Monumento

王子神社(由来)

kawa_sanpo

2014/10/11

タグ: 徳川家康 家光 王子神社 関神社 石神井川 小田原北条氏 綱吉 家治 家斉 吉宗 飛鳥山 大イチョウ 蝉丸法師 東京都 北区

案内板

auto-translate OJI shrines (origin)

Mikoto Karita Ito, Ito Mikoto, Amaterasu Omikami, speed ball, man lives, that solution Mikoto And Prince Okami to co from gongen Kishu Kumano three shrines to stone 神井川 along the Toshima clan ruled the 0/1322 ( 1322 ), Toshima County wants direction of Kumano, and was worshiped as the young one Prince Palace. This village name is renewed from kishimura Prince village, became the origin of the name Prince.
And also the shakujii River and otonashi River known in this region also soars Kishu place names. OJI shrine the Odawara Hōjō following the Toshima clan became Lord undertook the donation from Mr a in the Edo era, Tokugawa Ieyasu was donated 200 stone as was. It was renamed to two-thirds of gaotai village Prince. Temple at the Zen Wuyi yamakin Temple was adjacent to the OJI shrine, had become used to rest during Sun's visit and falconry generals. OJI shrine was established as a prayer place for Shogun Shogun and deeply concerned, third generation Shogun Iemitsu is newly built with DW, ordered Hayashi razan made young one Prince Engi emaki three volumes, has been dedicated.
Iemitsu's nurse, Kasuga station visit to pray for the fifth generation tsunayoshi, even then teenage House jigs, 11 generatin Qi DW construction repairs, does kando, dance hall and the grounds, counted 17, also setsumatsusha. Kishu Tokugawa family from Yatsushiro yoshimune was frequently visited the Prince of Kishu, was donated to plant cherry trees in asukayama. Aska mountain after this became a cherry blossom viewing spot and OJI shrines around the visit of many people as Edo tourist attraction.
OJI shrine especially made in the 7/13 Festival is also called spear Festival, suggest that was crowded with people buying small spear and many who haunts the dengaku jerk from Japan, etc.
In the Meiji era 0/1868 (1868), associate encyclical Festival Inc. and Tokyo ten companies chosen, was patron of the Tokyo North. Precincts of the pre-war sacred tree called 'Ota way irrigation rain vertebrae', was wooded lot is burned in the war for the existing environment, Tokyo, natural monument of Gingko is a valuable cultural heritage fled the war.

After the war, rebuilt by the whaling 権現造 DW, reached the current landscape. It is rare in the country and enshrined at the end concerning shrine cicada round monk, by Barber faith God God.

auto-translate 王子制纸圣地 (来源)

命莎乐美式的卡 Ito、 Ito 命、 速球、 天照大神 Omikami 人的生活,这种解决办法命

Co gongen 石神井川沿丰岛氏族的纪州的熊野三圣地从王子大神 》 裁定 0/1322年 1322年),都丰岛区县要野方向和被崇拜着年轻的一个王子宫殿。这个村庄的名字再次从岸村王子村,成为了王子名字的由来。也在这一地区被称为石神井河、 otonashi 也飙升纪州地名。
王子制纸靖国神社后都丰岛区西氏族的小田原宝城江成为主承诺从先生捐赠在江户时代,德川家康是捐赠的 200 石正如。它更名为三分之二的高台村王子。禅宗武义 yamakin 寺是毗邻王子神社,已成为用于在太阳的访问和鹰将军休息。王子制纸神社成立作为一个祷告的地方为幕府将军和深为关切,第三代幕府将军德川家光新建的与数据仓库,下令林拉赞了一个年轻的王子工程师编舞三卷,一直致力于。德川家光的护士,春日站访问为第五次代跟小哥,即使如此少女的房子夹具、 11 起动机齐 DW 施工维修,祈祷做小森、 舞厅和理由,也算 17,setsumatsusha。
纪州德川家庭从熊本敬宗被频繁地访问纪州王子,捐赠了在 asukayama 种植樱桃树。在此之后 Aska 山成为了现场和周围很多人作为江户旅游胜地的访问王子神殿的赏樱。王子制纸神社,尤其是在 7/13 节也被称为矛节、 建议,挤满了人们购买小矛和许多人萦绕着 dengaku 猛地从日本等国。
0/1868年明治时期 (1868),联想谕节公司和东京十公司选择,是东京北部的赞助人。
战前神圣树称为 'Ota 方式灌溉雨椎骨',选区树木繁茂的很多烧在现有环境中,东京战争中,银杏自然纪念碑是一份珍贵的文化遗产逃离战争。战后重建的捕鲸権現造 DW,达到目前的景观。

