Monumento

 昭和三十二年十二月三十一日、荻窪病院に行くーーー。

hanacoco

2016-08-31

タグ: 井伏鱒二 東京都 杉並区

案内板

auto-translate Go to the ogikubo hospital 12/31/1957,-,-. When anesthesia in surgery of the cecum, the Bell began to play in see Temple back of the hospital.
The night of new year's Eve, finally after the surgery and was hospitalized to get in. Decide on general anesthesia because the doctor to drink, I nurse "had hardened drop" and said. I handed over the upper and lower dentures. Nurses close fixtures like the funnel on the tip of my nose. This is put on the operating table, had closed the eyes of the idea. "One, two, three.
Hope this street, counting slowly.
Nurse said, "human-o a-," and said. Also "human Oh one" and said going missing dentures because "human can immediately cash" that such became a voice. "Mister" and rang the Bell of temple at the same time.
Become a nurse says "pig!" and so on the street and 'cover it immediately "and voice, watch the fountain Temple Bell" Mister} and rang. Nurses ' only-one "and said. You feel like disappearing into a pit in is sickening in the sense that I just shook his hand after the thin shiny silver line or something.
I see this, it's limited to only lost consciousness. Shinchosha ibuse "fudoki in ogikubo and ogikubo

auto-translate 转到荻洼医院 1957/12/31,-,-。
当在盲肠手术的麻醉,贝尔开始吹奏时看到寺回医院。 新年之夜的前夕,最后手术后住院才能进去。
决定对全身麻醉,因为喝医生,我护士"变得冷酷滴"说。 我交出了上部和下部的假牙。 护士关闭像漏斗在我鼻子尖上的固定装置。 这放在手术台上,已经闭上眼睛的想法。 "一、 二、 三。 希望这条街,慢慢地计数。
护士说,"人类-o-,"说。
此外"人类哦,一个"说去失踪假牙因为"人可以立即现金"这样成为了一种声音。 "先生"在同一时间按响了门铃的寺庙。 成为一名护士说:"猪 !"等等街和 ' 立即盖上盖子"和声音,观看喷泉寺钟"先生} 和响了。
护士的只有一个",说。 你觉得在坑里消失是令人作呕在意义上,我只是薄薄的闪亮银线或东西后握他的手。 我看到这,限于只失去了知觉。
新潮社花之"荻洼和荻洼 fudoki

 昭和三十二年十二月三十一日、荻窪病院に行くーーー。
 盲腸の手術で麻酔にかけられるとき、病院裏手の観泉寺で除夜の鐘が鳴りだした。大晦日の晩、いよいよ押しつまって手術してもらいに入院したわけであった。
 医者は私が深酒するたちだから全身麻酔にかけることにして、看護婦が「入歯があったら外して下さい」と言った。私は上下の総入歯を外して手渡した。看護婦が私の鼻先に漏斗のような器具を近づけた。こちらは手術台に乗せられて、観念の目を閉じていた。「一つ、二つ、三つ。ゆっくり数えて、この通り願います」
 看護婦はそう言って、「ひとォつ・・・」と言った。
 こちらも「ひとオつ」と言ったつもりだが、総入歯を外しているので「ひとォちュ」というような声になった。同時に観泉寺の除夜の鐘が「ごおん」と鳴った。看護婦が「ふたァつ」と言うので、その通りにすると「ふたァちュ」というような声になり、観泉寺の鐘が「ごおん}と鳴った。
 看護婦が「みッつ」と言った。私はもう沢山だという意味で手を振ったように覚えるが、後は細く光る一本の銀線か何かに伝って奈落へ消えて行くような気がした。「これだ、これだ、これに限る」と思ったきり、意識がなくなった。
新潮社 井伏鱒二「荻窪風土記・荻窪」より

テキスト化

tenma
2016-09-08 12:22 (527)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 井伏鱒二 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: ガンジー 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区
hanacoco (2016/09/02)
タグ: 東京都 杉並区