Monumento

名勝 小金井(サクラ)

cyberwonk

2014/11/22

タグ: 徳川吉宗 歌川広重 大田南畝 小平市教育委員会 佐藤一斎 小金井市教育委員会 川崎平右衛門定孝 大久保狭南 三好学 東京都 小平市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Katsukanei Koganei (Sakura) The cherry blossoms of Koganei Tsutsumi were born in the Yoshinori Yoshimune era in the era of Yatsugi Shogun Tokugawa Yoshimune during the second year of the original sentence (1737), Kawasaki Heionemon Sadao, by Yamawa&39;s life, Yoshino and Hitoshi (Ibaraki) Prefecture), such as Sakuragawa, and planted seedlings from the snow cherry blossom spots around the Koganei bridge over six kilometers of the Tamagawa Kamimizu coast. This is said to be due to reasons such as cherry blossoms preventing the collapse of the bank, petals and the like erasing the poison of the water, in addition to the bustle of Nitta. When the Chinese student Okubo Nanami from the Tama area (now Higashi Yamato City) about sixty years after planting trees was introduced to the world as one of the "Musashino Hakkei", cherry blossoms from Edo Increasing, it came to appear in travel memorials by literatians such as Katagiri Sato "Koganei Bridge Osamu Cherry Blossoms" and Namida Ohta "Chofu Diary" etc. Particularly the scenery of cherry blossom trees shining in Tamagawa Kamimizu became famous with the background of Mt. Fuji behind, such as "Edogiri Suburbs Hakkei Inoue Koganei Bridge Nogizi" written by the first Utagawa Hiroshige. Large-scale reprocessing was carried out by neighboring villages by the shogunate&39;s life as a result of the cherry blossom viewing of Shogun Shoji (184) general shogun (the later thirteen shogunate general), and the scenery of a row of cherry blossoms was prepared. In 1883, the Emperor Meiji performed a cavalry and was happily served as a sightseeing spot for the first Kanto cherry blossom, along with Yoshino in the West, and on April 18, 1889, When the Kobu Railroad opened, more people crowded with flowers. Cherry blossoms at Koganei Tsutsu are diverse natural varieties as each one such as the color of young leaves, the color of flowers, the size of shape, early bloom, late bloom and so on are different by research studies of the University of Tokyo Miyoshi studies (botany) It was designated as a scenic site of Yamano · Sakuragawa etc. together with Yoshino · Sakuragawa etc. by December 9th Taisho (1924) as a large collection site of Yamazakura unparalleled by other historic sites "Natural Monument of Natural Monument preservation law". In this scenario designation, conservation activities consolidated as public and private by the "Koganei Hosakurai" established in 1913 at the center, mainly by village heads of Kodaira, Koganei village, Haya village, Musashino village, etc. contributed greatly Did. After the war, Scenic spot Koganei (Sakura) declined year by year due to aging of trees and urbanization of the surroundings, but that it was designated as a historic site on August 27th in Heisei 15 (2003) By the collaboration of Tokyo Metropolitan Government, local governments and citizen groups, Yamana cherry tree seedlings that inherit genealogies such as Yoshino and Sakuragawa are planted, and the cherry blossoms of the scenic spot Koganei is rebuilt and resurrected. August Heisei City Education Committee Koganei City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 樱花胜小金井(樱花)小金井波峰,围绕1737年(1737),时代8号将军德川吉德川幕府崎HiramigiEmon祯子是,大和吉野和日立(奈良县)的生活(茨城来自全国各地的樱花,如县的樱)的命令苗,它是什么是种植在两个银行的小金井桥玉川6公里的中心。这一点,除了热闹的新田的顺序,樱桃树根防止银行倒闭,如花瓣被认为是由于如下原因而关闭的水毒。约六十多年后,在1797年里,它被种植(1797),和多摩地区(现东大)认为,汉学的大久保Semaminami来介绍为“武藏野八景”之一的世界里,樱花从江户时代观看人次增加,现在出现在写游记等由文人如伊萨伊·萨托“小金井桥Kan&39;o符号”和Nanpo大田“调布日记”。特别是针对富士山,如初级歌川广重的背景下,吸引了“近江户八景敬之内小金井桥YuTeru”,樱花树的景观玉川闪耀名声大振。 1844年几年在(1844年),王子(后来的13代将军常数)的Kan&39;o将军之后,大规模的补种是由幕府的生命邻村进行,这是樱花树的风景线。 1883年,年(1883年),如皇帝是美雪骑兵,作为第一樱花的景点关东,被称为以及吉野西部,1889年三年(1889年)四月11天当KinoeTakeshi铁路被打开,它与更多的开花观众拥挤。樱花小金井堤,由东京大学的三好博士(植物学),颜色,花的颜色,大小的形状,提早开花的嫩叶的研究中,有一个广泛的一种天然存在的变体不同的是,如晚开花作为无与伦比的山樱花的种植土地的主要集合,由1924年三年(1924年)十二月初九“名胜和自然景观保护法的历史的地方”,被指定为旅游景区以及吉野樱等。该景区以指定,小平村和小金井村和1913年中央和类似村长(1913)存储活动豪雅村和武藏野村在公共和私营部门一起通过成立“小金井Hosakurakai”到大的贡献这是。战争,景区小金井(樱桃),已经从逐年下降会根据周围的老化和树木的城市化进程,使玉川已经在历史遗址于2003年多年来一直规定(2003年)8月27日之后机遇,通过东京,地方政府和民间组织的合作正在补种山樱花的树苗接管吉野和樱等,景区内的樱花树的小金井播放的家谱,复活一定会实现。 2011年教育的教育小金井市教育局月小平市教育局