这是罕见的在这个国家,并已写入在结束了关于靖国神社蝉圆位修道士,理发师信仰神。

王子神社(由来)

御祭神 伊邪那岐命、伊邪那美命、天照大御神、速玉之男命、事解之男命

 元亨二年(一三二二)、豊島郡を支配していた豊島氏が、熊野の方向を望む石神井川沿いの高台に、紀州熊野三社権現から王子大神を勧請し、若一王子宮として祀られるようになりました。これにより村名が岸村から王子村に改められ、王子という地名の由来となりました。また、石神井川 がこの地域では音無川と呼ばれているのも紀州の地名に擬したとの説があります。
王子神社 は、豊島氏に続いて領主となった小田原北条氏 からも寄進をうけ、江戸時代には、徳川家康 が社領として200石を寄進しました。これは、王子村の村高の三分の二にあたります。別当寺は、王子神社に隣接していた禅夷山金輪寺で、将軍が日光社参や鷹狩の際に休息する御膳所となっていました。将軍家の祈願所として定められた王子神社は将軍家と関係が深く、三代将軍家光 は社殿を新造し、林羅山に命じて「若一王子縁起」絵巻三巻を作らせて奉納しました。家光の乳母である春日局も祈願に訪れ、その後も、五代綱吉 、十代家治 、十一代家斉 が社殿の造営修繕をし、境内には神門、舞殿などをそなえ、摂末社も十七社を数えました。
紀州徳川家の出であった八代吉宗 は、紀州ゆかりの王子をたびたび訪れ、飛鳥山 に桜を植樹して寄進しました。この後、花見の名所となった飛鳥山や王子神社周辺は、江戸近郊の名所として多くの人が訪れるようになります。特に七月十三日に行われた王子神社の祭礼は「槍祭」ともよばれ、小さな槍を買い求める人や田楽躍を見物する多くの人で賑わったことが見物記などからうかがえます。
明治時代にはいると明治元年(1868年)、准勅祭社となり、東京十社に選ばれ東京北方の守護とされました。
戦前の境内は「太田道灌雨宿りの椎」と呼ばれた神木をはじめ、多くの樹木が茂っていましたが、戦災で焼失したため、境内に現存する東京都指定天然記念物の大イチョウ は、戦災を逃れた貴重な文化財です。戦後は氏子一同により権現造の社殿が再建され、現在の景観に至っています。

末社 関神社  蝉丸法師 を祭神とし、理容業者により信仰されている全国でも珍しい「神」の祖神です。

テキスト化

yuraichan
2014-10-13 17:01 (935)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/10/11)
タグ: 蝉丸公 関蝉丸神社 王子神社 関神社 祇園精舎 東京都 北区
kawa_sanpo (2014/10/11)
タグ: 太田道灌 王子神社 石神井川 大イチョウ 豊島氏 東京都指定天然記念物 音無川 イチョウ auto-translate 東京都教育委員会 樹木 東京都 北区
hanacoco (2016/03/28)
タグ: 坂 北区教育委員会 東京都 北区
hanacoco (2016/03/28)
タグ: 北区教育委員会 東京都 北区