Monumento

ocr-generated OWAWA

wawa

2017/04/26

タグ: ocr-generated 神奈川県 平塚市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated OWAWA
ひらつかしゅく
塚宿 の 江 戸 見附
千原宿と加福千年新羅との間には、かつて松並木かあり、その松並木の
西端に写福江戸見郡がありました。
本来、見附は城下に入る門を示す「城門」のことをいい、城下に入る人々
を監視する見張り場の役目を持ちました。したがって、宿見附も宿の出入
うロを意味すると同時に、宿を守る防御苑長として義置されたことがうか
がえます。また、見冊は必ずしも福境(宿境は待示統で示す)を意味する
ものではなく、見附から正式に権内であることを示す施設でした。さらに、
猫と宿の間の距離は、この見解を基準としました。
千原宿の見附は二箇所。一般に江戸側の出入り口にあるものを江戸見附、
事例にあるものを上方見附と呼びました。この二箇所の見附の間が千塚宿
内で、町並みは本当に十日町六間(約一・五キロメートル)、来から十八軒町・
二十日町・東仲町・西仲町・柳町の五町で構成され、その中に本時、
本体、来・の問屋に二箇所、高札場、
明治14年増の平国家の江戸東照
林疑などがあり、江戸時代を通して二百
軒を超える町並みが続きました。
一般的に見神は、東海誰に対して直角
に位置するように設置され、土台部は希
屋で固め、土盛りされた頭上部は竹矢来
が極まれていました。
千原江戸見解は、流さ約ミ・六メー
トル、幅約・五メートル。高約-*
六メートルのお掃を台紙に積み頭部を
土盛りし、東海進に対して書満に対をな
し、両側の見婚は東に少しずれた刑で
武置されていました。
平成十三年(400-)+月
* 堺市

テキスト化

monumento
2018-03-28 10:12 (0)
monumento

コメント・周辺画像

wawa wawa 3年以上

東海道五十三次 平塚宿(旧東海道)の江戸見附

wawa wawa 3年以上

#<User:0x007f99c357cad8> 平塚宿の江戸見附(旧東海道) 東海道五十三次 

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/08/23)
タグ: 関東大震災 神奈川県 平塚市
wawa (2017/05/22)
タグ: 歌碑 神奈川県 平塚市
wawa (2017/04/26)
タグ: ocr-generated 神奈川県 平塚市
wawa (2017/07/12)
タグ: ocr-generated 神奈川県 平塚市