Monumento

「北限の海女 のふるさと」の歴史

kawa_sanpo

2014/10/22

タグ: auto-translate 久慈市 北限の海女 あまちゃん 小袖海岸 陸中海岸国立公園 三陸復興国立公園 海女 海士 素潜り漁 漁村 岩手県 久慈市

案内板

auto-translate Home of the Northern Diver ' of history
Filming location for NHK morning drama AMA-CHAN
Kuji, Iwate Prefecture, Ube City kosode coast is located in Northern Sanriku, specify the rikuchu Coast National Park 0/1971, Sanriku reconstruction National Park and has been renamed to 0/2013.
Bone spatula to abalone fishing from now on about 2500 years ago, Jomon people dived underwater, Ube City, AMA Furusato history made with deer bones excavated from futako-Midden.
In the feudal era by men of the kosode, Kuki (work), butt (oojiri), Noda AMA (AMA) is a sea fishing luxury ingredients such as abalone, sea cucumbers and sea urchins by in the traditional industry deeply was involved in.
Diving fishing grew as a fishing village culture, and the origin and occupation will eventually transition from men to women, women dive diver, and Meiji Restoration when the deadline has a history more than 100 years a lot more, and.
See Northern Diver' is in the women divers in the sea of kuji, collectively, AMA story AMA Club formed in 0/1956, which has been until today continuously defend as a diving catch by costumes, suri半 heaven or current. Kuji City tourism tagline is loved nationwide along with the natural beauty of the name kosode coast as sea amber Birch bouncy Earth Sea woman's northern hometown and'.

auto-translate 北部的潜水员的家园 ' 的历史
NHK 早晨戏剧 AMA 陈拍摄外景
枯寂、 宇部市 kosode 海岸位于北部的三陆,岩手县指定陆中海岸国家公园 0/1971 年,三陆重建国家公园和已更名为 0/2013年。
骨铲鲍鱼捕捞从现在大约 2500 年前,绳纹时代人们潜入水下,AMA 故乡历史用鹿骨出土二子负责垃圾的蚂蚁宇部市。
在由 kosode 男子封建时代,(工作),这种对接 (oojiri)、 野田佳彦 AMA (AMA) 是海上钓鱼豪华的成分,如鲍鱼、 海参和海胆的传统行业深深地被卷入。
随着捕鱼村落文化中,潜水捕鱼和起源和占领将最终从过渡男子与妇女、 妇女潜水的潜水者和明治维新时截止日期有着历史超过 100 年的很多,和。
看到北部潜水员 ' 是在妇女的枯寂,海中的潜水员集体,AMA 故事 AMA 俱乐部形成于已被直到今天不断捍卫作为潜水渔获量服饰、 suri半天堂或当前 0/1956 年。
枯寂市旅游口号爱全国以及海琥珀色桦木弹性地球海女人的北部家乡名称 kosode 海岸的自然之美和 '。

北限の海女 のふるさと」の歴史
NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん 」のロケ地
 岩手県久慈市 宇部町小袖海岸 は北三陸に位置し、昭和四十六年に陸中海岸国立公園 に指定、平成二十五年には三陸復興国立公園 と改称されました。
 宇部町「海女 のふるさと」の歴史は古く、今から約二千五百年前に縄文人が海中に潜ってアワビを採取するために、シカの骨で作った骨ベラが二子貝塚から出土しています。
 藩政時代には小袖・久喜(くき)・大尻(おおじり)・野田の男性による海士 (あま)は、伝統の素潜り漁によりアワビ・ナマコ・ウニなど高級食材を採取する海の産業に深く関わっていました。
 素潜り漁漁村 文化として育まれ、やがて男性から女性へと移り変わり、女性が潜る海女は生業が原点にあり、その期限は明治維新頃とされ、百年をはるかに超える歴史があります。
 「北限の海女」は久慈市の海で活躍する海女の総称で、昭和三十一年に海女クラブが結成され、現在のかすり半天等の衣装による素潜り漁として今日まで守り継がれてきた「海女物語」があります。
 久慈市観光キャッチフレーズ「白樺ゆれる 琥珀の大地 海女の海」として、名称小袖海岸の自然美と共に、全国に愛される「北限の海女のふるさと」です。

テキスト化

kawa_sanpo
2015-01-19 22:51 (20)
kawa_sanpo
kawa_sanpo
2014-10-22 22:35 (518)
kawa_sanpo

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/10/22)
タグ: auto-translate 防空壕 岩手県 久慈市