Monumento

おのみち海辺の美術館

ogaworks

2012-12-03

タグ: 尾道ライオンズクラブ 広島県 尾道市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Only a museum in the seaside, a town where you would like to look back, a town that does not have a feeling that reminds me of the surprise and nostalgia when I looked through the drawers I had forgotten. This year, Onomichi city celebrated 110th anniversary, Onomichi Lions club celebrated its 50th anniversary. Opening this port in the history of the 840 years repeatedly, in this time as a joint commemorative project "Omi shchi seaside museum" was created, as part of the concept of "vibrant sensibility alive art culture culture" plan to promote town development . The exhibition panel decorated three replicas of prominent painters and 13 replicas of the [Onomichi Prize] Grand Prix of the "City of Paintings Onomichi 4 Seasons" sponsored by the city on this seaside promenade, and the birth of a sunny museum was born . "Picturesque town Onomichi Shiki Exhibition" was held in 1983, the first one was held every other year, celebrating 13 times last year. More than 1,000 works are distributed everywhere from all over the country. Every place such as ancient temple, seaside, slope, alley, etc., the town&39;s stupendousness always lives in a slow flow. The admiration of comfort will be the painter&39;s heartfelt and he will have run the paintbrush. Today, please become a traveler who finds "your Omiichi" only for 1 day. It is satisfying if you fully enjoy the lyrics of this town that always shines richly with the four seasons. Please, take a look at it slowly. And please visit again after a while. Surely the contents of the drawer will shake your heart. March 2009 Commemorating the 110th Anniversary of the Onomichi City Municipal Enforcement Project Onomichi Lions Club Formed 50th Anniversary Project

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 只有海边的博物馆,一个你想要向后看的小镇,一个没有感觉的小镇,当我通过我已经忘记的抽屉里看过时,这种感觉让我想起了惊喜和怀旧。今年,尾道市庆祝成立110周年,尾道狮子会庆祝成立50周年。在840年的历史中反复开放这个港口,在这个时期,作为一个联合纪念项目“近江一池海边博物馆”被创建,并且作为“充满活力的感性生活艺术文化城市”概念的一部分,我试图促进城镇发展。这个展览面板装饰了三个着名画家的复制品和13个由这座海滨长廊赞助的“城市绘画Onomichi 4 Seasons”的[尾道奖]大奖赛的复制品,并且诞生了一个阳光明媚的博物馆。 “风景如画的小镇尾道四季展”于1983年举办,第一届每年举办一次,去年举办13次。来自全国各地的1000多件作品分布在世界各地。古老的寺庙,海边,斜坡,小巷等各个地方,这个城镇的壮观生活总是缓慢的。舒适的钦佩将是画家的衷心,他将运行画笔。今天,请成为仅在1天内发现“您的Omiichi”的旅行者。如果你充分享受这个四季总是闪耀的小镇的歌词,那是令人满意的。请慢慢看看它。过一段时间后请再次访问。当然,抽屉的内容会震动你的心脏。 2009年3月纪念尾道城市执行项目110周年纪念尾道狮子会成立50周年纪念项目

おのみち海辺の美術館
行き過ぎて、ふと振り返りたくなる町、忘れていた引き出しの中をのぞいて見た時の驚きと懐かしさを思い起こさせる、気どりのない町「尾道」。
 今年、尾道市は市制施行110周年、尾道ライオンズクラブは結成50周年を迎えました。
 開港840年の歴史を重ねたこの町に、この度共同記念事業として「おのみち海辺の美術館」を創り、「活力あふれる感性息づく芸術文化のまち」構想の一環として、町づくり推進を図りました。
 展示パネルは、著名な画家のレプリカ3点と、市主催の「絵のまち尾道四季展」の【尾道賞】グランプリのレプリカ13点をこのシーサイド遊歩道に飾り、陽の当たる美術館の誕生となりました。
 「絵のまち尾道四季展」は、1983年に第1回が開催され、以後隔年開催し、昨年13回を迎えました。応募数は毎回1,000点以上の作品が全国から寄せられています。
 古刹・海辺・坂道・路地など、どこをとっても町のたたずまいは、いつもゆっくりとした流れの中に宿っています。安らぎの憧景は、画人たちの心ばえとなり絵筆を走らせたことでしょう。今日、1日あなただけの「おのみち」を見出す旅人となって下さい。四季を湛えて、いつも豊かに輝くこの町の叙情を十分に満喫していただければ満足です。
どうぞ、ゆっくりとご鑑賞下さい。
 そして、時を経て再び訪れて下さい。きっと引き出しの中身が心を揺らすことでしょう。
2009年3月
尾道市市制施行110周年記念事業
尾道ライオンズクラブ 結成50周年記念事業

テキスト化

ogaworks
2018-02-23 16:12 (635)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ogaworks (2015/03/02)
タグ: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2014/12/12)
タグ: 坂 尾道 千光寺 井戸水 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
タグ: ocr-generated 広島県 尾道市
ogaworks (2015/03/02)
タグ: ocr-generated 広島県 尾道市