Monumento

鰹塚

sanpocafe

2013-05-12

タグ: 鰹節問屋 住吉大神 堅魚木 大宝律令 養老律令 東京鰹節類卸商業協同組合 鰹塚 中弥 山崎節堂 池田弥三郎 東京都 中央区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Otsuka
Bonito wholesaler has been 奉賛 from the Edo period as a guardian of the occupation prosperity Sumiyoshi-no-Okami. Cylindrical ornament tree shrines resembling dried bonito on the Ridgepole "hardwood 魚木 are side by side.

Oldest codified in "Taiho ritsuryo" (701 years), Yoro ritsuryo (710 years) to the sea produce harmonic potential to Ken fish, simmered since ancient times the Yamato race tough fish, tough fish roasting juice (reduced extract) record there, bonito, and has been used as food preservation and flavoring.
Tokyo bonito, wholesale trade cooperative is bonito spirit grateful remembrance of, also please bumper, 5/1953 bonito mound was erected here.
The cost was funded entirely by voluntary subscriptions by Member 96 name.
In Iyo-cordierite ( height three shakus ) Kurama stone (7 scale height and width four Shaku), anvil stone mound stone.

K. surface of the nitten exhibition juror in bonito wholesalers 'inside' the shopkeeper Union members, see Yamazaki section Hall "said the inscription on the back is due to Professor Emeritus, Keio University" Ikeda, Saburo's. Tokyo bonito, wholesale trade cooperative association

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 大冢

鲣鱼批发商已从江户时代作为一个守护者的占领繁荣住吉-不-大神 》 奉賛。
类似的圆柱装饰树圣地干鲣鱼上大梁"硬木魚木是肩并肩。"大宝律令"古老编纂 (701 年)、 养老律令 (710 年) 向大海产生谐振势肯吃鱼,煨自古大和比赛艰难鱼、 艰难鱼烤汁 (减少提取物) 记录那里,鲣鱼,和已被用作食品防腐剂和调味。

东京鲣鱼,批发贸易合作社是鲣鱼精神感恩纪念的也请保险杠,5/1953年鲣鱼冢被竖立在这里。
成员 96年名经费完全由自愿订阅。
在伊予堇青石高度三 shakus) 鞍马石头 (7 缩放高度和宽度四释宗),石砧丘石。
K.表面的 nitten 展览陪审员在内部店主联盟成员的鲣鱼批发商,见山崎节堂""说背面的碑文是庆应义塾大学名誉教授池田、 三郎的。

东京鲣鱼,批发贸易合作协会

鰹塚

 鰹節問屋 は江戸時代から、住吉大神 を生業繁栄の守護神として奉賛してきました。
神社建築では、棟木の上に鰹節に似た円柱状の飾り木「堅魚木 」が横に並んでいます。わが国最古の法典である「大宝律令」(七〇一年)、「養老律令」(七一〇年)に海産物調賦に、堅魚、煮堅魚、堅魚煎汁(煮詰めたエキス)の記録があるように、大和民族は古来より鰹を食し、保存食、調味料としても利用してきました。

 東京鰹節類卸商業協同組合 は、鰹の御霊に感謝慰霊の意を込め、また豊漁を願い、昭和二十八年五月「鰹塚」をここに建立しました。
費用は組合員九十六名の積み立てによる浄財でまかなわれました。
 塚石は鞍馬石(高さ七尺、幅四尺)、台石は伊予青石(高さ三尺)であります。
表面の揮毫は、日展審査委員で組合員、鰹節問屋「中弥」店主でもある「山崎節堂」氏、裏面の碑文は慶応義塾大学名誉教授「池田弥三郎」氏によるものです。

東京鰹節類卸商業協同組合

テキスト化

yuraichan
2014-11-22 14:46 (413)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/10/18)
タグ: 田蓑島時代 田蓑神社 寛永年間 佃島 東京都 中央区
kawa_sanpo (2014/10/18)
タグ: 徳川家康 田蓑神社 佃島 住吉神社 住吉三神 神宮皇后 佃 住吉明神 江戸湊 東京都 中央区
kawa_sanpo (2014/10/18)
タグ: 佃島 住吉神社 龍神社 白木屋 龍王弁財天 東京都 中央区
kawa_sanpo (2014/10/18)
タグ: 佃島 住吉神社 水盤舎 有栖川宮幟仁親王 陶製扁額 東京都 中央区