Monumento

疱瘡神社

kawa_sanpo

2017/04/02

タグ: 疱瘡神社 湯尾峠 疱瘡神社奉賛会 山梨県 上野原市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Pemphigus shrine Born in Echizen (Fukui prefecture) according to tradition in this area remains and records, during the Edo period at the beginning is of Pemphigus and RIM yunoo pass pock face woman fell in on the way of errant countries, thanks to the care of the villagers ' protect this land from the plague. Give the smallpox God "and with those words, he died.
So villagers from yunoo montake God of smallpox, Manji 4 years (1661) 3 months, Pemphigus shrine was erected. At that time, Pemphigus (smallpox) is highly contagious and indicate the fierce and mysterious symptoms, people think "this is a work of the demon," fear, praying to God and escape.
It is a long and deeply annoyed the Japanese invaded 6 century along with the introduction of Buddhism to Japan, put the number of dead repeat pandemic plague.

Therefore, from extinct Pemphigus by vaccination and his reverence for the smallpox God people are bygone days, is the Festival of the Pemphigus shrine March and December came on pilgrimage, but it also constantly aiming at maintaining the shrine, today, by people in the area were held festivals.
12/8/2013 Pemphigus shrine hosankai Association

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 天疱疮神社

出生于越前 (福井县) 根据传统在这个地区仍然和记录,在江户时期开始时是的天疱疮和 RIM yunoo 通麻脸女人爱上出格的国家,由于村民们关心的路上从瘟疫保卫这片土地。 给神天花",说完这些话,他死了。 所以村民们从 yunoo montake 上帝的天花,曼吉 4 年 (1661 年) 3 个月,天疱疮神社建成。
那时候,天疱疮 (天花) 是高度传染性和指示的激烈而又神秘的症状,人们认为这是工作的恶魔,"恐惧,祈祷上帝和逃生。 它是一项长期和非常恼火,日军 6 世纪佛教概论日本,把死重复大流行性流感瘟疫的数目。
因此,从灭绝天疱疮的天花的敬畏和疫苗接种人往日,神是神社 3 月和 12 月前来朝圣,天疱疮的节日,但是它也不断针对维持神社,今天,由该地区的人民举行了节日。

2013/12/8
天疱疮神社 hosankai 协会

疱瘡神社

 この地に残る伝承と記録によりますと、江戸時代の初め、疱瘡神と縁のある越前国(福井県)湯尾峠 生まれのあばた顔の老婆が、諸国遍歴の途中、この地で倒れ、村人の手厚い看護に感謝して「この地を疫病から護る。疱瘡の神を祀れ」と言い残して亡くなりました。そこで村人は湯尾峠から疱瘡の神を勧請して、萬治四年(一六六一)三月、疱瘡神社を建立しました。
 当時、疱瘡(天然痘)は、伝染性が強く激烈で不思議な症状を示すため、人々は「これは鬼神の仕業である」と考えて恐れ、神に祈って免れようとしました。わが国には六世紀に仏教伝来とともに侵入し、大流行を繰り返して多数の死者を出し、日本人を長くかつ深く苦しめた疫病です。
 そのため、人々の疱瘡神への崇敬は篤く、往時、疱瘡神社の三月と十二月の祭礼は参詣で賑わいましたが、種痘によって疱瘡が絶滅してからはそれも絶え、今日、地域の人々によって祭りが営まれ、神社の維持が図られています。

平成二十五年十二月八日
疱瘡神社奉賛会

テキスト化

yuraichan
2017-04-05 12:46 (427)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/04/02)
タグ: ocr-generated 山梨県 上野原市
kawa_sanpo (2017/04/02)
タグ: ocr-generated 山梨県 上野原市
kawa_sanpo (2017/04/02)
タグ: ocr-generated 山梨県 上野原市
kawa_sanpo (2017/04/02)
タグ: ocr-generated 神奈川県 相模原市