Monumento

東海道保土ヶ谷宿の松並木と一里塚

kawa_sanpo

2014/11/22

タグ: 一里塚 1604 保土ヶ谷宿 神奈川県 横浜市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tokaido Hodogaya pines Hodogaya-Juku and milestone Hodogaya is in the Edo era was a tree-lined road in pine trees Japan Hodogaya-Juku history dates back to the Nara period old, far be tackled for nation-wide scale. I ordered 0/1604 (1604), the shogunate planting trees on the road in the countries.
Since the summer shade to make, was protected to prevent snow winter planting has become a resting place for travellers from the public and private sectors. Hodogaya Hodogaya-Juku pine trees, from the vicinity of this 境木 3 km so continued until, often portrayed in the Ukiyo-e of Hiroshige and Hokusai.
Now relive a few on the old Tokaido Gonda Hill near the decline over time has been left after that, until the early Showa period relatively in good condition, but gone.

Several dozen trees, such as pine trees planted along of pine trees restoration project, known as above-no-Matsubara Imai River 300 m intervals. Hodogaya Hodogaya-Juku milestone pine trees around the same time, as a measure of the distance of the highway's origin to one RI Japan bridge (approx. 4 km) each on the milestone is built.
Prominently mounds made milestone is on both sides of the road were used Saturday, even on far from enoki and pine trees were planted. Hodogaya milestone Hodogaya-Juku is located in 8 th from Japan, this area (on the current road), but not only the presence of one of the South side transmitted from of old.
Also the journey of the Meiji era began, lost appearance due to abolition of post system.
Could not build a mound the size corresponds to the milestone restoration project this time, from the constraints of place located the literature "(9 m) between the 5 square". on the mound as planted enoki, pine trees and also tried to reproduce the historical era.
3/2007
Tokaido Hodogaya road pine tree-lined promenade Committee for months Valley accommodation Yokohama city Hodogaya month Valley Ward

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 东海道保土谷松树保土谷补习和里程碑

保土谷是在江户时代期间老松树树日本保土谷补习历史日期追溯到奈良是绿树成荫的道路,远解决的方法,为全国范围内规模。 我下令 0/1604年 (1604 年),幕府种植树木在国家的道路上。 因为夏天阴凉处,使,被保护,以防止雪冬季种植已成为来自公共和私营部门的旅客一个休息的地方。
保土谷保土谷补习的松树,从附近的这个境木 3 公里,所以继续直到,往往被塑造成广茂和葛饰北斋浮世。 现在重温几近随着时间的推移下降旧东海道贡达山上已离开之后,直到昭和初期相对状况良好,但去了。
几个打树,如松树种植沿的松树树恢复项目,称为上面没有松原东今井河 300 米间隔。

保土谷保土谷补习里程碑松树在相同的时间,作为公路的原产地为一 RI 日本桥 (约 4 公里),每个里程碑上建距离度量。 突出土堆作里程碑是在道路两旁采用星期六,即使是在远离金针菇和松树树被种植了。
保土谷里程碑保土谷补习位于 8 th 从日本,这一领域 (在当前的道路),但不仅存在的南区之一从转交老了。 也的旅程明治时代开始,失去了由于废除邮政系统的外观。
可以不生成一大堆的大小对应于里程碑恢复项目这一次,从约束的地方位于文学"(9 m) 之间 5 平方米"。 就作为种植金针菇丘,松树和还试图重现历史的时代。
2007 年 3 月
东海道保土谷路松树林荫长廊委员会月谷住宿
横滨市保土谷月谷病房

東海道保土ヶ谷宿の松並木と一里塚

保土ヶ谷宿の松並木 我が国に於ける街道並木の歴史は古く、遠く奈良時代まで遡りますが、全国的な規模取り組まれるようになったのは江戸時代にはいってからです。慶長9年(1604)、幕府は諸国の街道に並木を植えるよう命じました。以来、夏は木陰を作り、冬は風雪を防ぎ、植樹帯は旅人の休息場所となることから、官民挙げて大切に保護されました。
 保土ヶ谷宿 の松並木は、この付近から境木まで3kmあまり続き、広重や北斎などの浮世絵にも度々描かれました。その後、昭和初期までは比較的良好な状態で残されてきましたが、時代とともに減り続け、現在は旧東海道の権太坂付近にわずかな名残を留めるだけになってしまいました。
 この度の松並木復元事業では、「上方の松原」と呼ばれていた今井川に沿った約300mの区間に松などの木々数十本を植えました。
 
保土ヶ谷宿の一里塚 松並木と同時期、街道の距離の目安として、日本橋を起点に一里(約4km)ごとに築かれたのが一里塚 です。一里塚は、街道の両側に土を盛って小山をつくり、その上には遠くからでも目立つよう榎や松などの木々が植えられていました。
 保土ヶ谷宿の一里塚は日本橋から八番目に位置し、この付近(現在の車道上)にありましたが、古くから南側の一基の存在しか伝わっていません。その一里塚も明治時代の始め、宿場制度の廃止に伴って姿を失いました。
 この度の一里塚復元事業では、場所の制約から文献にあるような「五間(9m)四方」に相当する大きさの塚を築くことができませんでしたが、塚の上には昔のように榎を植え、松並木と併せて宿場時代の再現に努めました。
平成19年3月
東海道保土ヶ谷宿松並木プロムナード実行委員会
横浜市保土ヶ谷区役所 

テキスト化

tenma
2016-12-28 11:33 (738)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2014/11/22)
タグ: 1864 神奈川県 横浜市
kawa_sanpo (2014/11/22)
タグ: 区の木 保土ヶ谷区 auto-translate 樹木 ハナモモ ひなまつり 神奈川県 横浜市
osawagase (2014/09/15)
タグ: 神奈川県 横浜市
wawa (2017/11/06)
タグ: 東海道 道標 保土ヶ谷宿 神奈川県 横浜市