名勝 小金井(サクラ)

 小金井堤の桜は、元文二年(1737)頃、八代将軍徳川吉宗 の時代、幕府の命により川崎平右衛門定孝 が、大和(奈良県)の吉野や常陸(茨城県)の桜川など各地の桜の名所から種苗を取り寄せ、小金井橋を中心に玉川上水両岸の六キロメートルにわたり植えたものです。これは、新田の賑わいのためのほか、桜の根が土手の崩壊を防ぎ、花びらなどが水の毒を消すなどの理由によるものといわれています。
 植樹されておよそ六十年後の寛政九年(1797)、多摩地域(現東大和市)出身の漢学者大久保狭南 が「武蔵野八景」の一つとして世に紹介すると、江戸からの花見客が増え、佐藤一斎『小金井橋観桜記』や大田南畝『調布日記』など文人による紀行文等に登場するようになりました。特に初代歌川広重 が描いた「江戸近郊八景之内小金井橋夕照」などによって富士山を背景とし、玉川上水に映える桜並木の風景が有名になりました。天保十五年(1844)の将軍世子(のちの十三代将軍家定)の観桜を契機に、幕府の命により近隣村々によって大規模な補植が行なわれ、桜並木の景観が整いました。
 明治十六年(1883)には、明治天皇が騎馬で行幸されるなど、関東第一の桜の名所として、西の吉野と並び称され、明治二十二年(1889)四月十一日、甲武鉄道が開通すると、いっそう多くの花見客で賑わいました。
 小金井堤の桜は、東京大学三好学 博士(植物学)の調査研究により、若葉の色、花の色、形の大きさ、早咲き、遅咲きなど一本一本が異なるほど多様な天然変種があり、他に類を見ない山桜の一大集植地として、大正十三年(1924)十二月九日「史跡名勝天然記念物保存法」により、吉野・桜川等と共に名勝に指定されました。この名勝指定には、小平村・小金井村・保谷村・武蔵野村の村長等を中心として大正二年(1913)に設立された「小金井保桜会」による官民一体となった保存活動が大きく寄与しました。
 戦後、名勝小金井(サクラ)は、樹木の老化や周辺の都市化などによって年々衰えましたが、平成十五年(2003)八月二十七日に玉川上水が史跡に指定されたことを契機に、東京都・地元自治体・市民団体の協働により、吉野や桜川等の系譜を引き継ぐ山桜の苗が補植され、名勝小金井の桜並木の再生、復活が図られます。
平成二十三年八月
小平市教育委員会
小金井市教育委員会

テキスト化

tenma
2017-07-21 09:21 (994)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

cyberwonk (2014/11/22)
タグ: 玉川上水 歌川広重 小平市教育委員会 小金井市教育委員会 東京都 小金井市
kawa_sanpo (2017/06/25)
タグ: 小平市教育委員会 東京都 小平市
kawa_sanpo (2017/06/27)
タグ: 小平市教育委員会 東京都 小平市
cyberwonk (2014/11/22)
タグ: 朝倉重威 東京都 小金井市