Monumento

住吉神社 の水盤舎・陶製扁額

kawa_sanpo

2014/10/18

タグ: 佃島 住吉神社 水盤舎 有栖川宮幟仁親王 陶製扁額 東京都 中央区

案内板

auto-translate Sumiyoshi shrine basin Hall, ceramic name plate

Location of Chuo-ku, tsukuda one-one-14
0/1646 ( 1646 ) was built to its present location after the Sumiyoshi shrine in the early Edo period, emigrated to Edo fishermen from tsukuda village in nishinari groups of settsu (Osaka City), tsukuda Island shrine is.
We are crowded, since it was founded, water relations, as well as tsukuda island under people by faith. Basin Hall is a gable of the zelkova wood, tile roof buildings. 0/1869 ( 1869 ), was remodeled in the same 44. Estimated basin Hall transom with reconstruction at 0/1869. Depression in front of the transom to the passing of the Ishikawa Island Lighthouse and tsukuda, side crept sails a shipping and steel boat, back to the views of the beach and also inside the carved ebb and tsukuda Island landscape.
Is cotton wholesaler Association donated the stone basin ( 1841 ) 0/1841 Milt tuples and looks. Name plate located on the front gate at the unusual ceramic, white at Kure amount is 染付kete or cloud.
0/1882 ( 1882 ) in June produced the amount of Prince arisugawa takahito is the author of.

Hall basin and ceramic name plate is both registered central city residents tangible cultural property.

3/1997 Central City Board of education

auto-translate 住吉神社盆地大厅,陶瓷铭牌

中央谷,佃田一-一-14 的位置

0/1646年 1646年) 建到现在的位置后住吉神社于江户初期,移居到江户渔民从佃田村子里摄津 (大阪市),佃田岛神社是西成组。
它自成立以来,我们是那么挤水分关系以及佃田岛下人们的信心。
盆地大厅是榉木木、 瓦屋顶建筑的山墙。0/1869年 1869年),是同一 44 改建而成。估计的盆地大厅气窗在 0/1869年重建。石川岛灯塔佃田,在通过气窗凹陷身边爬行的帆航运和钢的船,回到里面雕刻的低潮和佃田岛景观以及海滩的意见。是棉花批发商协会捐赠石盆 1841年) 0/1841年米尔特元组和外表。
铭牌位于前门在不寻常的陶瓷,白色在吴量是染付kete 或云。0/1882年 1882年) 在 6 月产生的王子 arisugawa 崇仁是作者的量。
大厅里盆地和陶瓷的铭牌是两个注册的中心城市居民有形文化财产。

3/1997

中央市教育局

住吉神社 の水盤舎・陶製扁額

所在地 中央区佃一ー一ー一四

 住吉神社は江戸初期に、摂津国西成群(大阪市)佃村の漁民が江戸に移住した後、正保三年(一六四六)に現在地に創建された佃島の鎮守です。
 当社は、創建以来、佃島の鎮護のみならず、水運関係の人々から厚い信仰を受けてにぎわいました。
 水盤舎 は欅材の切妻造、瓦葺きの建物です。明治二年(一八六九)に再建され、同四十四年に改築されました。水盤舎の欄間は、明治二年再建時のものを使ったと推定されています。欄間の正面には石川島の灯台と佃の渡し、側面には帆をはった回船や綱をうつ小舟、背面には磯の景色、また内側にも潮干狩など、佃島 の風景が彫られています。石造の水盤には「天保十二年(一八四一)白子組」と見え、木綿問屋組合が寄進したものです。
 正面鳥居の上にある扁額は、珍しい陶製で、白地に呉須で額字や雲文を染付けています。明治十五年(一八八二)六月に制作され、額字の筆者は有栖川宮幟仁親王 です。
 水盤舎と陶製扁額 は、共に中央区民有形文化財に登録されています。

 平成九年三月

中央区教育委員会

テキスト化

yuraichan
2014-10-20 21:47 (472)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/10/18)
タグ: 徳川家康 田蓑神社 佃島 住吉神社 住吉三神 神宮皇后 佃 住吉明神 江戸湊 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/24)
タグ: 東京都 中央区
kawa_sanpo (2014/10/18)
タグ: 佃島 住吉神社 龍神社 白木屋 龍王弁財天 東京都 中央区
sanpocafe (2014/11/21)
タグ: 鰹節問屋 住吉大神 堅魚木 大宝律令 養老律令 東京鰹節類卸商業協同組合 鰹塚 中弥 山崎節堂 池田弥三郎 東京都 中央区