Monumento

ocr-generated 新設用水道碑の由来

kawa_sanpo

2016/10/29

タグ: ocr-generated 三重県 四日市市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 新設用水道碑の由来
明治三十五年(九00頃より大字茂福地内の耕地整
理事業が行われ、十四川の改修工事に伴い茂福町へ流
れる水路が無くなり、東茂福町の水田に水が入らなく
なりました。
そこで此の神より北に十四州の中間よりや町七百
六十米の増果による水路を通し各家々の敷地内に(マン
ボを設置して、明治三十七年(一九四)八月完成より、
大正・昭和中期まで、生活用水・防火用水として利用
をしていました。
しかし、東茂福の水田地帯に国道一号線の開通に伴
い水田は理め立てられ、その後昭和三十四年(一九五九)
伊勢湾台風の水害により暗渠に土砂が流れ込み、また
水源地の十四川の環境悪化のため、此の用水道は消滅
しました。
富田地区文化財保存会

テキスト化

monumento
2018-03-28 11:49 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 力石 三重県 四日市市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: ocr-generated 三重県 四日市市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: ocr-generated 三重県 四日市市
kawa_sanpo (2016/10/29)
タグ: 弘法大師 薬師如来 平城天皇 朝倉下総守盈盛 三重県 四日市市