Monumento

ocr-generated 小林一茶屋ほの地

kawa_sanpo

2017/01/28

タグ: ocr-generated 東京都 墨田区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 小林一茶屋ほの地
所在地 墨田区緑1丁目一番
紙芝寺
「子育像
江戸時代後期の俳人小林
券申要に属
茶は、宝暦十三年(一七六三)
五月、信濃国水内郡柏原宿(現
長野県上水内郡信濃町大字柏
原)で本百姓小林弥五兵衛の
長男として生まれました。本
名は小林信え、幼名は弥太郎
といいます。
長 三歳で母くにと死別し、ヘ
歳の時迎えた継母とは不和となり、「茶の生涯と作品に大きな影響を与えまし
た。十五歳の時に江戸へ奉公に出て、苦労多い生活の中で俳諧に親しみます。
やがて葛飾派の溝口恭丸や小林竹何に師事し俳諧を学び、各地を巡歴しながら
多くの俳人と交流し俳諧への理解を深めていきました。
「茶は文化元年(一八OW)十月、それまで住んでいた本所五ツ目大島(現
江東区大島)から本所相生町五丁目(現録一丁目一番の一部およびニ・三番)
小林一茶肖像(「一茶発句集上』より)
長野立長因意胞所在
みぞぐらそまるこはやしもくあ
ほんじょあいおいちょう
(「文化句帖』より)
の借家に移ります。家財道具が運び込まれた日に「茶は
寝始る共夜を竹の時雨哉
という句を詠んでおり、居宅の周辺には竹が植わっていたことがうかがわれま
す。一茶は五年ほどこの地を拠点に活動しましたが、文化五年十二月に衆から
(『文化五・六年句日記」より)
帰ると、留守中に借家が他人に貸し出されてしまっていました。
行年を元の家なしと成りにけり
以後弟子や後援者の家を転々とし、文化十年に故郷に戻りました。晩年は妻
と三男一女の死、度重なる病、住居の類焼などに悩まされながらも句を詠み続け、
文政十年(一八三七)六十五歳で亡くなるまでの作品数は約二万句に及びました。
主な著作に『父の終焉日記』、『七番日記』、『おらが春』などがあります。子
供や小動物への慈愛に満ちた作品がよく知られていますが、自らの境遇、都市
や農村の日常に生きる人々の姿、政治や社会に対する思いを千明な言葉で句に
詠んでおり、当時の社会状況や日常生活の実情を今日に伝えるものともなって
区教育委員会
います。
平成二十五年三月

テキスト化

monumento
2018-03-28 10:53 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/01/28)
タグ: 鬼平犯科帳 鬼平 軍鶏 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2017/01/28)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2017/01/28)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2017/01/28)
タグ: ocr-generated 東京都 墨田区