Monumento

大山道道標 三軒茶屋駅付近

wawa

2016-03-13

タグ: 大山道 玉川電車 道標 矢倉沢往還 江戸 文政 修験道 昭和 東京オリンピック 文化 世田谷道 登戸道 二子道 寛延 代官屋敷 石橋楼 民俗信仰 石尊信仰 相模 将軍 auto-translate 茶屋 大山街道 三軒茶屋 旧大山道 新大山道 文化文政期 東京都 世田谷区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Mt. Road sign Sangenjaya Station Near Omamicho Inscription (Front) Left Southeast Road Omote Road (Left Side) Right Fuji Setagaya Road Dopputo (Right Side) Nikocho Era Year 2 Year (1749), Culture 9 Year (181 2) Reconstruction Inheritance The great mountain path is a common name for Yakurazawa return. This signpost is the stone bridge tower which was in the way of the former big mountain road (via the substitute office building) and the new big mountain road (said via Sakurashincho) said to have opened around the cultural and civilization period (via Sangenjaya&39;s place name) It was built at the corner of one). Oyama has joined the faith of Ishinba and the mountain Buddhist faith, which is an old folk belief, and has taken the lead as a practice ground for Sagami, and was respected by many people including the general. Especially after the Cultural Civilization Era the Oyama rituals such as the Edo Machiya became popular and many signposts were built along the Omachi way for the guide. This signpost was moved from point to point due to opening of the Tamagawa train and expansion of the road of the Tokyo Olympic Games, but in May of 1976 it was called as one of the 50th anniversary commemoration of the Sangenjaya Machi kai, the original position It was returned to near. (Oyama Highway)

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Mt. Road Road星座三轩茶屋站近Omamicho铭文(前)左东南路表情道(左侧)右富士世田谷道道Dopputo(右侧)Nikocho时代2年(1749年),文化9年(181) 2)重建遗产大山路是Yakurazawa回归的常用名。这个路标是前大山路(通过替代办公楼)的石桥塔和新的大山路(据Sakurashincho说)据说在文化和文明时期开放(通过Sangenjaya的地名)它建在一个角落里。 Oyama加入了Ishinba的信仰和山地佛教信仰,这是一种古老的民间信仰,并且已经成为Sagami的实践基地,并受到包括将军在内的许多人的尊重。特别是在文化文明时代之后,江户町屋等大山仪式开始流行,沿着大町方式为导游建造了许多路标。由于多摩川火车的开通和东京奥运会道路的扩建,这个路标从一点到另一点被移动,但是在1976年5月,它被称为三原再造的五十周年纪念之一,原始位置它被送回了附近。 (大山公路)

大山道道標 三軒茶屋駅付近

大山道

銘文
(正面)左相州道 大山道
(左側面)右富士世田谷道登戸道
(右側面)二子道

年代 
寛延 二年(一七四九)、文化 九年(一八一二)再建

伝来 
大山道は、矢倉沢往還 の俗称である。この道標 は、旧大山道代官屋敷 前経由)と、文化文政 期ごろに開通したといわれる新大山道 (桜新町経由)との分かれ道にあった石橋楼三軒茶屋 の地名の起こりの茶屋 の一つ)の角に建てられていた。
大山は、古い民俗信仰 である石尊信仰 と# 山岳仏教の信仰とが結合し、相模修験道 場として重きをなし、将軍 をはじめ多くの人々に尊崇された。とくに文化文政期 以降は江戸 町民などの大山詣りが盛んになり、その案内のため大山道沿道に多くの道標が建てられた。
この道標は、玉川電車 の開通や、東京オリンピック の道路拡張などにより点々と移されたが、昭和 五八年五月に三軒茶屋町会結成五十周年記念事業の一つといして、元の位置近くに復された。

大山街道

テキスト化

wawa
2018-07-20 21:15 (22)
wawa
wawa
2017-04-22 20:11 (11)
wawa
wawa
2017-04-22 20:09 (423)
wawa

コメント・周辺画像

wawa wawa 約1年

大山道道標 三軒茶屋駅前

wawa wawa 約1年

#<User:0x007f9deca5bab8> 大山道道標 三軒茶屋

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/12/23)
タグ: ocr-generated 東京都 世田谷区
sanpocafe (2014/09/05)
タグ: 江戸時代 大山道 茶屋 玉川電車 東京都 世田谷区
shijia (2016/04/25)
タグ: 阿弥陀如来 世田谷区教育委員会 恵心僧都 東都五色不動 五眼不動 東京都 世田谷区
wawa (2017/04/22)
タグ: ocr-generated 東京都 世田谷区