Monumento

「一本檜稲荷」由来

cyberwonk

2014/10/18

タグ: 伏見稲荷 家光 綱吉 吉宗 お鷹野 御囲 一本檜稲荷 東京都 中野区

案内板

auto-translate Picks Cypress Inari "derived from Edo Shogun or daimyo, purports to release the Hawk (houyou) or falconry, were actively hunting birds and small animals to catch release tamed Hawk. For professional Falconer (takajou) and just general Hawk, keep and engage in falconry tame job.
Parabolic Hawk this Shogun and daimyo were called, Takano is it pointing guns other than hunting in General that after. And three generations Shogun Iemitsu was started, falconry in the Nakano district here is like. But the 5th Shogun tsunayoshi ' 生類 Ordinance of compassion ' established, abolished and falconry, here called the 御囲 vast (and pigpen) stray dog breeding facility was established.
Area called 200000 square meters more than the current Nakano station Nakano sunplaza Nakano Ward Office around is was on the site. Hachidai Shōgun yoshimune and even falconry, 0/1716 1716, in September, has been revived Nakano, Hawk is also. Thereafter, the shoguns almost Nakano towards 遊猟 that seems.

Especially more sporting to hachidai Shōgun yoshimune Nakano, peach tree planted the this place region by the life of yoshimune, became a cherry blossom viewing spot called "Taoyuan". Our "Picks Cypress Inari" of he is legend was built to help quell this age long before the river flooding and famine during the about the origin is not clear, according to local elders was the beginning.
However, total clearing of the Inari Shrine in Kyoto, Fushimi Inari is not directly linked to stability equals good harvest and life that God of grain, and eliminate disasters in rural areas from this origin-or also a legend almost to the point. So they overlook also is a small temple, hachidai Shōgun yoshimune praised Japanese cypress (hinoki) was and remains as an anecdote.

auto-translate 拿"所得的柏树 Inari

江户幕府将军或大名,其意是以释放 (喉友口腔喷剂) 鹰或猎鹰,积极进行捕杀鸟类和小动物们抓住释放驯服鹰。对于专业福尔 (takajou) 和只是一般的鹰,保持和从事鹰猎驯服工作。抛物型鹰这幕府将军和大名被称为,高野是它是指向非一般狩猎后枪。
而三代幕府将军德川家光开始了,在这里中野区的鹰就像。但第五届的幕府将军跟小哥 '生類慈悲条例' 成立,废除和鹰,这里叫御囲广阔 (和猪圈) 流浪狗繁育基地成立。区域称为 200000 平方米米比中野病房写字楼是当前中野站中野广场更是在网站上。
八大 Shōgun 敬宗和甚至放鹰狩猎,0/1716年 1716年九月份,复活了野鹰也是。此后,幕府几乎野朝着似乎的遊猟。特别是多到八大 Shōgun 义统中野体育,桃树种植这地方区域由敬宗的生活,成为了樱花观赏点称为"桃源"。

我们"拿柏伊纳里"的他是传奇建来帮助镇压这年龄很久之前的河水泛滥和饥荒期间关于起源目前尚不清楚,据当地长老的开始。然而,总结算 Inari Shrine 在京都,伏见 Inari 不直接链接到稳定等于好的收成和生活的谷物,那上帝并消除灾害在农村地区,从这个起源-或也几乎到了一个传奇。
所以他们忽视了也是一个小小的庙,八大 Shōgun 敬宗称赞日本柏树 (扁柏),仍作为一则轶事。

「一本檜稲荷」由来

江戸時代の将軍や諸大名は、放鷹(ほうよう)または鷹狩と称し、飼いならした鷹を放して小鳥や小動物を捕える狩猟を盛んに行いました。そのため鷹匠(たかじょう)といって将軍の鷹を預かって飼いならし鷹狩に従事する専門の職もありました。この将軍や諸大名の放鷹は、「お鷹野 」と呼ばれていましたが、後には鉄砲以外の狩猟全般のことを指すようになりました。
そして三代将軍家光 のころから、ここ中野方面での鷹狩が始まったようです。しかし五代将軍綱吉 は「生類あわれみの令」を定め、鷹狩も廃止し、当地には広大な「御囲 」(おかこい)と呼ばれる野良犬の飼育施設が設置されました。その面積は20万坪以上といわれ、現在の「中野駅」「中野サンプラザ」「中野区役所」周辺もその敷地だったようです。
八代将軍吉宗 になると、鷹狩も復活し、享保元年(1716年)9月には中野のお鷹場も再興されました。以後、歴代の将軍はほとんど中野方面に遊猟したようです。特に八代将軍吉宗の中野への遊猟は多く、吉宗の命によって、当地一帯は桃の木が植えられ、「桃園」と呼ばれた花見の名所となりました。

当「一本檜稲荷 」の由来については定かではありませんが、当地の長老によると遥か昔の時代、川の氾濫や飢饉の際、これを鎮めるために建立したものが始まりだったとの言い伝えがあるそうです。もっとも、稲荷神社の総元締めである京都の伏見稲荷 は穀物の神であり、農村地帯においては天災地変を無くすことがイコール豊作・生活の安定に直結するわけですから、この由来・言い伝えもほぼ的を得ているのではないでしょうか。
見過ごしてしまうほど小さな祠ですが、八代将軍吉宗が賞賛した桧(ひのき)があったとのことも、逸話として残っております。

テキスト化

yuraichan
2014-10-20 06:19 (742)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

cyberwonk (2014/10/18)
タグ: 吉宗 生類憐れみの令 徳川綱吉 囲町 警察庁警察大学校 警視庁警察学校 中野四季の都市 中野四季の森公園 東京都 中野区
kawa_sanpo (2016/10/09)
タグ: 徳川綱吉 東京都 中野区
kawa_sanpo (2014/09/20)
タグ: auto-translate 妙法寺 田中稲荷神社 旧高円寺村 高円寺天祖神社 稲荷講 堀之内新道 関口兵蔵 中野駅 東京都 杉並区
monumento (2014/03/17)
タグ: 関東大震災 天照大御神 伊勢神宮 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 太田道灌 東京都 杉並区
monumento (2014/03/17)
タグ: 大公孫樹 東京都 杉並区
monumento (2014/02/18)
タグ: 東京都 杉並区
sanpocafe (2014/09/13)
タグ: 東京都 杉並区
kawa_sanpo (2016/01/13)
タグ: 杉並区教育委員会 庚申信仰 東京都 杉並区