Monumento

大松木之下の稲荷

cyberwonk

2014/11/22

タグ: 小金井市教育委員会 東京都 小金井市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Inari of Matsunokiyoshita This inari was named because there was a large pine tree of Sakiki in the precincts and was also called "red inarage". There are five stone structures in the precincts. On the right is the Buddhist monastery Kanbun tower of unknown age, the left is Kasuya&39;s Kamiya Kanjo Gosho tower built by the local Kamiyamatani lecture in Kansei 4th year (1792). It is a typical Kangdae tower in the latter part of the Edo period, carved in the front with Buddhist curvy, Sun Moon, Ichiro, and three monkeys. Next is the stone lantern of Kiwa 2 (1802), which is engraved with "Haruna Maehara · Oyama Daigaku" and shows the mountain faith at the time. The next stone lantern basket is unknown in age, but the "village work underway" of neighboring villages such as "Maezawa village, Minano middle-shinta, Sagawa village, Mizui village, Kajino Nitta" etc. donated. The left stone shrine was donated by "big saw ruler" (craftsmen) in the Meiji 7 (1874). Stone products donated by artisan associations such as basketball and wood saw were very rare, and this inari was grateful for people&39;s faith widely to local villages as well as local people. March 31, 2003 Koganei City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 松木下的伊纳里伊纳里的从事实,有在寺内的神树的一棵大松树,也被称为“红稻荷”命名。有在院内的五组的一块石头。就在未知的蓝色金刚面工进塔的时代,是由当地Kamiyamaya Koju左边是于1792年(1792年)所建Kasazuke的蓝色金刚面工进塔。前在澳门金刚日月潭,Ichioni,三只猴子,增量是江户时代后期的典型工进塔。接下来是Zoryu的石灯笼1802(1802年),都刻有“春菜大型权现,马萨鲁·奥亚马权现”,这表明当时的山信仰。石灯笼的隔壁,年龄不详,是什么“前泽村,南Nakaniida,砂川村和Nukui村新田赌场”,如“篮筐Koju”的邻村捐赠。神社的石头的左侧,是什么“东菱男鹿”(索耶工匠)于1874年(1874年)捐赠。砌体工匠工会,如篮筐和Sawyer被捐赠是非常罕见的,这稻荷不仅是局部的,它聚集了人们广泛的信仰附近的村庄。 2003年三个月教育31天小金井市教育局

大松木之下の稲荷

 この稲荷は、境内に御神木の大きな松の木があったことから名付けられ、「赤稲荷」とも呼ばれていました。
 境内に五基の石造物があります。右が年号不明の青面金剛庚申塔で、その左が寛政四年(1792)に地元の上山谷講中が建てた笠付の青面金剛庚申塔です。正面に青面金剛・日月・一鬼・三猿を刻み、江戸時代後期の典型的な庚申塔です。
 次が享和二年(1802)造立の石灯籠で、「榛名大権現・大山大権現」と刻まれており、当時の山岳信仰を示すものです。隣の石灯籠は、年代は不明ですが、「前沢村・南野中新田・砂川村・貫井村・梶野新田」等近隣村々の「籠細工講中」が寄進したものです。
 左の石の祠は、明治七年(1874)に「大鋸棟梁」(木挽職人)が寄進したものです。籠細工や木挽といった職人組合が寄進した石造物は大変珍しく、この稲荷は地元ばかりでなく、近隣の村々まで広く人々の信仰をあつめていました。
平成十五年三月三十一日
小金井市教育委員会

テキスト化

tenma
2017-07-10 10:22 (416)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

cyberwonk (2014/11/22)
タグ: 朝倉重威 東京都 小金井市
cyberwonk (2014/11/22)
タグ: 玉川上水 歌川広重 小平市教育委員会 小金井市教育委員会 東京都 小金井市
cyberwonk (2014/11/22)
タグ: 徳川吉宗 歌川広重 大田南畝 小平市教育委員会 佐藤一斎 小金井市教育委員会 川崎平右衛門定孝 大久保狭南 三好学 東京都 小平市
kawa_sanpo (2017/06/25)
タグ: 小平市教育委員会 東京都 小平市