Monumento

ocr-generated 御本丸大奥石碑の由来

sanpocafe

2013-06-22

タグ: ocr-generated 東京都 千代田区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 御本丸大奥石碑の由来
この石碑は、マンション建設前にあった岡村邸の庭園に置かれていたものです。
銘文によれば、江戸城大奥の繁栄を願い、弘化4年(1847)8月に造られたものです。
この場所は江戸時代を通じて、武家屋敷として利用されていました。
石碑背面には、造立に関わったと思われる人名が刻まれています。
大奥の関係者と思われますが、ここに屋敷を拝領していた人物とは異なります。
そのため、石碑がなぜここにあるのかは不明です。
後世に庭園を造る際に持ち込まれたものと思われます。
前土地所有者の岡村さんのお話によれば、戦後にここを購入した時には既に石碑はあり、
背面に「岡村」と刻まれていたため、大切にされてきたと言うことです。
西暦 年号
所有者 期間
沿革
1847 | 弘化4年 「江戸幕府 20年「大奥石碑」が造られる
1867 | 明治元年 東京府
21年、大政奉還で東京府となり、旗本屋敷を整理
|1888 | 明治21年 朝鮮国公使館 48年 東京府が吉原重成より取得 ~ 朝鮮総監府
1936|昭和11年」松川長雄 12年、芝区新堀町28 土地所有のみ
1948 昭和23年 共栄株式会社 「56年) 千代田区四番町8番 岡村邸
2004 平成16年|三菱地所株式会社」3年番町パークハウス
大奥石碑保存会 2007年3月

テキスト化

monumento
2018-03-28 15:59 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

gotosheng (2016/11/10)
タグ: 坂 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/11/30)
タグ: 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/11/30)
タグ: 徳川家康 東郷平八郎 国木田独歩 永井荷風 大村益次郎 塙保己一 群書類従 村田蔵六 三島中洲 与謝野晶子 与謝野鉄幹 auto-translate 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2014/11/30)
タグ: 千代田区教育委員会 千代田区指定有形民俗文化財 力石 auto-translate 石 東京都 千代田区