Monumento

横浜市地域有形民俗文化財

sanpocafe

2013-07-24

タグ: 寺尾稲荷道道標 三家稲荷 神社合祀令 鶴見神社 神奈川県 横浜市鶴見区

案内板

auto-translate Beach City region tangible folk cultural properties
Terao Inari road signpost
Registered 1/1/2006
Owner religious Corporation Tsurumi shrine

Era 0/1828 ( 1828 ) Terao Inari 道道 target studybased Inari was turning point to Terao, Kosugi area near Tsurumi bridge of the old Tokaido road (present Tsurumi River Bridge) was built in likely was moved upon by the village of Shinto shrine enshrined Decree, year of taishou era was moved to Tsurumi shrine studybased Inari.

Was found when drove in the Showa era in the early 1980s 30 was transferred to the shrine in Tsurumi studybased Inari Torii before retaining work buried in the signpost.
In front of the equestrian safety Terao Inari road.
On the right side "than come twenty five '
On the left side "1707-2 b Rooster February first horse day
Kanen 3 Geng am October reconstruction

Bunsei 11 dog child April reconstruction, "
And and twice building shuffled this signpost is a third generation, wells of Atsushi Terao Inari of faith can. Terao Inari is worshiped at the Western foot of Terao Joshi, currently place him a Baba is known as Inari-horse field is known as Terao Inari is old.

Was known as Inari that equestrian improvement is realized in the Edo period.
3/2007 Yokohama City Board of education

auto-translate 海滨城市地区有形民俗文化财产
德拉奥 Inari 公路路标
注册 2006/1/1
所有者的公司鹤见宗教圣地
0/1828年时代 1828年)

德拉奥 Inari 目标基础,结合宪政道道 Inari 是转捩点到德拉奥,小杉地区近鹤见老的东海路 (目前鹤见河桥) 桥始建于可能感动神社村庄后载入法令,太守纪元年份搬到神社基础,结合宪政鹤见 Inari。被发现时在昭和时代早期的 20 世纪 80 年代 30 驾驶被转移到基础,结合宪政鹤见 Inari 牌坊的神社保留埋在路标的工作之前。

在马术安全德拉奥 Inari 公路。
在右侧"比来二十个五 '
在左边"1707年 2 b 公鸡二月马的第一天
卡南 3 耿我 10 月重建
悲情 11 狗娃 4 月重建"

和两次构建洗牌,这个路标是第三代,井淳德拉奥伊纳里的信心可以。
德拉奥 Inari 拜德拉奥乔希西方脚下,目前他爸爸被称为 Inari 马领域被称为德拉奥 Inari 是老。被称为 Inari 马术的改进在江户时代实现。

2007 年 3 月
横滨市教委

横浜市地域有形民俗文化財
寺尾稲荷道道標
           平成十八年十一月一月一日登録
    所有者 宗教法人 鶴見神社
    時 代 文政十一年(一八二八)

 寺尾稲荷道道標は、旧東海道の鶴見橋(現鶴見川橋)付近から寺尾・小杉方面への分岐点にあった三家稲荷 に建てられていたもので、一村一社の神社合祀令 によって、大正年間に三家稲荷が鶴見神社 境内に移された時に、移されたと思われます。昭和三〇年代前半頃に、鶴見神社境内に移されていた三家稲荷の鳥居前の土留め作業を行なった際、道標が埋没しているのが発見されました。

 正面には  「馬上安全 寺尾稲荷道」
 右側面には 「是より廿五丁」
 左側面には 「宝永二乙酉二月初午
          寛延三庚午十月再建
          文政十一戌子四月再建之」

 とあり、二度建替えられ、この道標が三代目であり、当時の寺尾稲荷に対する信仰の篤さをうかがい知ることができます。
 寺尾稲荷は、寺尾城址の西山麓に祀られ、現在は地名が馬場をなったことから馬場稲荷と呼ばれていますが、古くは寺尾稲荷と呼ばれていました。江戸時代には馬術上達がかなえられる稲荷として知られていました。

 平成十九年三月
 横浜市教育委員会

テキスト化

yuraichan
2014-11-22 15:16 (525)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

sanpocafe (2014/09/12)
タグ: 横浜市教育委員会 神奈川県 横浜市鶴見区
sanpocafe (2014/09/14)
タグ: 島津三郎 生麦事件 神奈川県 横浜市鶴見区
shijia (2016/04/26)
タグ: 松尾芭蕉 句碑 川崎教育委員会 神奈川県 川崎市川崎区
osawagase (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 川崎市川崎区
osawagase (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 川崎市川崎区
kawa_sanpo (2015/04/12)
タグ: 神奈川県 川崎市幸区
sanpocafe (2014/11/22)
タグ: 川崎宿 神奈川県 川崎市川崎区
kawa_sanpo (2014/09/13)
タグ: 水門 高欄 東京都 大田区
cyberwonk (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 横浜市神奈川区