 在此期间,德川很高兴,为 7 000 人,但只有 2 000 名士兵与军队的攻击回这 (围攻号小学)。 田这里是在那个时候,德川和 Uesugi 两撞到了,部队的地方但田出生作为完全 mods 一直前线城堡。 然而,在这次对上田城堡的外观不是很好的理解 (绘图 1)。
战斗后,变成一座城堡作为丰臣秀吉田昌之下属用黄金叶瓷砖装饰的城堡。 Shachihoko 瓷砖从西北部的城堡护城河仍然是镀金的背鳍和已出土 (照片 2)。 据估计在这周围发现的像城堡建筑。 是值得高度强化战斗土方工程和战壕是太少。
丰臣秀吉的死亡、 雅之和他的二儿子后, 行 (行村) 村来到 (西) 在关原之战。 雅之德川秀忠建议几天横穿田从困在和 (第二场围困),,拆掉由德川赢得了这场战斗却遅参 (东) 上田,二战后被移交给他的长子德川与信行。 没有重建城堡,伸之宫建筑在东部,在田家族的统治下。
上田城堡当前外观复兴 (1626) 0/1626 从仙谷由人忠正成为耶和华的田后的信行和基础 (绘图 (3))。 Yashina 有两个建筑和塔有 7 座建筑物,建在这座城堡。 它排队,像这个小的城堡建筑与 9 是没有对其他城堡的例子。 城主,史迹和 sannomaru,小泉曲轮,它完成放样工作的尼姑深渊的天堑在堡垒、 护城河和当前箭,河和蛭沢河,被称为梯郭方程。 已经扎根在这个时候,忠正正在遍历护城河田信的年龄考虑。
史迹护城河北部和西部被称为 hyakken 的护城河和很大的护城河。 在护城河 0/1928年棒球体育场内完成和田径比赛场地是在护城河和现代文物建筑的地形很好用。 看看巨大的护城河 (现在约 5 分钟) 的痕迹。
为什么不也抬头城堡塔从尼姑渊悬崖? 现场能感觉到田城堡的严密的防御 (从大约 5 分钟步行)。
---
田信行村田信伸之,

〈上田城お勧め見学ルートその②〉
家康の命で築かれた上田城

 上田城 は天正11年(1583)に徳川家康 の命令で築城を始めました。この時、真田昌幸 は家康の力を利用して居城を造らせ、うまく城主に納まったのです。ところが沼田領をめぐる家康との対立が原因で、昌幸が越後の上杉景勝 に主君を変えたことから、天正13年には上杉方の城として完成します。この間、徳川方七千の軍勢の攻撃を受けた昌幸でしたが、わずか二千の兵でこれを撃退しました(第一次上田合戦)。ここ上田は当時、徳川・上杉ふたつの勢力がぶつかった場所ですが、上田城はまさに最前線の城として生まれ、改造がされました。しかし、この時の上田城の姿はよく分かっていません(絵図①)。
 合戦後、昌幸は上田城を豊臣秀吉 配下の城として金箔瓦に飾られた城郭へと変貌させます。本丸堀の北西部から背びれなどに金箔が残る鯱瓦などが出土しています(写真②)。このことから、天守のような建物がこのあたりに存在したのではないかと推定されています。土塁や堀で防備を固めた実戦的な構えの上田城でしたが、石垣は少なかったものとされます。
 秀吉の没後、昌幸と次男・信繁(幸村)は関ヶ原の合戦で豊臣方(西軍)につきました。昌幸らは徳川秀忠の西上を数日間に渡って上田城で足止めし(第二次上田合戦)、関ヶ原に遅参させましたが、合戦に勝利した徳川方(東軍)の戦後処理により、上田城はことごとく打ち壊され、徳川方についた長男・信之に引き渡されました。信之は城を復興せず、御殿を三の丸に造って上田藩を治めました。
 現在の上田城の姿は、信之の後に上田藩主となった仙石忠政 が寛永3年(1626)から復興したものが基本となっています(絵図③)。本丸には櫓が7棟と櫓門が2棟造られました。このような狭い本丸に9棟もの建物が並んでいたというのは、他の城郭にはあまり例が無いことです。本丸・二の丸・三の丸・小泉曲輪、それに天然の堀である尼ケ淵の要害、外堀とした現在の矢出沢川・蛭沢川を配し、梯郭式と呼ばれる縄張を完成させました。この時、忠政は真田氏時代の堀を大きく変えずに掘り返したものと考えられています。
 なお、二の丸堀の北側と西側は百間堀と呼ばれる大きな堀でした。堀の中に昭和3年に完成した野球場と陸上競技場は、堀の地形を上手に活かして造られた近代遺産です。広大な堀の痕跡をぜひご覧ください(ここから徒歩約5分)。
 また、尼ケ淵の崖下から本丸の櫓を見上げてみませんか?上田城の堅い守りを実感できるスポットです(ここから徒歩約5分)。
---
真田信繁 真田信之

テキスト化

tenma
2016-10-03 10:03 (1086)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

itog (2015/10/06)
タグ: 井戸 長野県 上田市
itog (2015/10/06)
タグ: 真田幸村 上田城 1583 真田昌幸 真田幸隆 長野県 上田市
itog (2015/10/06)
タグ: 大阪夏の陣 眞田幸村 長野県 上田市
itog (2015/10/06)
タグ: 上田市教育委員会 長野県 上田市