Monumento

市指定有形民俗文化財 (民俗)

kawa_sanpo

2017/02/11

タグ: 調布市教育委員会 施無畏印 市指定有形民俗文化財 飛田給石造瑠璃光藥師如来立像 飛田の原の石薬師 仙台藩士 松前意仙 東京都 調布市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate City designated tangible folk cultural property (folk) Toda Sekizhuang 瑠 璃 藥 来 来 所在地 所在地 飛 田 1 一 25 丁 Yakushido Designation July 12, 1945 This stone Buddha is said to be "the stone doctor of the original Toida", It is the object of common people&39;s faith. It was built by the former Sendai Fushi Matsumae Ysensen during the early Edo period (1684 to 87). After walking around the countries, Matsumae Zensen established Tobita Sakai as a place of life and tied a bond. It is said that, as a medical practice, it was enshrined and enshrined this statue to lead people to the enlightenment stage with the merits of the Yakushi-nagura who believe. The statue is a 140-cm statue, with a medicinal vase on the left hand, and a right-handed mark with a seal, which has a benevolent look. There is the inscription on the back of "the lord of the land, Matsumae Sensen Shigeyoshi 2 楽 貞 丙寅 丙寅 十 April 16th". At first, it was placed outdoors, but a Buddhist temple was built in the 4th year of Hiroki (1847), and it became enshrined in the hall. Chofu City Board of Education, November 30, 2012

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 城市指定有形民俗文化财产(民间)户田Sekizhuang瑠璃药来来所在地所在地飞田1一25丁Yakushido指定1945年7月12日这个石佛据说是“原来的Toida的石头医生”,它是普通人信仰的对象。它是由江户时代早期(1684年至87年)由前仙台富士松前重森建造的。在各国散步后,Matsumae Zensen建立了Tobita Sakai作为生活的地方,并建立了联系。据说,作为一种医疗实践,它被奉献并奉献给这个雕像带领人们进入启蒙阶段,相信Yakushi-nagura的优点。雕像是一尊140厘米的雕像,左手上有一个药用花瓶,另一个带有密封的右手标记,具有仁慈的外观。在4月16日的“土地之王,松前森森重义2楽贞丙ニ丙寅十”的背面刻有铭文。起初,它被放置在户外,但是在Hiroki(1847年)的第4年建造了一座佛教寺庙,并且它被供奉在大厅里。调布市教育委员会,2012年11月30日

市指定有形民俗文化財 (民俗)
飛田給石造瑠璃光藥師如来立像
 所在地 飛田給一丁目二十五番地 薬師堂
 指定 昭和四十九年七月十二日
 この石仏は「飛田の原の石薬師 」と言われ、庶民信仰の対象となっているものです。江戸時代初期、貞享年間(# 1684~87)に、元仙台藩士松前意仙 により造立されました。
 松前意仙は、諸国を巡り歩いたのち、ここ飛田給を生涯の地と定めて庵を結びました。医業のかたわら、信仰する薬師如来の功徳をもって、人々を悟りの境地に導こうと、自らこの像を刻んで安置したと伝えられています。
 像身は一四〇cmの立像で、左手に薬壺をのせ、右手は施無畏印 を結び、慈悲に充ちた表情をしています。背面には「施主為松前意仙行重二世安楽 貞享三丙寅四月十六日」の刻銘があります。
 はじめは野外に置かれていましたが、弘化四年(# 1847)に仏堂が建てられ、堂内に安置されるようになりました。
平成二十四年十一月三十日
調布市教育委員会

テキスト化

tenma
2019-07-22 11:29 (0)
tenma
monumento
2018-03-28 10:52 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 調布市教育委員会 行人塚 入定塚 松前意仙 市史跡 伊達藩士 端座叩鉦誦結 東京都 調布市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 市指定有形文化財 調布市教育委員会 彫刻 木造観音三十三身立像 法華経観世音菩薩普門品 長谷川五兵衛尉藤原正明 斉藤高徳 東京都 調布市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: ocr-generated 東京都 調布市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 市指定有形文化財 調布市教育委員会 梵鐘 工芸品 西光寺の仁王門 下野国天明 深大寺の梵鐘 東京都 調布市