Monumento

高輪森の公園の歴史と庭園遺構

monumento

2013-10-09

タグ: 公園 後藤象二郎 朝香宮 東久邇宮 薩摩藩 島津家 東京都 港区

案内板

auto-translate History of the Takanawa forest park and garden ruins Takanawa forest park location was Edo period, Satsuma clan Shimazu family residence, his residence. Enters the Meiji era, and later became the residence of politician and shojiro goto as the residence of the imperial family used until 1947 ( 0/1947 ). Orchard is assumed to hit the Prince Asaka residence area. 1933 ( 0/1933 ) and Asaka Palace be moved to shirokanedai higashikuni Palace was used as residence.
Minato-ku ( 0/1975 ) in 1975, from the Ministry of finance entrusted the management, after leaving the nationals Crown Prince higashikuni Palace moved the imperial household Agency, Ministry of Finance (currently, the Ministry of Finance) and jurisdiction as the playground of the forest open to residents, 2006 ( 0/2006 ) in Minato-ku, from the Ministry of finance acquired land and the Takanawa Park opened. Currently, the Park seen garden ruins such as waterfall or stream channel. Guess was in emotional terrain using skillfully the garden.
Built in Asaka Palace residence times, or Prince higashikuni Palace residence times.

Terrain soon followed and these ruins is a valuable heritage part of the Takanawa forest park history.
Aerial photograph of 1947 ( 0/1947 )

Photo name ( USA-M389-69 ) land geographical Institute collection
Edo period (Satsuma clan Tsushima House residence, kakae-Yashiki)
0/1846 (1846)

See samples dingy housing Huan sono outside history books ' more organized
Early Showa ( Princely House mansion )
0/1934 (1934)

Organize more Tokyo Shiba district cadastral map
Early postwar ( the higashikuni Palace mansion of Prince higashikuni )
0/1947 (1947)

Organized than Ueno Apocalypse husband Shiba-Ku details diagram Map source: Minato-ku, more modern history drawings Takanawa, Platinum, Konan, Tokyo: Minato municipal Folk Museum

auto-translate 高轮森林公园和花园遗址的历史
高轮森林公园位置是江户时期,萨摩藩岛津家庭居住,他的住所。进入明治时代,后来成为作为皇室使用直到 1947年 0/1947年) 的住所的政客和钟二郎转到住所。果园被假定击中王子朝霞居住区域。1933 0/1933年) 和朝霞宫移到白金台东久迩宫用作居住地方。1975 年,从财政部委托管理、 离开的国民王储东久迩宫移动帝国家庭机构、 财政部 (目前,财务部) 和司法管辖权作为森林的操场向居民,开放后港区 0/1975年) 2006年 0/2006年) 在港区,从财政部获得土地部和高轮公园开幕。
目前,公园看到的花园遗址如瀑布或流通道。猜猜是在情感上地形巧妙地使用花园。建于朝霞宫停留时间或王子东久迩宫停留时间。
很快跟随了地形和这些废墟是高轮森林公园历史的宝贵遗产一部分。

空中相片 1947年 0/1947年)
照片名称美国-M389-69) 土地地理研究所收藏

江户时代 (萨摩藩津岛房子居住,kakae-矢铺)
0/1846年 (1846)
请参阅示例灰溜溜住房以外的历史书焕索诺更加有组织

早期昭和王室大厦 ()
0/1934年 (1934)
组织更多东京芝区地籍图

早期战后王子东久迩),东久迩宫大厦
0/1947年 (1947 年)
组织比上野天启丈夫芝 Ku 详细信息图

地图来源: 港区,更加现代历史图纸高轮、 白金、 科南、 东京: 港区市民俗博物馆

高輪森の公園の歴史と庭園遺構
 高輪森の公園 があるこの地は、江戸時代、薩摩藩 島津家 の下屋敷・抱屋敷でした。明治時代に入ると、政治家・後藤象二郎 の屋敷となった後、宮家の邸宅として1947(昭和22)年まで使われます。園地は、朝香宮邸の一画に当たるものと推測されます。1933(昭和8)年、朝香宮 が白金台に転居すると東久邇宮 が邸宅として使用しました。東久邇宮が皇籍を離脱した後は、宮内庁、大蔵省(現、財務省)と管轄が移り、1975(昭和50)年、大蔵省から管理を委ねられた港区が森の遊び場として区民に開放、2006(平成18)年には港区が財務省から用地を取得し、高輪の森公園を開園しました。
 現在、園内には滝や流路などの庭園遺構が見られます。地形を巧みに用いた情緒ある庭園であったと推測されます。朝香宮邸時代、あるいは次の東久邇宮邸時代に造られたものでしょう。
 今に続く地形やこれらの遺構は、高輪森の公園の歴史の一端を伝える貴重な遺産です。

1947(昭和22)年当時の航空写真
写真名(USA−M389−69) 国土地理院所蔵

江戸時代(薩摩藩津島家の下屋敷・抱屋敷)
(1846年:弘化3年)
「御府内場末住還其外沿革図書」より編成

昭和初期(宮家の邸宅)
(1934年:昭和9年)
「東京市芝区地籍図」より編成

戦後初期(東久邇宮が東久邇宮の邸宅)
(1947年:昭和22年)
植野録夫「芝区詳細図」より編成

地図の出典:港区近代沿革図集高輪・白金・港南・台場:港区立郷土資料館より

テキスト化

monumento
2014-04-14 11:43 (336)
monumento
monumento
2014-03-05 15:03 (3)
monumento
monumento
2014-03-05 15:03 (193)
monumento
monumento
2014-03-05 14:59 (109)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

gotosheng (2016/10/14)
タグ: 坂 東京都 港区
hanacoco (2015/12/22)
タグ: 坂 東京都 港区
hanacoco (2015/12/22)
タグ: 東京都 港区
hanacoco (2015/12/22)
タグ: 東京都 港区