Monumento

国指定史跡 木綿原遺跡

案内板

auto-translate Historic tree cotton original treasures
Specify 11/15/1978
Tree cotton original ruins are the ruins spanning from Okinawa Midden period early to late has become a cemetery of the late 2002, 300 years ago, box type sarcophagus tombs, including the principal.
To provide valuable material about the burial practices of the Okinawa primitive societies was unclear for a long time, successfully Okinawa's first box type sarcophagus tombs discovered by the excavations of 0/1977. Survey results, 7 box type sarcophagus tombs and bodies 17 human skeletons were unearthed. Structure of sarcophagus graves has table corals can be taken in the near coastal and limestone material, folded into a rectangular-shaped box type sarcophagus base structures, stone of the superstructure was on the top of that. Remains of more than one were placed on each coffin, confirmed the burial of 13 bodies from the sarcophagus of the four.
Remains in the coffin is hardly taken extension burial burial method, can glimpse part of spiritual life for the people at the time of death has been deferred, giant clam, worn to the bone on.
This ruins are intended Kyushu Yayoi cultural exchanges, from excavated grave system of box type sarcophagus graves exist, and made of clay shell rings and the early Yayoi period pottery, etc., are as important as article chronology of the prehistoric culture can understand in relation to culture and Yayoi on the Mainland.

Ministry of education & Okinawa Yomitan Village
Breeders No. 5 box type stone coffin Tomb No. 9 Dederiyeh
㈪ type sarcophagus tombs
▲ left: pottery vase type, right: Yayoi pottery
▲ Shell ring
▲ assumed unusually shell ring Human bones and box type sarcophagus tombs group plan

auto-translate 历史树棉原始珍宝
指定 1978/11/15
树棉原始废墟是 2002 的跨越从冲绳蚂蚁时期早来晚了已经成为一座公墓年末,300 年前,框类型石棺墓,包括主要的废墟。
提供有价值的材料,关于冲绳原始社会的埋葬习俗是不清楚很长的时间,成功地冲绳的第一框类型石棺墓葬发现由 0/1977 年的挖掘。
调查结果,7 框类型石棺墓和机构 17 人类骨骼出土。结构的石棺墓已的表珊瑚可以采取在附近的沿海和石灰石材料,折叠成矩形框类型石棺基础结构,上层建筑的石头是顶上的。仍然多于一被放在每个棺材,证实了 13 具尸体从石棺中提取的四个埋葬。在棺材里仍然几乎不采取扩展埋葬埋葬方法,可以瞥见精神生活的一部分的人的死亡时间已被推迟、 巨蛤,磨损至骨上。
此遗址是意欲的九州弥生文化交流、 从框类型石棺墓群出土严重系统存在,和所作的粘土壳环和早期弥生时期陶器等,是条年表史前文化能理解文化和弥生时代在内地一样重要。
教育及冲绳读谷村部

饲养者号 5 框类型石头棺墓号 9 Dederiyeh
㈪ 类型石棺墓
▲ 左: 陶花瓶类型,右: 弥生时代的陶器
▲ 贝壳戒指
▲ 异常地假定的贝壳戒指
人体骨骼和框类型石棺墓组计划

国指定史跡 木綿原遺跡
1978年11月15日指定
 木綿原遺跡は沖縄貝塚時代の前期から後期にまたがる複合遺跡であり、その主体は2千2,3百年前の箱式石棺墓 を含む後期の墓地となっている。
昭和52年の発掘調査によって沖縄初の箱式石棺墓の発見に成功し、長い間不明であった沖縄原始社会の墓制について貴重な資料を提供することになった。
 調査の結果、7基の箱式石棺墓と17体の人骨が出土した。石棺墓の構造は、近くの海浜でとれるテーブルサンゴや石灰岩塊を素材にして長方形状に組んだ箱式石棺を下部構造にもち、その上には上部構造の石組がのっていた。各々の石棺には複数の遺骸が納められ、4基の石棺から13体の被葬者が確認された。棺内の遺骸は、ほとんど伸展葬による埋葬法がとられ、骨の上には摩滅したシャコガイ等が据え置かれており、当時の人びとの死者に対する精神生活の一端をかいま見ることができる。
 この遺跡は箱式石棺墓という墓制の存在、およびゴホウラ製の貝輪や弥生前期の土器等が出土することなどから九州弥生文化との交流が想定され、沖縄先史文化の編年を本土の弥生文化との関連において把握しうる資料として重要である。
文部省・沖縄県・読谷村

㈰第5号箱式石棺墓(第9号人骨)
㈪箱式石棺墓群
▲左:壺型土器、右:弥生式土器
▲貝輪
▲貝輪をはめた状態を想定
人骨及び箱式石棺墓群平面図

テキスト化

monumento
2014-04-14 11:49 (573)
monumento

コメント・周辺画像

monumento monumento 2年以上

木綿原遺跡

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ogaworks (2014/10/27)
タグ: 地籍調査 沖縄県 中頭郡読谷村
monumento (2014/05/15)
タグ: 今帰仁城 auto-translate 沖縄県 中頭郡読谷村
monumento (2014/03/18)
タグ: 三山 按司 怕尼芝 仲宗根按司丘春 渡具知泊城 沖縄県 中頭郡読谷村
ogaworks (2015/07/26)
タグ: 沖縄戦 太平洋戦争 沖縄県 中頭郡読谷村
ogaworks (2014/09/03)
タグ: auto-translate 電信線 沖縄県 中頭郡読谷村
monumento (2014/05/15)
タグ: ウチナー auto-translate 洞窟 沖縄県 中頭郡嘉手納町
ogaworks (2015/01/04)
タグ: 沖縄県 中頭郡嘉手納町
gotosheng (2016/07/24)
タグ: 沖縄戦 沖縄県 中頭郡読谷村
ogaworks (2014/11/21)
タグ: 沖縄県 中頭郡読谷村