Monumento

蒲原村宿駅伝説 出会いの川 古隅田川

kochizufan

2016-09-11

タグ: 在原業平 四神地名録 東京都 足立区

案内板

auto-translate Hara station legend dating River old corner River 4 God place records in the publication 0/1794 (1794), "in the tradition of the people of this land, old kambara village to the North of Sumida River line is at the old station Inn place are still. Ariwara Narihira goes East down when "name, and aunt comes and Han todori we think character is, and without ' and's poem is not here or now called Sumida River and the 204-50 years earlier was the sea from rivers would have no.
"Aru. Many have noted whether or not the other geography was the old kambara hotel accommodation. For this reason, is a theory that when entered Musashi province tayo 0/1180 (1180) to the comeback tale of bet taken up arms in Izu was defeated, fled to Awa country from again aiming at Kamakura, kambara Village Inn team were coming strong local.

auto-translate 奥哈拉先生站传奇约会河老角

4 神的地方记录 0/1794年出版物中 (1794 年),"在这土地上的人民的传统,老神原村庄向隅田川线以北是的客栈的地方仍然是老车站。 Ariwara 成平东下山时"名称和姑姑来和韩 todori 我们认为性格是,并没有 ' 和的诗不在这里或现在称为隅田川,204 50 年前被从河流海没有任何。 "阿鲁。
多留意到其他地理老神原酒店住宿。 出于这个原因,是一种理论,当进入武藏省大冶 0/1180年 (1180) 拿起武器在伊豆的赌注的复出故事战败后,逃到阿波国家从再次针对镰仓,神原乡村旅店的团队来了浓郁地方。

蒲原村宿駅伝説 出会いの川 古隅田川

 寛政6年(1794)出版の「四神地名録」に、「この土地の人の言い伝えに、古隅田川の北に添った蒲原村は、むかしの駅で今も宿という地名が残っている。在原業平 が東下りした時『名にしおばいざこととはん都鳥我思ふ人は有りやなしや』と詠んだのはこの辺りではないか、今、隅田川と称している地は二百四~五十年以前は海だったから川があるはずがないという。」とある。
 その他の地誌にも、蒲原が古い駅路の宿だったかどうかを記しているものが多い。このため、治承4年(1180)源氏の再起を賭けて伊豆に挙兵、敗れて安房国に逃れた頼朝が、再び鎌倉をめざして下総国から武蔵国に入った時、蒲原村に宿陣したという説が地元に根強く伝わっている。

テキスト化

tenma
2016-09-16 11:16 (326)
tenma

コメント・周辺画像

kochizufan kochizufan 3ヶ月

蒲原村宿駅伝説

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kochizufan (2016/09/12)
タグ: 庚申塔 東京都 足立区
kochizufan (2016/09/12)
タグ: 東京都 葛飾区
kochizufan (2016/09/11)
タグ: 東京都 葛飾区
kochizufan (2016/09/11)
タグ: 水谷又助 山崎玄恵 屋代弘賢 東京都 足立区
kawa_sanpo (2016/06/11)
タグ: 一里塚 葛飾区教育委員会 東京都 葛飾区
kochizufan (2016/09/12)
タグ: 東京都 葛飾区
kochizufan (2016/09/12)
タグ: 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2016/06/11)
kochizufan (2016/09/12)