Monumento

茨城県指定有形文化財  建造物第六十六号

kawa_sanpo

2014/10/22

タグ: auto-translate 薬医門 水戸城 佐竹 茨城県指定有形文化財 茨城県 水戸市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Ibaraki Prefecture designated tangible cultural asset building, no. 66
Former Mito Castle of kuinji building
Specify 3/18/1983
This gate is just one thing existing old Mito Castle buildings, form the pillars in front of the's kuinji MIMA Ichinohe (sanngennikko) only the central entrance and exit between the three areas, ( finally Sanju ), marked with two side doors (wakitobira). This pillar supports the doors and the yakui gate (honnbashira) and pillar is then ( holding pillar tips go wonder ) in format stagger from the center position of the building's roof was supported by the appearance of the sides is not symmetrical.
Seen from the front and deep hotels for gate spacious and dignified, suitable for the daimyo's Castle Gate so many made. When erected the structures and techniques, estimated that with Azuchi-Momoyama period. Percentage amount of wood is used in each part of the building, i.e. kiwari (kiwari) is thicker, wood is used at the intersection of roof surface ( Ridgepole munagi ) is makeup hut is visible, has become a decorative as well as supporting the Ridgepole plate 蟇股 (itakaerumata) crossbar on technique of end warp of majestic, also cosmetic Rafter (たるき), pillar, supporting hotels digits (nokigeta) ( actual ancon Kasane hijiki ), lest the curved plate 蟇股 piece ( molding hollowed ye ) of shape and the, probably satake
Can be carried over to the Tokugawa clan during the age (1591 to 1602) said. Theories in the position of the gate was the gate of stately, considered the hashizume gate, namely main gate. Long was transferred to the Castle, 4/17/1970, Mito city building and becomes. Moved to this location near the old Castle proper 9/1981, suitable for this gate at the entrance to the restored. Changed into under thatch (thatch), as well as to repair the gabled roof, and copper roofing.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 茨城县指定有形文化资产栋 66 号
Kuinji 建筑前 Mito 城堡
指定 1983/3/18
这扇门只是一件事,现有老 Mito 城堡建筑,前面的支柱的 kuinji MIMA 一户 (sanngennikko) 仅中央入口和出口之间的三个领域,最后复式),带有两个侧开门 (wakitobira)。
这个支柱支持门和 yakui 门 (honnbashira) 和支柱是屋顶的那么控股支柱的提示去不知道格式趔趄地从这座建筑的中心位置) 屋顶的由双方的外观是屋顶的不对称的。从大门宽敞、 端庄,适合大名的城堡门口这么多作正面和深酒店。
当竖立的结构和技术,估计与安-桃山时代。百分比量的木材用于大楼的每个部分,即 kiwari (kiwari) 是较厚,木头用屋顶表面栋梁 munagi) 路口是化妆的小屋是可见的已成为一种装饰,以及支持大梁板蟇股 (itakaerumata) 横梁的雄伟,也整容的椽子 (たるき),支柱,酒店数字 (nokigeta) 实际肘卡萨内飞铺),以免弧形的板蟇股片成型中空叶形状) 端部翘曲的技术,可能佐 可以结转到德川氏族时代 (1591 至 1602年) 说。
理论在门的位置是门的堂皇,考虑桥诘门,即主要的门。长时间被转移到了城堡,1970/4/17,水户市建设和成为。移动到此位置附近适当 9/1981,适合这门恢复入口处的那座古城堡。在茅草 (茅草),以及修理的人字形屋顶和铜屋顶下变成了。

茨城県指定有形文化財  建造物第六十六号
水戸城 薬医門 一棟
   昭和五十八年三月十八日指定
 この城門は、旧水戸城の現存するただ一つの建造物で、形式は正面の柱の間が三つ、出入口は中央だけの三間一戸(さんげんいっこ)の薬医門 (やくいもん)、二つの脇扉(わきとびら)がついている。
 薬医門とは、扉を支えている本柱(ほんばしら)とその後にある柱(控柱 ひかえばしら)で支えられた屋根の棟の位置を、中心からずらす形式で、側面の姿は対称形ではない。正面から見ると、軒が深いため門はゆったりとして威厳があり、大名の城門にふさわしいので、多くつくられた。
 建立の時期は、構造や技法からみて安土・桃山期と推定される。建物の各部分に用いてある木材の大きさの割合、すなわち木割(きわり)は太く、屋根面の相交わる部分に用いてある木材(棟木 むなぎ)は見えるようになっている化粧棟木で、棟木を支えるとともに装飾となっている板蟇股(いたかえるまた)は雄大、また化粧垂木(たるき)の端の反り増しの技法、柱の上にあって軒桁(のきげた)を支えている横木(実肘木 さねひじき)や、えぐって曲面にした板蟇股の部分(繰形 くりがた)の形状などからみると、おそらく佐竹 氏の時代(1591~1602)に創建され、徳川氏に引き継がれたものといえよう。
 城門のあった位置には諸説があるが、城門の風格からみて橋詰御門、すなわち本丸の表門と考えられる。永らく城外に移されていたが、昭和四十五年四月十七日、水戸市指定建造物となる。昭和五十六年九月、この城門にふさわしい旧本丸の入口に近いこの場所に移築、復元した。その際部分補修をするとともに、切妻造りの屋根をもとの茅葺(かやぶき)にかえて銅版葺とした。

テキスト化

kawa_sanpo
2015-01-20 19:45 (8)
kawa_sanpo
kawa_sanpo
2014-10-22 23:24 (724)
kawa_sanpo

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/10/22)
タグ: auto-translate 徳川頼宣 源頼朝 水戸城 馬場資幹 江戸氏 佐竹義宣 佐竹 武田信吉 頼房 光圀 斉昭 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
タグ: 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
タグ: 茨城県 水戸市
kawa_sanpo (2015/02/14)
タグ: 茨城県 水戸市