Monumento

鐘楼門 附銅鐘

kawa_sanpo

2014/10/26

タグ: 喜多院 鐘楼門 椎名伊予藤原重休 auto-translate 国指定重要文化財 門 川越市教育委員会 鐘楼 埼玉県 川越市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Belfry gate with bronze Bell

(Country specification important cultural property and monuments) Temple of kitain Edo Castle is considerably wider than the current, at belfry gate is in the middle of pleasing many precinct, positioned to jigenji the other side of the gate.
News: cue bronze Bell on top, led the monks daily deed possible. Bell Tower Gates is irimoya beam line between the longitudinal MIMA, with coshi in the tile. Lower cylinder constitute both sides door opening between the front Central Hardwood be tiles hit is on the other wall. Top 4 laps around edges and high field, hardened cylinder head penetration (wood w/nose), architrave, companies hold the plaiting spur it with out it. During their bei. For front Central flower head window and then on both sides between of Shuang-colored finish, the backside between the Central decorate richly-colored finish birds of flower head window and then on both sides between. Shiina Iyo Fujiwara heavy holiday work is 刻銘 0/1702 (1702) in the upper bells are hung.

0/1702 a copper Bell inscription is regarded as something on the great fire of 0/1638 (1638), judging from details of the construction is considered reasonable. 11/29/1946 specify the kawagoe City Board of education.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 钟楼门与铜钟
(国家规范重要文化财产和纪念碑)

基塔因江户城堡寺是比电流大得多,在钟楼门是取悦许多分局,定位到 jigenji 的中间门的另一边。 新闻: 提示青铜钟顶上,带领僧人日常行为可能。
贝尔塔 · 盖茨是 irimoya 光束线之间纵向的姑妈,与拼贴中的 coshi。 下缸构成之间中央硬木是瓷砖打在另一面墙的正面两面开门。 顶部边缘和高场,硬化的缸盖渗透 (木 w/鼻子)、 额枋,编结刺激它与它的公司召开 4 圈。 在其北。 对于前台中央花头窗口,然后对双方之间的双色完成,背面之间中央装饰丰富色完成鸟的头花窗口,然后双方之间。 椎名伊予藤原浓重的节日工作是刻銘 0/1702年 (1702) 挂上铃铛。 0/1702 铜钟铭文视为某种东西 0/1638年大着火 (1638 年),从施工细节来看是合理的。

1946/11/29 指定川越市教育委员会。

鐘楼 附銅鐘
国指定重要文化財・建造物)

 江戸時代の喜多院 の寺城は現在よりも相当広く、当時鐘楼門 は、喜多院境内のほぼ中央にあり、慈眼堂へ向う参道の門と位置づけられます。また、上層にある銅鐘を撞いて時を報せ、僧達の日々の勤行を導いたと考えられます。
 鐘楼門は、桁行三間、梁行二間の入母屋造、本瓦葺で袴腰が付きます。下層は角柱で正面中央間に両開扉を設け、他の壁面は堅板張の目板打です。上層は四周に縁・高欄をまわし、角柱を内法長押、頭貫(木鼻付)、台輪でかため、組物に出三斗と平三斗を組みます。中備はありません。正面中央間を花頭窓とし両脇間に極彩色仕上げの雲竜の彫物をかざり、背面も中央間を花頭窓とし両脇間に極彩色仕上げの花鳥の彫物を飾ります。上層には、元禄十五年(一七〇二)の刻銘がある椎名伊予藤原重休 作の銅鐘を吊っています。寛永十五年(一六三八)の大火に焼け残ったものともいわれますが、細部意匠などから判断して銅鐘銘にある元禄十五年頃の造営と考えるのが妥当だと考えられます。

 昭和二十一年十一月二十九日指定 川越市教育委員会

テキスト化

hanacoco
2016-02-03 17:04 (4)
hanacoco
yuraichan
2014-10-27 22:06 (468)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/12/21)
タグ: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
タグ: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
タグ: ocr-generated 埼玉県 川越市
kawa_sanpo (2014/12/21)
タグ: ocr-generated 埼玉県 川越市