Monumento

常善寺

kawa_sanpo

2017/02/18

タグ: 徳川家康 重要文化財 良弁 石田三成 草津宿 関ヶ原合戦 常善寺 叡尊上人 木造阿弥陀如来 二十五菩薩 足利義尚 滋賀県 草津市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tsuneshiji This temple is an old temple that is reported as the open base of Ryoke in the 7th year of Tenpyo (735). Later, I tell him that the superior of the wisdom leaders will be medieval in the second year of Kenji (1276). The current master principal wooden Amitabha Nyorai and Sannobun of the side samurai are believed to be imaged from the 3rd year of the president (1253) to the first year of the Yasudami (1256) by the lotus pedals and various stylized books, It is thought to be the image that received. Important cultural property. Also on the back wall of the same statue, 25 bodhisattvas are drawn precisely using a hard metal. It is a work of the same period as Sanshin, and it is a piece and represents the arrival of Amitabha. According to the picture of Kusatsu Inu Ota family, Tokugawa Ieyasu won the Sekigahara battle of Keicho 5th (1600), climbed Omi way from Yawata (Omihachiman-shi) and stayed at Kusatsu / Shozenji on September 19th. The temple&39;s temple at that time was supposed to have been donated to this temple by the will of Godo and the guest room where Ashikaga Yoshinobu issued as a member of the hook. Although there was little in the way, I caught the enemy general Ishida Mitsunari, etc. Ieyasu Koko was greatly pleased to call Hoshide Hoshi and gave Tabata five stones. In addition, because Ieyasu Kusatsu is the key point of Tokaido and Nakasendo, Ota family who had refrained from the side of Monk&39;s Munahide also suggested that they focus on the development of the ground of Kusatsu.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tsuneshiji这座寺庙是一座古老的寺庙,在Tenpyo(735)的第7年被报道为Ryoke的开放基地。后来,我告诉他,在Kenji的第二年(1276年),智慧领袖的上级将成为中世纪。据信,现在的主要木制阿弥陀佛Nyorai和侧面武士的Sannobun将从总统的第3年(1253年)到Yasudami的第一年(1256年)由莲花踏板和各种风格书籍成像,它被认为是收到的图像。重要的文化财产。同样在同一尊雕像的后墙上,使用硬金属精确绘制了25个菩萨。这是一个与三信同期的作品,它是一件作品,代表着阿弥陀佛的到来。根据Kusatsu Inu Ota家族的照片,德川家康赢得了Keicho 5th(1600)的Sekigahara战役,从Yawata(Omihachiman-shi)爬上Omi路,并于9月19日在草津/ Shozenji停留。当时寺庙的寺庙应该是由Godo的遗嘱和Ashikaga Yoshinobu作为钩子成员发布的客房捐赠给这座寺庙的。虽然路上没什么,但是我抓住了敌人将军石田光三等。家康科子非常高兴地给Hoshide Hoshi打电话,并给了塔巴塔五块石头。此外,因为Ieyasu Kusatsu是东海道和Nakasendo的关键点,从Monk Munahide一侧避免的Ota家族也建议他们专注于Kusatsu地面的发展。

常善寺
 当寺は、天平七年(# 735)、良弁 の開基と伝えられる古刹である。その後、建治二年(# 1276)に叡尊上人 が中興すると伝える。現在の本尊である木造阿弥陀如来 及両脇侍の三尊は、台座蓮弁ほか各所の墨書によって、建長三年(# 1253)から康元元年(# 1256)にわたって造像されたと思われ、宋様の影響を受けた像と考えられている。重要文化財 。また、同三尊像の背面の壁には二十五菩薩 が截金を用いて細密に描かれている。三尊と同時期の作で、一具となって阿弥陀の来迎を表している。
 草津宿 太田家の絵巻によると、慶長五年(# 1600)の関ヶ原合戦 に勝利した徳川家康 は、八幡(近江八幡市)から近江路を上り九月十九日に草津・常善寺に宿陣。そのときの寺の客殿は、鈎の陣で足利義尚 公が出陣した御殿や客室を遺命によって当寺に寄進されたものであったとされている。在陣はわずかであったが、敵将石田三成 などを捕らえ、家康公は大いに悦んで住僧一秀を召し、田畑五〇石を与えた。また、家康は草津が東海道や中山道の要地であることから、僧一秀の傍らに控えていた太田家も、草津の地の発展に力を傾注することを申し付けたとある。

テキスト化

tenma
2019-02-03 21:47 (0)
tenma
monumento
2018-03-28 10:46 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/02/18)
タグ: 問屋場 貫目改所 auto-translate 草津宿 39 滋賀県 草津市
kawa_sanpo (2017/02/18)
タグ: 登録有形文化財 草津市教育委員会 八百久店舗兼主屋 厨子二階建て 虫籠窓 滋賀県 草津市
wawa (2017/09/21)
タグ: 東海道 江戸時代 中山道 本陣 天保十二年 東海道五十三次 草津宿 籠屋 滋賀県 草津市
kawa_sanpo (2017/02/18)
タグ: 切妻造 登録有形文化財 草津市教育委員会 出桁 虫籠窓 吉川芳樹園店舗兼主屋 滋賀県 草津市