Monumento

本河内高部水道施設  日本最初のダム式水道 明治24年(1891)3月完成

hamanobakeneko

2014/10/05

タグ: 本河内高部水道施設 長崎水道 横浜市水道 函館水道 吉村長策 佐世保鎮守府 本河内高部ダム 長崎県 長崎市

案内板

auto-translate Water supply dam this Kawachi takabe waterworks facilities Japan's first formula 3 month completion of 0/1891 (1891)
Founding Nagasaki water background In Nagasaki built alien left behind land suffered from epidemics, such as cholera and dysentery. 0/1886 (1886), Governor of Nagasaki Prefecture, Kusaka Yoshio Nagasaki district (City) modern Nagasaki Mayor Toshiyuki kanai with the put into practice, and plans to build a water supply. As a waterworks engineer, invited to Nagasaki Prefecture, Cou University Professor Yoshimura length measures. Construction cost is the Nagasaki district annual budget 40000 yen of about 7.

300000 Yen equivalent to 8 x.
Founding Nagasaki waterworks construction Happened intense opposition movement against the financial burden, the accumulated trade merchants ' trade five rins gold ', overcame difficulties, was built. Founder Nagasaki Waterworks (waterworks facility for this Kawachi takabe) began April 0/1889 (1889), 0/1891 March finished. Yokohama waterworks ( 0/1887 ), Hakodate water ( 0/1889 ) followed by Japan in third, dam is Japan's first modern waterworks.

At the Nagasaki citizens nice design too, incurred huge expenses even to Japan's modernization heritage.
This Kawachi takabe waterworks facilities
4/1889, 0/1891 3-completed
Water area: Nagasaki district and alien colony
Population: 60000 people, 1 person 1 day supply of 91 liters
Dam type: soil dam ( Earth dams )
Effective water storage volume: 366, 962 ft² Dam height: 16. 76 m, dam length: 128.
02 m Crest width: 6.
10 m Filtration: ( 36. 58 m × 24.
67 m ) 3 Reservoir: half-underground structure ( 45. 72 m × 24.
38 m ) 0/1923 (1923) 1.

8 m dam 嵩(Kasa)上ge
Drawing and photo description (1) the floor plan in this Kawachi takabe waterworks facilities throughout, and that section listed under. Is configured from the weighing chamber, filtration pond, reservoir, dam (Dam), water tower, headrace tunnel. (2) the dam (Dam) and administrative steps, headrace tunnel entrance. (3) the photograph seen immediately after the completion of potable water from the downstream side. Metrology laboratories, wastewater ponds, filtration pond, dam is pictured. (4) the postcard shot of potable water.
(E) the pictures when you pulled out the reservoir water inside.
Venus this Kawachi takabe waterworks facilities panoramic view
❷ motokawa high front side of the dam and Corridor management
❸ construction at the time this Kawachi takabe waterworks facilities
❹ motokawa Taki of the water purification plant

❺ inside the reservoir (a State without water)
Yoshimura-length measure (this Kawachi takabe waterworks facilities design and construction Director)
( 0/1860 (1860) and 0/1928 (1928) ) Born in Osaka Kashiwara said. 0/1885 (1885) and invited to Nagasaki Prefecture to 0/1886 University civil engineering graduated from Engineering Department, and completed the dam type water 0/1891 (1891) in Japan's first. In Nagasaki city sewers, Nakashima River varying flow construction, water No. 1 times extended design and supervision. In the 0/1893 (1896) Kobe waterworks construction length as the completed Kobe nunobiki dam ( Japan's first concrete dam ). In addition, many modern in the early days of our country water design and supervision. He became Dean of the architecture school of Sasebo naval district and 0/1900 (1901), undertook the teaching of naval facilities and supervision. 0/1920 (1920) became Director of the Department of the Navy construction.

Hachiman-Cho, Sasebo city is the cemetery.
Motokawa Taki of the dam flood control measures (new dam construction)
7/23/1982, for flood damage prevention in Nagasaki organised and led the Nagasaki damage by a flood emergency dam business of as part, motokawa Taki of the dam (new Dam) was constructed.
For old dam to save as much as possible in the construction of a new dam upstream from the old dam was built. New dam's crest height 28. 2 m, hight 28's.

