Monumento

讃岐高松藩 上屋敷の土蔵跡

kawa_sanpo

2014/09/27

タグ: 讃岐高松藩 松平頼重 水戸藩 徳川光圀 東京都 千代田区

案内板

auto-translate The sanuki Takamatsu Edo Yashiki storehouse traces The sanuki Takamatsu Edo Yashiki from IIDA-Cho ruins spread from iidabashi 2-Chome 3-Chome, Takamatsu, the current Yuan to ruins ever unearthed. Takamatsu domain Matsudaira family ruled the territory of 120000 stone founder Lord Matsudaira yorishige Mito Han second feudal Lord Tokugawa mitsukuni's brother, was deep daimyo of Mito domain Tokugawa was in. Takamatsu Edo Yashiki is a mansion, was given from the shogunate to 0/1706 ( 1706 ) liturgy parliamentary, living Lord. Takamatsu 藩中 House is located opposite, on the opposite bank of the Kanda River, koishikawa after the current in the garden area was set up kamiyashiki Mito clan.
Will be visiting across the Kanda River in Edo johoku who had been given kamiyashiki deep Takamatsu clan relationships and Mito Han. IIDA-Cho ruins, including the sanuki Takamatsu clan kamiyashiki residence from approximately 1 m under the surface of the current, has been found ruins, such as gardens, upper and lower water service, Dugout (basement).
Of the elaborate groundwork that placed the cornerstone struck many storehouses traces to the average photo to laid Foundation trees beneath the great cornerstones and pile on the palace ruins, with soft ground became clear.

Convey that existed in the feudal Edo period storehouse mark cornerstone is to reuse on a bench along the River promenade. Chiyoda-ku, Education Committee

auto-translate 赞岐高松江户气象仓库痕迹

赞岐从饭田町高松江户气象遗址从 2 丁目 3 丁目饭田桥遗址曾出土当前人民币高松、 蔓延。高松域 Matsudaira 家族统治领土的 120000 石创始人主 Matsudaira 自重 Mito 韩二封建主德川光国的哥哥,是深大名的德川是在水户域。高松江户气象是一座大厦,被赋予从幕府为 0/1706年第 1706年) 礼仪议会、 生活主。高松藩中房子位于对面,koishikawa 后电流的花园区成立了 kamiyashiki 户氏族神田河对岸。将过河,神田在江户城北得到了 kamiyashiki 深高松宗族关系户韩访问。
饭田町的遗址,包括散伎高松氏族 kamiyashiki 居住从大约 1 m 的表面下的电流,至今未废墟,如花园,上部及低水服务,窝棚 (地下室)。精心设计的基础工作放置击中许多仓库可上溯到下方的巨大基石和桩的宫殿废墟上奠定了基础树的平均照片的基石,与软地面变得清晰。
传达存在于封建江户时期库马克基石是重用河海滨公园的长凳上。

千代田区教育委员会

讃岐高松藩 上屋敷の土蔵跡

 飯田橋二丁目から三丁目に広がる飯田町遺跡からは、現在の香川県高松市を国元とする讃岐高松藩上屋敷の遺跡が発掘されました。12万石の領地を支配した高松藩松平家は、初代藩主松平頼重水戸藩 2代藩主徳川光圀 の兄にあたり、徳川御三家であった水戸藩とはゆかりの深い大名でした。高松藩上屋敷は宝永3年(1706)に幕府から与えられたもので、藩主が住み、政務を執り行なった屋敷です。向かいには高松藩中屋敷があり、神田川の対岸、現在の小石川後楽園一帯には水戸藩が上屋敷をかまえていました。江戸城北方の神田川を挟んだ地域に、関係の深い高松藩と水戸藩が上屋敷を与えられていたことになります。
 飯田町遺跡では、現在の地表面の約1m下から、讃岐高松藩上屋敷の御殿をはじめ、庭園、上下水道、穴蔵(地下室)などの遺構が発見されました。そのなかには、写真のように大きな礎石の下に土台の木を敷いた土蔵跡や、杭を多数打った上に礎石を据えた御殿跡があり、軟弱な地盤に備えた入念な基礎工事の様子が明らかになりました。
 この土蔵跡の礎石は、この地に江戸時代の大名屋敷があったことを伝えるために、川沿いの遊歩道のベンチに再利用しています。

千代田区教育委員会

テキスト化

yuraichan
2014-09-28 12:53 (527)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/01/29)
タグ: auto-translate 石 上屋敷 遺構 護岸石 東京都 千代田区
hanacoco (2015/12/23)
タグ: 歴史のプロムナード 東京都 千代田区
ogaworks (2014/12/11)
タグ: 水戸藩 神田川 江戸名所図絵 嘉納治五郎 東京都 千代田区
hanacoco (2015/12/23)
タグ: 歴史のプロムナード 東京都 千代田区