Monumento

根岸典則(つねのり)碑

hanacoco

2016-08-19

タグ: 青梅市教育委員会 菊池五山 小林天淵 根岸典則 東京都 青梅市

案内板

auto-translate Shore n. law (tsunenori) monument
This monument wrote the writer born in Ome, Kobayashi Tian Yuan, a prominent man of letters in the Edo period, Kikuchi gozan, the 撰文 biography great man of culture produced the late of the Edo period, OME Negishi Fuminori (the issue is site Valley (kaikoku)), pupils of Fuminori's 0/1832 (183 (d)) on which was erected.
Negishi Fuminori 0/1758 (1758) born in Ome, from his childhood, sinology, classics, poem, Zen Buddhism and its activity is versatile, who became the literary heyday of OME bunsei era of cultural leaders from Kansei.
Dies in the 0/1831 (一八三一), the tomb is in the city's storied temple.
3/30/1991 OME City Board of education

auto-translate 岸边; 法律 (恒) 纪念碑

这座纪念碑写出生在中耳炎,小林天元,字母在江户时代,菊池就是歌散,撰文传记文化伟人生产后期的江户时代,OME 根岸文典 (问题是网站谷 (西学)),文德的 0/1832 (183 (d)) 的学生被架设一个突出人的作家。
根岸文典 0/1758 年出生的 Ome (1758),从他的童年、 汉学、 经典、 诗、 禅宗和它的活动是多才多艺,谁成为了文化领导人从感性 OME 悲情时代文学鼎盛时期。
0/1831 年 (一八三一) 的模具,坟墓是在传奇城隍庙。
1991/3/30
青梅市教委

根岸典則(つねのり)碑

 この碑は、江戸時代の後期、青梅が生んだ偉大な文化人根岸典則(号は嶰谷(かいこく))の伝記を、撰文を江戸の著名な文学者、菊池五山、書を青梅出身の文人、小林天淵 が書き、典則の門人たちが天保三年(一八三ニ)に建立したものである。
 根岸典則は、宝暦八年(一七五八)に青梅に生まれ、幼少の頃から学問を好み、漢学、古典学、和歌、禅学とその活躍は多彩で、寛政から文化・文政時代の青梅の文芸最盛期のリーダーとなった人です。
 天保二年(一八三一)に没し、墓は、市内の宗建寺にある。
平成三年三月三十日
青梅市教育委員会

テキスト化

tenma
2016-09-16 09:40 (265)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/08/22)
タグ: 青梅市教育委員会 小林天淵 小林綾繁 池田新平 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: 谷文晁 神功皇后 青梅市教育委員会 中筒男命 底筒男命 菊池五山 小林天淵 根岸典則 季竜 上筒男命 小峰峯真 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: 青梅市教育委員会 菊池五山 小林天淵 小峰峰真 寺門静軒 川上由 戸川安清 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: 青梅市教育委員会 本居豊穎 権田直助 井上頼圀 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: 久保板観 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: 朱雀天皇 寛朝 倶利伽羅龍王 東京都 青梅市
hanacoco (2016/08/22)
タグ: どんつく様 猫地蔵 東京都 青梅市