2 m, Crest length: 158 m, 496000 m 2 total reservoir capacity gravity concrete dam's. Nagasaki Prefecture

auto-translate 大坝这河内高币水务设施日本第一个公式水 0/1891年 (1891 年) 3 完成

创始长崎水背景
在长崎建立外星人留下的土地遭受流行病,如霍乱和痢疾。0/1886年 (1886 年) 长崎府知事、 草香雄长崎区 (市) 现代长崎市长俊金井与投入到实践中,和计划建设的供水。作为一个水厂工程师,邀请到长崎县,凑大学教授吉村长度措施。工程造价是长崎区年度预算约 7 40000 日元。300000 日元,相当于 8 倍。

创始长崎水务设施建设
发生了激烈的反对运动反对把财政的负担,累积的贸易商人 '贸易五换挡时间黄金'、 克服困难、 建成。创始人长崎自来水厂 (此河内高边的水务设施) 开始 4 月 0/1889年 (1889 年),0/1891年三月完成。横滨水务设施 0/1887年),其次是日本在第三级,坝的函馆水 0/1889年) 是日本的第一次现代化自来水厂。长崎在公民不错的设计也招致巨大的费用,甚至对日本的现代化遗产。

这河内高币水务设施
4/1889年、 0/1891 3 完成
水区: 长崎区和外星人的殖民地
人口: 60000 人,1 人 1 天供应的 91 升
大坝类型: 土壤坝地球水坝)
有效的水存储卷: 366 962 英尺 ²
大坝高度: 16。76 米,大坝长度: 128。02 米
顶宽度: 6。10 米
滤清器: 36。58 米 × 24。67 米) 3
储集层: 半地下结构 45。72 米 × 24。38 米)
0/1923年 (1923 年) 1。8 米坝嵩(Kasa)上ge

绘图和照片的说明
(1) 贯穿始终,这河内高币水务设施和该条所列下的平面图。配置从称重室,过滤池塘、 水库、 大坝 (坝)、 水塔、 引水隧洞。(2) 坝 (坝) 和行政步骤,引水隧道入口。(3) 饮用水从下游侧完成后,立即看到的照片。计量实验室、 污水池、 过滤池坝合照。(4) 明信片镜头适合饮用的水。(E) 当你掏出里面的水库水的图片。
金星这河内高边水务设施的全景视图
❷ 元川高前侧的大坝和走廊管理
❸ 建筑当时这河内高币水务设施
❹ 元川水净化厂塔基
❺ 内水库 (无水的状态)

吉村长度测量 (此河内高币水务设施的设计和建设署署长)
0/1860年 (1860 年) 和 0/1928 年 (1928 年))
出生于大阪僵原说。0/1885年 (1885 年),然后请到长崎县到 0/1886年大学土木工程专业毕业于工程部完成坝型水 0/1891年 (1891) 在日本的第一次。在长崎市的下水道中, 岛美嘉河变流构建水号 1 次扩展设计和监督。0/1893 年 (1896 年) 神户水务设施建设长度作为完成科布引水坝日本第一的混凝土坝)。此外,许多现代早期我们国家水设计和监督。在担任院长的建筑学校的佐世保海军区和 0/1900年 (1901),进行了教学的海军设施和监督。0/1920年 (1920 年) 成为了海军建设部主任。佐世保市八幡町是公墓。

元川 Taki 的大坝防洪措施 (新坝建筑)
1982/7/23,洪水损害预防在长崎举办和长崎损害为首作为一部分,本河大坝 (新坝) 塔基建成的洪水紧急大坝的业务。
老坝保存尽可能多的在建设中一座新水坝上游从老坝建成。
新坝顶高 28。2 米,高 28 的。2 米、 波峰长度: 158 米、 496000 m 2 总水库容量混凝土重力坝。

长崎县

本河内高部水道施設  日本最初のダム式水道 明治24年(1891)3月完成

創設長崎水道 の背景
 外国人遺留地が建設された長崎では、コレラ・赤痢など疫病の流行に悩まされた。明治19年(1886)、長崎県知事日下義男は、長崎区(市)に近代水道を建設することを計画し、長崎区長金井俊之と共に実行に移した。水道技師として、工部大学校教授吉村長策を長崎県に招請。建設費は、長崎区年間予算4万円の約7.8倍に相当する30万円となった。

