Monumento

ocr-generated * 法雲山 仙壽院 恐革

hanacoco

2017/02/22

タグ: ocr-generated 東京都 渋谷区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated * 法雲山 仙壽院 恐革
富山は、正元年(六年)紀伊の太守徳川頼宣の生母
おの方(法名・養珠院紹思大の発願により
里見日鑑交の太守里見義康の次子)を開山として
創立された。従って江戸期は、紀伊徳川家、伊予西条
松平家の江戸表における菩提寺祈願所として、十分左の
格式をもって遇せられ、壮大な堂宇と庭園は江戸名所の
【つに数えられ、新日暮里しんひぐらしのさと)とも呼ばれていた。
お萬の方は、徳川家康の側室で紀伊徳川家の祖、頼宣
水戸徳川家の祖、頼房の生母でもあり、また法華経の信仰
驚く日蓮宗門の大外護者として知られている。
開山里見日菜(「源院日遊人)は、後に飯高檀林へ招かれ
多くの法弟を育成し、更に感後村田妙法寺(瑞せした。
日薩を本とする千駄ヶ谷法類は、富山を縁頭寺とする
ア期において隆盛を誇った帝力も明治維新の変革によって
交織し、明治十八年には火災によって全山焼失、その後里見
日隈院芽上人により復興されるも、昭和二千年戦災で
再び全山焼失した。更に昭和三十九年東京オリンピッグの道路事
などによって寺観は変したが、昭和平年には本堂、書院を再建、
昭和九年には書院、客殿を増築し、昔日には遠く及ばず
ながら復興し現在に至っている。
昭和六十三年十月吉日誌
4
4・

テキスト化

monumento
2018-03-28 10:41 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2017/02/22)
タグ: ocr-generated 東京都 渋谷区
gotosheng (2016/10/22)
タグ: 坂 Tōkyō-to Shibuya-ku
hanacoco (2017/02/22)
タグ: ocr-generated 東京都 渋谷区
gotosheng (2016/10/22)
タグ: 江戸名所図会 坂 東京都 渋谷区