Monumento

ocr-generated しょう りんご

hanacoco

2017/02/22

タグ: ocr-generated 東京都 渋谷区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated しょう りんご
聖輪寺案内

まっ
山号 観谷山 福聚院
にょいりんかんぜおんぼう
本尊如意輪観世音菩薩(伝行基菩薩作)
開基 行基菩薩 神亀二年(一五年)
中興開山 法印有光 明暦三年(一六五七年)
しんこんしん は
宗派 真言宗豊山派
「まっい
こうぼうだい」

だいえんじょこん ture
なお
まま描い
聖輪寺観音略縁起
神亀二年(七(五年)五月、行基菩薩北趣進行の時、此地に着く休息され
ました。谷の中より光がさし、聖如意輪観者が出現し、「此地は我に固辞
あり、よろしく我妻を略刺し、来世の衆生に結移させよ、広く利益を
与える事であろう」と中され、大きな古本の本に消えました。行基菩薩は
感激し、その古本を加持し、[尺五寸の如意輪観音像を駆み石の上に
安置しました。
これ故に山号を観谷山、寺号を更輪寺と号することとなった。
文明(四六九年]の唄、渋谷氏【門の何某、この尊像を深く信仰し、その
家は日々に来た、子孫繁栄、金資白在の身分となり、世の人々より黄金
長者と呼ばれるようになった。同氏は壁庁を営遠しこの整憧を歌いました。
南山法者丸という所はこの黄金世者の姓である。
天正(「五十三年)の頃、この国の金運が乗りこの動様を前の川へ運び、共
に水浴びして遊びました。不思議な事に、ある夜、更人の夢の中に身像が
現れ「特批昔、立建替日、日を浴びせし替により、一切の病難から救う
であろう、汝ら疑う事なかれ」と告げました。その頃、国中に池庵が流行
はしたが、この国の人々は病気から免れ、これ何に観者の大徳護命のしる
しであると、この時より尊像の麻を閉め秘仏として崇め奉りました。
又、慶安三年(一五九六年三月、蔵が忍び入り、この観音の双軍は、黄金
であると伝へ聞き、盤で取り去ろうとした時、守羅神の日か自然に自ら
所持していた盤に貫かれて死んだ。甲賀組の高橋四郎左衛門が観たりに
これを見、観者の養験に驚き堂守を再興して歌った。
これより観音は「目玉の観音」「千駄ヶ谷観音」と呼ばれ修仰を集めた。
『文政寺社書上』観谷山聖輪寺観音略縁起より
宝歴五年(一七五五年)真山小池坊僧正倍総録
尚『江戸砂子』に、「この江戸において千余歳を献える夏場は浅草観音と
当寺である」と記されている。
せん *
*

総本山 長谷寺 奈良県桜井市初瀬
慶安四年(一六五年)長谷寺の末寺となる。
祖師 宗祖 弘法大師(空海)ご宝号南無大師遍照金剛」
こうショッパないかくばん
中興祖興教大師(覚饅)ご宝号(南無興教大師」
ななせん そうじょう
涼祖 専誉僧正 ご宝号(南無寺僧正」
ぞう」
史 増巻法印の墓 宝永四年(一七〇七年)
当山第三世 甲州流兵学者「明良洪爺」の著者
れ 所 近世三十三観音札所 第二十番
御府内八十八ヶ所 第十番 阿波国切幡寺の移し
みまもり
行 事 見守不動尊大祭 五月二十八日
施餓鬼会 七月十七日
きりはたむ
彼岸中日法要 春分の日、秋分の日

テキスト化

monumento
2018-03-28 10:41 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2017/02/22)
タグ: ocr-generated 東京都 渋谷区
gotosheng (2016/10/22)
タグ: 江戸名所図会 坂 東京都 渋谷区
hanacoco (2017/02/22)
タグ: ocr-generated 東京都 渋谷区
hanacoco (2017/02/22)
タグ: ocr-generated 東京都 渋谷区