創設長崎水道の建設
 この財政負担に対して、激しい反対運動が起こったが、貿易商人が蓄積した「貿易五厘金」を使い、困難を乗り越えて建設された。創設長崎水道(本河内高部水道施設)は、明治22年(1889)4月着工、明治24年3月完成。横浜市水道 (明治20年)、函館水道 (明治22年)に次いで日本で3番目、ダム形式では日本最初の近代水道。デザインも素晴らしく、膨大な経費を負担した長崎市民においても、日本に誇る近代化遺産である。

本河内高部水道施設
明治22年4月着工、明治24年3月完成
給水地域:長崎区・外国人居留地
給水人口:6万人、1人1日給水量91ℓ
ダム形式:土堰堤(アースダム)
有効貯水量:366,962㎡
ダム高:16.76m、ダム長:128.02m
天端幅:6.10m
濾過池:(36.58m×24.67m)3面
配水池:半地下構造(45.72m×24.38m)
大正12年(1923)1.8m堤体嵩(かさ)上げ

図面と写真の説明
 ①は本河内高部水道施設の全体の平面図であり、下には断面図が示されている。施設は堤体(ダム)、給水塔、導水隧道、濾過池、配水池、計量室から構成されている。②は堤体(ダム)と管理用階段、導水隧道入口である。③は完成直後の浄水場を下流側から見た写真。計量室、排水池、濾過池、堤体が写っている。④は浄水場を撮影した絵葉書。⑤は配水池の水を抜いた時の内部の写真。
➊本河内高部水道施設全景
❷本河内高部ダム正面と管理通路
❸建設当時の本河内高部水道施設
❹本河内高部浄水場
❺配水池の内部(水を抜いた状態)

吉村長策 (本河内高部水道施設の設計・工事長)
(万延元年(1860)~昭和3年(1928))
大阪府柏原氏出身。明治18年(1885)に工部大学校土木科卒、明治19年に長崎県に招請され、明治24年(1891)に日本最初のダム式水道を完成させた。長崎市では市内下水道、中島川変流工事、水道第1回拡張の設計・監督を行った。明治26年(1896)には神戸市水道工事長として神戸水道布引ダム(日本最初のコンクリートダム)を完成。このほか、我が国の黎明期の多数の近代水道の設計・指導監督を行った。明治33年(1901)に佐世保鎮守府 建築科長に就任し、海軍施設の指導・監督にあたった。大正9年(1920)には海軍省建築局長に就任。墓地は佐世保市八幡町にある。

本河内高部ダムの治水対策(新ダムの建設)
 昭和57年7月23日、「長崎大水害」と契機に洪水被害の防止を図るために、【長崎水害緊急ダム事業】の一環として、本河内高部ダム (新ダム)が建設された。
 新ダムの建設にあたり、旧ダムを極力保存するため旧ダムの上流に建設した。
 新ダムは堤高28.2m、堤高28.2m、堤長158m、総貯水容量496,000㎡の重力式コンクリートダム。

長崎県

テキスト化

yuraichan
2014-10-06 20:30 (1385)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2014/10/05)
タグ: 日見新道 明治新道 日見峠 auto-translate Himi 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2015/03/15)
タグ: 長崎市 眼鏡橋 中島川 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2014/10/05)
タグ: 眼鏡橋 国指定重要文化財 興福寺 黙子禅師 平戸好夢 auto-translate MEGANEBASHI Kofukuji 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2014/09/21)
タグ: 橋 日見宿 長崎街道 宿場 飛脚 代官所 auto-translate 長崎さるく 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2014/10/05)
タグ: 中浦ジュリアン 金鍔次兵衛 桜町牢 肥前長崎絵図 auto-translate Sakuramachi-Prison Nakaura-Julian Kintsuba-Jihyoe キリシタン サンフランシスコ教会 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2014/10/05)
タグ: 飛脚 長崎郵便役所 本博多郵便局 auto-translate 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2014/09/21)
タグ: 長崎さるく 佐賀藩 諫早日記 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2014/10/05)
タグ: 勝海舟 イエズス会 キリシタン禁教令 長崎奉行所 プチャーチン 長崎海軍 長崎県 長崎市
hamanobakeneko (2014/10/05)
タグ: 長崎開港 大村純忠 イエズス会 auto-translate 長崎県 長崎市