Monumento

葛飾区登録有形文化財 題経寺(柴又帝釈天)諸堂内及び二天門 建築彫刻一括

wawa

2017-07-20

タグ: 葛飾区教育委員会 林門作 坂田留吉 加藤寅之助 金子光清 木嶋江運 石川信光 横谷光一 石川銀次朗 加府藤正一 山本一芳 今関光次 小林直光 高山栄州 東京都 葛飾区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Decoration District Registration Tangible Cultural Property Subject Temple (Shibamata Emperor Temple) Inside the Festival and Boten Gate Architectural Sculpture All Location Shibamata 7-chome No. 3 No. Date of Registration February 5, 1992 Teikado, Satsunodo, Ben Teng- There are many wood carving decorations of architectural relief. Especially Teikado was made under the direction of Design Forest Gate, Master Building Yoshikichi Sakata. Ten sculptures on the inside of the inner court are subjects of Lotus Sutra talk, and Kato Toranosuke, Kaneko Kaneko, Kajima Eiko, Ishikawa Nobuyoshi, Yokoya Koichiro, Ishikawa Ginjiro, Shoichi Kudo, Kazuyoshi Yamamoto, Koji Imagoni It was produced by a sculptor such as Kobayashi Kobayashi. In September 1923 Taisho era (1923), the sculpture material of 運 which was carried to each sculptor was burned down by the Great Kanto Earthquake. After that, seeking national wood material from the whole country, spending more than ten years from application, ten carpet carvings were completed in 1945. Takayama Eyouzu depicts sculpture undergrowth. The dimensions of the barrel are each 1.27 m in length, 2.27 m in width, 20 cm in size of a sliding door. The sculpture given inside and outside the other temple and Benten gate is equally valuable. Katsushika City Board of Education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 装饰区登录有形文化财产Daikeitera(柴又帝释)小豆在和德瓦门建筑雕塑散装位置柴又7丁目第十3号登记日期1992年2月5日Taishakudo,Soshido,德瓦门,已被装饰着浮雕的建筑由许多木雕装饰。尤其Taishakudo制成设计森林门操作中,主木匠Tomekichi坂田的指导下。体最终雕刻10坛外面是法华经叙述的主题,Mitsuji虎之助校准,贵岛KoHakobu延光石川光一Yokoyaonsen石川Ginjiro和压力Fufuji祥一,和义,山本Imazeki金子加藤它是由内奥米三·科巴亚什的雕塑家等创建。在1923年9月(1923年),光叶榉树的雕塑材料,已处于各雕塑家的基础上,由关东大地震,都被烧毁了。然后问国光叶榉树的材料,从Hotsugan花了多年的十年,10个主体的风雕塑于1934年完成。雕塑的草图已经引起高山瀛州。所述主体的每个维度卷起垂直1.27米,水平2.27米,是热20厘米滑动门尺寸中的一个。进出别馆和德瓦门,已经经历也雕塑,它以同样的方式有价值。教育的葛饰区局

葛飾区登録有形文化財 題経寺(柴又帝釈天)諸堂内及び二天門 建築彫刻一括
所在地 柴又七丁目10番3号
登録年月日 平成4年2月5日

 帝釈堂、祖師堂、二天門、には多くの木彫による建築浮彫装飾が施されています。特に帝釈堂は設計林門作、棟梁坂田留吉
の指揮のもとに作られました。内陣外側の胴羽目彫刻10枚は法華経説話を題材にして、加藤寅之助金子光清木嶋江運石川信光横谷光一石川銀次朗加府藤正一山本一芳今関光次小林直光 等の彫刻師により制作されました。大正12年(1923)9月、それぞれの彫刻師のもとに運ばれていた欅の彫刻材は、関東大震災によって、すべて焼失しました。その後欅材を全国に求め、発願から十数年の歳月を費やし、10枚の胴羽目彫刻は昭和9年に完成しました。
彫刻の下絵は高山栄州 が描いています。胴羽目の寸法はそれぞれ縦1.27m、横2.27m、暑さ20㎝襖一枚の大きさです。
 他堂や二天門の内外に、施された彫刻も、同じように貴重なものです。
葛飾区教育委員会

テキスト化

tenma
2017-08-07 10:51 (452)
tenma

コメント・周辺画像

wawa wawa 約1年

題経寺(柴又帝釈天) 諸堂及び二天門 建築彫刻一括

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2017/11/19)
タグ: 毘沙門天 葛飾区観光協会 多聞天 東京都 葛飾区
wawa (2017/07/20)
タグ: 葛飾区教育委員会 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2017/11/19)
タグ: 東京都教育委員会 帝釈天 日栄上人 東京都 葛飾区
kawa_sanpo (2017/11/19)
タグ: 東京造園業組合 東京都 葛飾区