Monumento

史跡 北雁木 (きたがんげ) 東海道舞坂宿

wawa

2017/05/06

タグ: 石畳 東海道 江戸時代 寛文 昭和 船着場 大名 浜名湖 雁木 舞坂宿 今切渡し 渡船場 明暦 旅人 auto-translate 北雁木 渡荷場 本雁木と呼ばれています 往還 浜松市教育委員会 静岡県 浜松市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate It was built from the 3rd year of the lunar calendar (1657) to the first year of Hirofumi (1661) at the trade fair of the Maikazaki side of the train bound for Hokkaido Maikazacho. After that, it was repaired several times due to disasters during the Edo period. The white part of the stone wall on both sides was reloaded because the stone wall collapsed in the typhoon of 1953 (1953). It is said that the gangchi is a docking station that is in a staircase shape, but it is said that it is "Ganba" locally in old days. In Maikazaki there were three fishing boats, but the southern side was mainly the loading place where loading and unloading was done, the middle is called the book Yamagi in the main fairway where the traveler used the most. This North Yamagi is mainly used by the Daimyo or the official government of the Shogunate, and cobblestone stone pavement (about 18 meters) has been laid down to the waterfront from the return trip. Hamamatsu City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 它是从农历的第3年(1657年)到Hirofumi的第一年(1661年)在开往北海道Maikazacho的火车的Maikazaki一侧的交易会上建造的。之后,由于江户时代的灾难,它被修复了好几次。两侧石墙的白色部分被重新装载,因为在1953年(1953年)的台风中石墙坍塌了。据说,群基是一个楼梯形状的对接站,但据说在过去是当地的“甘巴”。在Maikazaki有三艘渔船,但南侧主要是装卸的装载地点,中间在旅客使用最多的主要航道上称为Yamagi。这个North Yamagi主要用于大名或幕府的官方政府,鹅卵石铺设的路面(约18米)已经从回程中铺设到海滨。滨松市教育委员会

史跡 北雁木 (きたがんげ) 東海道舞坂宿

 ここは浜名湖今切渡し の舞坂宿側の渡船場 跡で明暦 三年(1657)から寛文 元年(1661)にかけて構築されました。その後、江戸時代 には災害で幾度か修復されています。 両側の石垣の白い部分は昭和 二十八年(1953)の台風で石垣が崩れたため積みなおしされたものです。
 雁木 とは、階段状になっている船着場 のこといいますが、地元では「がんげ」と昔からいっています。
 舞坂宿には三ヶ所の渡船場がありましたが、一番南側は主に荷物の積み降ろしをした渡荷場 、真ん中は旅人 が一番多く利用した主要渡船場で本雁木と呼ばれています
 この北雁木 は主に大名 や幕府公用役人が利用したところで、往還 から幅十間(約十八メートル)の石畳 が水際まで敷きつめられています。

  浜松市教育委員会

テキスト化

wawa
2018-09-08 20:37 (9)
wawa
wawa
2017-05-18 06:22 (374)
wawa

コメント・周辺画像

wawa wawa 約2年

史跡 北雁木(きたがんげ)   ここは浜名湖今切渡しの舞坂宿側の渡船場跡で明暦三年(1657)から寛文元年(1661)にかけて構築されました。その後、江戸時代には災害で幾度か修復されています。 両側の石垣の白い部分は昭和二十八年(1953)の台風で石垣が崩れたため積みなおしされたものです。  雁木とは、階段状になっている船着場のこといいますが、地元では「がんげ」と昔からいっています。  舞坂宿には三ヶ所の渡船場がありましたが、一番南側は主に荷物の積み降ろしをした渡荷場、真ん中は旅人が一番多く利用した主要渡船場で本雁木と呼ばれています。  この北雁木は主に大名や幕府公用役人が利用したところで、往還から幅十間(約十八メートル)の石畳が水際まで敷きつめられています。 浜松市教育委員会

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/12/29)
タグ: ocr-generated 静岡県 浜松市
kawa_sanpo (2016/12/29)
タグ: ocr-generated 静岡県 浜松市
kawa_sanpo (2016/12/29)
タグ: ocr-generated 静岡県 浜松市
wawa (2017/05/05)
タグ: 東海道 幕府 本陣 旧東海道 東海道五十三次 脇本陣 慶長 宿駅 大名 弘化 天保 舞坂宿 籠屋 東海道舞坂宿脇本陣 宿駅制度 相本陣 床の間 舞阪町教育委員会 静岡県 浜松市