Monumento

京都市指定有形文化財 粟田神社 三棟

kochizufan

2016-07-18

タグ: 素盞嗚尊 藤原興世 応仁の乱 吉田兼倶 京都府 京都市東山区

案内板

auto-translate City designated tangible cultural asset awata shrine III building

Shrine, Dono, the sanctuary Awata shrine in old awataguchi village deity. That enshrines the sense of God of Shingu and Gozu heavenly kings until the Edo period known as awata Tennozu or awada eight princes, but now respect great bird's nest is dedicated to the other.
That, according to the 0/876 (876) in accordance with fifth place on the DEWA Mamoru Fujiwara Nikko world hold the Encyclical begins, then Tendai ZaSu Toyo Weifang Zhong asked Archbishop permanent annual (1113-18) to to refinance, but destroyed in the war of the respondent benevolence, and to 0/1500 (1500) Yoshida, that revived the Kutchan. After 0/1933, tag photos, and then burned down in June 0/1805 (1805), 0/1823 main shrine, Dono (18 d 3) to clear and was rebuilt. Building is in front of the main building of the sangensya longitudinal (d)-MIMA beam line in in front of the people connecting Dono attached haisyo "of the complex building in.
Sculptural decoration of the place of worship in an age spot, also look-nagarezukuri shrine style roof structures and his wife on the right in the front of facing gable roof, varied, and high value as a composite shrine of the late Edo period.
Dono from the shrine but lack definite historical sanctuary is built in 0/1703 (1703) and the detail style is determined at this time dates the building, though valuable as a series of these things.
Specify 4/1/1996 Kyoto City

auto-translate 市指定有形文化资产禾田神社三建设
靖国神社,不知道,圣所

在旧的 awataguchi 村神禾田神社。 直到江户时期被称为禾田天王洲或 awada 八王子,体现新宫神和五天王的感觉,但现在尊重大的鸟巢献给另。 根据 0/876 (876) 根据第五次地方世界羽守藤原日航搁置谕开始,然后腾达 ZaSu 东洋潍坊钟问大主教永久年度 (1113年-18) 对再融资,但在战争中的被告的仁,和 0/1500年被毁 (1500) 吉田,复兴俱知安。
在 0/1933 年以后标记照片,然后烧毁 6 月 0/1805年 (1805) 0/1823年主祠,不知道 (18 d 3) 清除,并且被重建。 大厦位于主楼的 sangensya 纵向 (d)-MIMA 束流线的连接不知道的人面前附加 haisyo"的最复杂的建筑。 崇拜的地方在年龄现货,也看看 nagarezukuri 祠风格屋顶结构和他的妻子在面对人字形屋顶,各不相同,右边的雕塑装饰和高价值作为江户末期复合圣地。
不知道从神社但缺乏明确的历史保护区建 0/1703 年 (1703) 和详细样式决定在这时间日期的建筑,虽然有价值的一系列的这些事情。
指定 1996/4/1
京都市

京都市指定有形文化財 粟田神社 三棟
本殿・幣殿・拝殿

 粟田神社は、旧粟田口村の産土神である。江戸時代までは感神院新宮、あるいは牛頭天王を祭ることから粟田天王社または粟田八大王子社と呼ばれていたが、現在は素盞嗚尊 ほかを祭神とする。社伝によると、貞観十八年(八七六)に従五位上出羽守藤原興世 が勅を奉じて勧請したことに始まり、その後天台座主東陽坊忠尋大僧正が永久年間(一一一三~一八)に再建するが、応仁の乱 で焼失し、明応九年(一五〇〇)に吉田兼倶 が再興したという。
 本殿・幣殿は昭和八年の棟札写から、文化二年(一八〇五)六月に焼失後、文政六年(一八ニ三)に再建されたことが明らかとなる。建物は、三間社流造の本殿の前に桁行ニ間・梁行三間で正面に方一間の拝所を付設した幣殿が接続する複合社殿である。拝所の彫刻装飾には時代的特色がみられ、また流造の屋根の前に入母屋造・妻入、さらにその正面に向唐破風造の屋根を続けて変化に富んだ外観をみせており、江戸時代後期の複合社殿として価値が高い。
 拝殿は、確実な史料を欠くものの元禄十六年(一七〇三)に建てられたと伝え、細部様式もこの頃のものと判断される本殿・幣殿より建築年代は遡るものの、これらと一連のものとして貴重である。
平成八年四月一日指定
京都市

テキスト化

tenma
2016-10-03 10:00 (547)
tenma

コメント・周辺画像

kochizufan kochizufan 4ヶ月

粟田神社 三棟

kochizufan kochizufan 4ヶ月

#<User:0x0000000b16c280>

kochizufan kochizufan 4ヶ月

#<User:0x0000000a416dd8>

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kochizufan (2016/08/21)
タグ: 京都府 京都市東山区
kochizufan (2016/08/21)
タグ: 京都府 京都市東山区
kochizufan (2016/08/21)
タグ: 京都府 京都市東山区
kochizufan (2015/05/05)
タグ: 三条小鍛冶宗近 粟田口 粟田藤四郎 小狐丸 小鍛冶 京都府 京都市東山区
kochizufan (2016/08/21)
タグ: 京都府 京都市東山区
kochizufan (2016/08/21)
タグ: 京都府 京都市東山区
kochizufan (2016/08/21)
タグ: 青蓮院 木米 奥田穎川 永楽保全 仁阿弥道八 三大名工 京都府 京都市東山区
kochizufan (2016/08/21)
タグ: 京都府 京都市東山区
kochizufan (2016/08/21)
タグ: 京都府 京都市東山区