Monumento

滝沢馬琴誕生の地

sanpocafe

2014-01-08

タグ: 江東区教育委員会 尽用而二分狂言 東京都 江東区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Birthplace of swamp horse harp
Plain near the one-七_八 Novelist of the late Edo period. 0/1767 ( 1767 ) in June 9, hatamoto was born Matsudaira family were in this area as the fifth son of Matsudaira nobunari artificial to serve the lower class Samurai's residence in 0/1847 ( 1847 ) in ten 1/6, was dying of sickness at the age of 82.
The name 号shimashiた and Nikko k., kyokutei bakin, works the chapel master. ( 1775 ) 0/1775 years, and death of her father at the age of nine, was supporting the family as the grandson of Matsudaira Playmate then, as 9th ( 1780 ), 14 when Matsudaira came out. Monzen town to live, establish themselves in writing and was introduction of santō kyōden 0/1790 ( 1790 ) in. Next year as the first novel in the new year, Beijing announced the kibyoshi 'exhaustion for GC 2 trick"persons for transfer disciple Daiei mountain.
Poetic justice by lessons learned, based on Confucian thought and retribution that includes readings and a was referred to as guru reader writer.
0/1834 ( 1834 ) years trying more eye-catching, and blind in his later years while continued work in oral and ghostwriting.
Leave 470 species infect ranging from readings and kibyoshi essay writings.
3/1997 Koto City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 沼泽马竖琴的发源地
在一个七_八附近的平原
江户末期的小说家。0/1767年 1767年) 在 6 月 9 日,hatamoto 出生 Matsudaira 家庭在这一领域作为 82 岁 Matsudaira nobunari 人工为下层武士居住在 0/1847年 1847年) 在十 1/6,第五个儿子死于疾病。名称号しました,日航 k.kyokutei 烤漆,教堂的大师的作品。
1775年) 0/1775 年,在九岁的时候,她的父亲去世支持家庭作为 Matsudaira 玩伴的孙子,然后作为第九届 1780年),14 Matsudaira 出来时。门前小镇生活,建立自己在写作中,santō kyōden 0/1790年 1790年) 中介绍。在新的一年中的第一部小说明年北京宣布 kibyoshi ' 用尽,GC 2 把戏"人士转移弟子大荣山。诗的正义的教训学到,儒家思想和报复,其中包含阅读资料的基础,被称为大师读写器。
0/1834年 1834年) 年尝试更抢眼,和盲在晚年时继续工作,在口腔和代笔。
离开 470 物种感染从读数和 kibyoshi 篇著作。
3/1997
江东市教育局

滝沢馬琴誕生の地
平野一-七・八付近
 江戸時代後期の小説家。明和四(一七六七)年六月九日、旗本松平信成の用人を勤める下級武士の五男として、この地にあった松平家の邸内で生まれ、嘉永元(一八四七)年十一月六日、八十二歳で病没しました。名は興邦、曲亭馬琴、著作堂主人などと号しました。
 安永四(一七七五)年、九歳で父親と死別し、その後は、松平家の孫の遊び相手として一家を支えていましたが、同九(一七八〇)年、十四歳の時に松平家を出ました。門前仲町に住み、文筆で身を立てようと、寛政二(一七九〇)年山東京伝のもとに入門しました。翌年正月に処女作として、京伝門人大栄山人の名で黄表紙「尽用而二分狂言 」を発表しました。以後、儒教思想にもとづく教訓、因果応報による勧善懲悪を内容とした読本を続々と著し、読本作家の第一人者と称されました。
 天保五(一八三四)年ころより眼を患い、晩年は失明しながらも、口述・代筆で著作を続けました。
 読本・黄表紙から随筆にいたるまで、約四七〇種にものぼる著作を残しています。
平成9年3月
江東区教育委員会

テキスト化

2014-12-05 13:33 (461)
yukip
ogaworks
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/12/24)
タグ: ocr-generated 東京都 江東区
wawa (2018/07/04)
タグ: 江戸時代 江東区教育委員会 小説家 寛政 滝沢馬琴 明和 松平家 嘉永 誕生の地 旗本 松平信成 用人 下級武士 興邦 曲亭馬琴 著作堂 安永四 門前仲町 山東京伝 処女作 京伝 門人 黄表紙 尽用研二分狂言 因果応報 勧善懲悪 読本作家 失明 読本 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/25)
タグ: 日蓮宗 円珠院 永見重直 東京都 江東区
hanacoco (2015/12/24)
タグ: 川口直 東京都 江東区