Monumento

ocr-generated 高崎市指定史跡

kawa_sanpo

2017/01/22

タグ: ocr-generated 群馬県 高崎市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 高崎市指定史跡
たかさきじょうし」
さんのまるそとがこいの ど い と ほり
二の丸外囲の土居と堀)
Takasakijyoushi
和磨直
箕輪城主井伊直政が徳川家康の命により、この地に城を築き箕輪よ
り移転したのは 長三年(一五九八)のことであった。築城にあたっ
て直政は、 田と呼ばれていたこの地の地名を松ヶ崎と攻めよう
とし、竜広寺の住持白稀に相談した。白竜は、諸木には栄枯があるこ
とを説き「成功高大」の意味 ら高崎と名づけるように進言し、これ
が採用された。「高崎」の地名はこうして誕生したといわれる(川野
辺寛『高崎志』)。
この地にはかって和田氏により和田城が築かれていた。直政により
新たに築かれた高崎城は、和田城址を取り込む形で築かれたといわれ
ており、坪数 五万ーハーニ坪にも及ぶ広大な城郭となった(土屋老半
「更正高崎 旧事記』)。築城にあわせ、城下 町の整備も開始され箕輪
城下から多くの寺院や町が移された。連雀町や 田町はこのとき箕輪よ
り移転した町である。また、城下町を囲む形で遠構と呼ばれる土塁と
堀も築かれた。
明治四年(一八七-)
の廃藩置県後、高崎城の
敷地は兵部省、次いで陸
り、乾櫓
多くの建
現在地
た。
面 堀 存や地建さ物を軍 敷
るいめ 管兵
を主てのれすに払じ
影としニさ設ら
ず土こめ営げすと省
めがら の °た兵下と轄部
えず塁のにや とるな
ニやた城縁な多り
にの堀め 内兵っく
昔丸は本は
のの現丸整を
文化14年「御城御土居通神植物木尺附絵図」
(県指定重巻文化財 櫻井家向「塩図進びに文書」より)
所 在 地 高崎市高松町五ーへほか
指定年月日 昭和五七年二月一七日
設置年月日 平成二五年三月二二日
高崎市教育委員会
日立年月日 昭和ラー

テキスト化

monumento
2018-03-28 10:54 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/01/22)
タグ: ocr-generated 群馬県 高崎市
vision (2018/06/07)
タグ: 群馬県 高崎市
vision (2018/06/07)
タグ: 群馬県 高崎市
vision (2018/06/07)
タグ: auto-translate 北村西望 39 群馬県 高崎市