Monumento

市史跡

kawa_sanpo

2017/02/11

タグ: 調布市教育委員会 行人塚 入定塚 松前意仙 市史跡 伊達藩士 端座叩鉦誦結 東京都 調布市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate City historic line people mound Address Toida Saki 1-chome 25th street Yakushido precinct Koshu highway and Oyama highway intersection Designated July 12, 1945 This mound is the Idezuka of the people of Matsumatsu, Sensen in Sendai. Yushi, who was a doctor and a doctor of Date, came to this end of his country&39;s journey to achieve the spirit of worshiping Buddhas in various places. After that, as the explanation of the stone Buddha, Yensen made a statue of Yakushi-nuri, and after great fulfillment, he dug a grave hole himself, and left the villager saying, "When the death of the wolf is when it is my life," It is said that it was settled on January 12th, the year of Genroku 15 (1702), after the end of the shamisen. After the death, a mound was built by the villagers and it is called "Gojinzuka". It is said that Zensen&39;s sensibility extends to villagers as well as to neighborhoods, and that people worship the depth of their mercy, build monuments and work hard in faith. In the folk religion history of the region, it has remained a great religious impression today for a long time of three hundred years. The present mound was refurbished in 1972, and experts excavated during this construction, confirming the existence of ashes. 1974 March 24 Chofu City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 城市历史线人民土墩地址Toida Saki 1丁目25街Yakushido区Koshu高速公路和Oyama高速公路交叉口指定1945年7月12日这个土墩是仙台松松,森森人的Idezuka。作为医生和约会医生的玉石,为了实现在不同地方崇拜佛陀的精神而走到了这个国家的旅程的尽头。在那之后,作为对石佛的解释,Yensen制作了一个Yakushi-nuri雕像,经过很大的实现,他自己挖了一个墓洞,然后让村民说:“狼死的时候就是我的生命”。据说,在三味线结束后,Genroku 15(1702年)的1月12日定居。死后,村民建造了一个土墩,称为“Gojinzuka”。据说,森森的敏感性延伸到村民和社区,人们崇拜他们的怜悯深处,建造纪念碑并努力工作。在该地区的民间宗教历史中,它在今天长达三百年的时间里仍然是一种伟大的宗教印象。现在的土墩于1972年进行了翻新,专家们在这次施工期间进行了挖掘,确认了灰烬的存在。 1974年3月24日调布市教育局

市史跡
行人塚
 住所 飛田給一丁目二十五番地 薬師堂境内
 甲州街道と大山街道との交差点
 指定 昭和四十九年七月十二日
 この塚は、仙台の人松前意仙入定塚 である。
 伊達藩士 にして医師であった意仙は、薬師如来に帰依礼拝の心があつく、各地の仏閣廻拝の心を遂げようと、諸国遍歴の末ここに足をどめた。その後、意仙は石仏説明のとおり、薬師如来像をつくり、大願成就後、自ら墓穴を掘り、村人に「鉦のやんだときは、わが命のつきたときである」と言い残してその中に入り端座叩鉦誦結 三味の末、元禄十五年(# 1702)一月十 二日に、入定したという。
 その死後、村人によって塚が築かれて「行人塚」と呼ばれている。
 意仙の感化は、里人はもとより近郷にもおよび、その慈悲の深さに人々は敬拝し、碑を建てて信仰に励んだといわれている。郷土の民間信仰史上三百年の長い間にわたり、今日なお大きな宗教的感化を残している。
 現在の塚は、昭和四十七年に改修されたもので、この工事の際に専門家が発掘し、遺骨の存在が確認された。
昭和六十三年 三月二十四日
調布市教育委員会

テキスト化

tenma
2019-07-22 15:43 (54)
tenma
monumento
2018-03-28 10:52 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 調布市教育委員会 施無畏印 市指定有形民俗文化財 飛田給石造瑠璃光藥師如来立像 飛田の原の石薬師 仙台藩士 松前意仙 東京都 調布市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 市指定有形文化財 調布市教育委員会 彫刻 木造観音三十三身立像 法華経観世音菩薩普門品 長谷川五兵衛尉藤原正明 斉藤高徳 東京都 調布市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: ocr-generated 東京都 調布市
kawa_sanpo (2017/02/11)
タグ: 市指定有形文化財 調布市教育委員会 梵鐘 工芸品 西光寺の仁王門 下野国天明 深大寺の梵鐘 東京都 調布市