Monumento

芦田宿(あしだじゅく)

kawa_sanpo

2017/06/03

タグ: 中山道 芦田宿 和宮 長野県 立科町

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tadashi (Ashida Jyuku) During the Keicho year, Nakasendo which was made by the Tokugawa shogunate was one of modern five-street roads and played the role of connecting between Edo and Kyoto. Ashida inn is a 26th inn in Nakasendo, the townscape of the hotel is between Rokumachi (about 700 m) the first year of culture (1804), Honjin, six tea houses, two commerce, three doctors There were eaves, two hair strands, one massage, etc. There were 45 farm households. Eiji genuine year (1861) On the seventh day of January, Shogun Shogun of Tokugawa Shogun, a row of Emperor Hiroyuki&39;s sister &39;Wakamiya&39; passed through Ashida lodges, which was bought for coalition partnership. At Kasatori Pass towards Nagakubo Inn (towards Ashida inn), past a steep uphill, a bid is settled in the pine woods at the tea house trace of Kasatori Pass at an altitude of 87 m. It came from the fact that the shade was blown away by the wind blowing to the pass. The pine trees of Nakasendo way began to improve the main roads such as Tokaido and the Tokugawa shogunate around the Keioi 7th year (1602). Avoid wind and snow in winter, plant trees of pine and cedar along roadside to rest the traveler in the shade under the summer. This pine trees is a thing of the time, it is left only here in Nakasendo, it is designated as a prefectural natural treasure. Along the national highway, about 100,000 rows of pine trees are following 200 meters. Honjin is the Honjin Tsuchiya who is showing a white plaster wall on the right of Ashida Central intersection in the reconstruction of Kansei 12 years (1800). In the back of the gate, the original entrance of the guest room, such as the entrance with the expression pedestal, the gable building between the five entrances, the first row of the Kyoto style, other halls, the family name room, the yuzu snow hide, etc. were almost completely removed There. Tokyo National Museum&39;s Collection of Egao "Ashida Inn" Conservation and Revitalization Project Tachinomachi Ward

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tajuku(芦田学校)庆长一年,中山道由德川幕府提出,是一个现代化的5条高速公路,它发挥了连接江户和京都交流的作用。作为Inn旅店中山道26个芦田,客栈的街道,在六町二十(约七百米)文化之间元年(1804),本阵,茶芽六家酒店,经济学院两间酒店,医生3屋檐下,两家酒店的美发师,一个房子的按摩,有这样的农民是45家。 Fumihisa元年(1861)单月七天德川幕府14茂,已为光华公武合体,姐姐的矩阵孝明天皇的“Kazunomiya”已通过客栈芦田过去了。 Kasatoritoge是过去的朝向和(芦田朝客栈)陡峭的上坡客栈Nagakubo,Kasatoritoge的在887米海拔茶芽的痕迹,现在是站立在Tatefuda的松树林。的事实,树荫在风肆虐山口吹。围绕1602年(1602)中山道德川幕府的松树开始主要道路如东海道的发展。冬季为了避免风和雪,夏天为了休息,树荫下的旅客,种植松树和雪松在路边。松树是时间的事,所剩下的只是在这里中山道,它已被指定为县的天然纪念物。大约一百本书松树沿着国道之后200米。本阵是17892年(1800年)的芦田土屋本阵房子是示出白色灰泥壁,以重建所述中心交叉点的右侧。在门的后面,门口标有Shikidai,正面五间酒店的深度十一山墙建筑之间,除了京都风格上,椒房,Yudono Setchin,原始形态的房间,间厅等已经离开几乎完全那里。抚摸“芦田店”保护和活化业务蓼科町町区的东京国立博物馆的笑容,

芦田宿(あしだじゅく)

慶長年間、徳川幕府によってつくられた中山道 は、近世五街道ひとつであり、江戸と京都の交流を結ぶ役を果たしていた。
 芦田宿 は中山道二十六番目の宿として、宿の町並みは、六町二〇間(約七〇〇メートル)文化元年(1804)には、本陣、茶屋六軒、商科二軒、医師三軒、髪結二軒、按摩一軒、などがあり農家は四五軒であった。
 文久元年(1861)一一月七日、徳川一四代将軍家茂に、公武合体のため降嫁された、孝明天皇の妹『和宮』の行列が芦田宿を通過された。笠取峠は長久保宿に向って(芦田宿に向って)急な上り坂を過ぎると、標高八八七メートルの笠取峠の茶屋跡には今は松林の中に立札が立っている。峠に吹き荒れる風に笠が吹き飛んだことからついた。
 中山道の松並木は慶長七年(1602)頃徳川幕府は、東海道などの主要街道の整備を始めた。冬は風雪を避け、夏は木陰で旅人を休ませるために、沿道に松や杉を植林した。この松並木は当時の物で、中山道ではここだけに残されており、県の天然記念物に指定されている。国道に沿って約一〇〇本の松並木が二〇〇メートルつづいている。本陣は寛政一二年(1800年)の再建で芦田中央交差点の右に白い漆喰壁を見せているのが本陣土屋家。門の奥には、式台の付いた玄関、間口五軒奥行一一間の切妻造り、京風上段の間ほか広間、小姓部屋、湯殿雪隠、など客室の原形がほぼ完全にのこされている。
東京国立博物館所蔵
えがおのふれあい「芦田宿」保全・活性化事業
立科町町区

テキスト化

tenma
2017-06-12 12:30 (635)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

wawa (2021/03/28)
タグ: 中山道 五街道 芦田宿 松並木 長野県 立科町
kawa_sanpo (2017/06/03)
タグ: 芦田宿 岩間忠助 長野県 立科町
kawa_sanpo (2017/06/03)
タグ: 中山道 長野県教育委員会 立科町教育委員会 芦田宿 長野県 立科町
kawa_sanpo (2017/06/03)
タグ: 中山道 1597 芦田宿 長野県 立科町