Monumento

妙法寺参詣道(堀之内道)

sanpocafe

2014-02-23

タグ: 茶屋 新編武蔵風土記稿 杉並区教育委員会 発掘調査 参詣道 青梅街道 鍋屋横丁 塵塚談 厄除け 天保十二年 1841 江戸見草 甲武鉄道 東京都 杉並区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Law temple pilgrimage (horinouchi road) This road is typical pilgrimage towards the Nichiren sect Temple from Edo (Tokyo), referred to as horinouchi road "though SA province". Was the road leads to the Temple of horinouchi village, divided into in Nakano, nabeya OME-Kaido.
Shinpen Musashi fudoki in the article WADA village section "North HA horinouchi Myoho SA province Wo world toshite", reveals that WADA villages and the high Yen teramura village bordering this way.
The essay noted practitioner of Edo "塵塚 story' ' moat in soshigaya ', old ' people also know the place name Rishiri, construction or in these days that to-do of course like of temples also established in 1647, and from Shinjuku until the front of the gate of the temple osen, dish restaurant sono outside does not limit to liquor stores and hundreds of rafters (marquee) where the Nichiren sect, some sectarian people who, year after year in the monthly 賑washiku prosperity and ', prosperity Buri of the Edo period, collection of Edo people of faith as a good-luck charm soshigaya myōhōji Temple and pilgrimage routes that are marked. (Currently, University of Arts) Motomura Hara ruins C points were conducted in 0/2007, horinouchi located slightly South from the road excavation is ' and while when ' unearthed some teacups. Horinouchi road was crowded with pilgrims Temple Edo period, water tea house and restaurant in the stewed soup begins to see and while when ' is is written in famous, had 370 visitors to 0/1841 ( 1841 ).
( "Edo seen grass ' ).
Declined this way was in pilgrimage opens the road to the Temple from Nakano station and Jia Wu Railway (Central line) was opened in the Meiji era ( horinouchi Shindo ), walk from Tokyo, toward the user.

Currently, this road is WADA taishaku Hall (several tens of meters away from here) as a WADA Taishakuten Street, located in the middle of the shopping street mainly local people loved.
3/2011 Suginami ward Education Board

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 法寺朝圣 (崛之内路)

这条路是典型的朝圣对日莲教派寺庙从江户 (东京) 崛之内路被称为"虽然 SA 省"。 是这条路通往崛之内,在锅屋 OME 街渡都中野区分为天坛。Shinpen 武藏 fudoki 条和田村子里的节"医管局崛之内 Myoho SA 北省窝世界 toshite",揭示了那 WADA 村庄和高的日元寺村村庄接壤这种方式。
这篇文章指出的江户从业者"塵塚的故事 ''祖师谷的护城河,' 老' 人也知道地名尻,建设或在这些日子里,待办事项当然喜欢的寺庙也建立在 1647 年,和从新宿直到寺 osen 的门口,外面的菜的餐厅,索诺并不限制以酒商店和数以百计的椽子 (选框) 地方日莲教派,一些教派的人,年复一年在每月的賑washiku 繁荣和 ',繁荣武在江户时代,江户信仰的人作为标记好运气的魅力祖师谷 myōhōji 寺和朝圣路线集合。
(目前,大学的艺术) Motomura Hara 废墟 C 点进行 0/2007 年,位于稍南从掘路的崛之内是 '和而当' 出土一些茶杯。崛之内路上挤满了朝圣者寺江户时期,水茶屋和炖汤的餐厅开始看到并同时当 ' 是写在著名,有 370 0/1841年 1841年) 的游客。"江户见草的)。
拒绝这种方式是在朝圣打开这条路到庙里从野站和贾武铁路 (中央线) 始建于明治时代崛之内 Shindo),从东京,朝向用户的方向走。
目前,这条路是和田 taishaku 大厅 (几十米处) 作为 WADA Taishakuten 街,位于爱的购物街主要是本地人。

3/2011
杉并区教育委员会

妙法寺参詣道(堀之内道)

 この道は、江戸(東京)から日蓮宗妙法寺へ向かう代表的な 参詣道 で、「堀之内道」「妙法寺道」と呼ばれていました。 青梅街道 から 鍋屋横丁 (中野区)でわかれ、堀之内村の妙法寺へと続く道でした。『 新編武蔵風土記稿 』和田村の項には「北ハ堀之内妙法寺道ヲ界トシテ」と、この道が和田村と高円寺村の村境であったことがわかります。
 江戸の町医者が記した随筆『 塵塚談 』には「堀の内祖師」について、昔は「地名を知れる人もなかりしに、近頃にいたり祖師堂はもちろん堂宇の設けも伽藍の如くに造建し、新宿より寺の門前まで水茶屋、料理茶屋其外酒食の店、数百件簷(ひさし)をならぶ、日蓮宗にかぎらず、諸宗門の人も尊敬して、年々月々に賑わしく繁栄なり」と、江戸時代後期、「 厄除け 祖師」として江戸庶民の信仰を集めた妙法寺とその参詣道の繁栄ぶりが記されています。
 堀の内道から少し南に位置しますが、平成十九年に実施された本村原遺跡C地点(現、女子美術大学)の 発掘調査 では、「しがらき」とある茶碗が出土しました。江戸時代、妙法寺の参詣者で賑わった堀之内道の水 茶屋 ・料理屋の中でも、のっぺい汁をだす「しがらき」は有名で、 天保十二年1841 )には三七〇人の客がいたと記されています。(『 江戸見草 』)。
 明治に入り 甲武鉄道 (中央線)が開通すると、中野駅から妙法寺へ向かう道が開かれ(堀之内新道)、東京から歩いて向かう参詣道であったこの道の利用者は減少しました。
 現在、この道は「和田帝釈天通り」として、商店会通りの中程に位置する和田帝釈堂(ここより数十メートル先)を中心に地域の方々に親しまれています。

 平成二十三年三月
 杉並区教育委員会

テキスト化

sanpocafe
2014-11-23 19:45 (744)
sanpocafe

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/03/17)
タグ: 曹洞宗 塩井雨江 東京都 杉並区
sanpocafe (2014/12/11)
タグ: 杉並区教育委員会 蓮光寺 東京都 杉並区
wawa (2017/05/14)
タグ: 大黒天 石造物 杉並区指定文化財 福相寺 版木 東京都 杉並区
wawa (2017/05/14)
タグ: 妙法寺 東京都 杉並区